和多志単語

ワタシ

掲示板をみる(17)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

和多志とは、

  1. 大山祗神オオヤマツミ)の別名。和多志大神現在の「渡し」にあたる意味と思われる。
  2. 「私」の表記の1つ。スピリチュアルJアノンの一部などで使われている。
  3. 上記の界で「私」の戦前での表記とされているが、実際には戦前の文献に発見されていない当記事で記述する。

概要

「『わたし』は本来『和多志』と書いていたが、GHQの強制により『私』となった」という説がある。

しかし、戦前では実際には多くの文献で「私」「わたし」等と書いており、「和多志」と書いていた例は発見されていない。仮に「和多志」という表記が存在していたとしても用例はごくわずかであり、強制してまで変更するほどでもなかったと思われる。

そもそも2021年現在でも戦前から生きている人が存命している中で、その人たちからも「和多志」の話やそれが「私」に強制された話は一言も挙がっていないため(仮に全的に強制されたとすれば、何らかの言が断片的にでも残る)、強制したという話はデマであると思われる。

一例として、戦前に書かれた夏目漱石小説こころ』で「わたし」と書かれている記述を挙げる。

  • 自分が好いと思い込んだら、なかなか私(わたしのいう事なんか、聞きそうにもなさらないんだからね。(中・二)
  • もっとも時々はわたしにも心細いような事をおいいだがね。(中・二)
  • 私(わたしもそう思うんだけれども、読まないと承知しないんだから、仕様がない。(中・十二)
  • 私(わたしはさっき二十分ばかり元に坐って色々話してみたが、調子の狂ったところは少しもないです。(中・十二)
  • 私(わたしも実は驚きました」との夫も同感らしい言葉つきであった。(中・十二)
  • 理でわたしが話したら変な顔をしていましたよ。(下・四十七)

そもそも「わたくし」と書く例も戦前からあり、ここから転じて「わたし」というになったと考えられているのだが、「わたくし」の場合は漢字でなんと書いていたのかは視されることが多い。

万が一にも「和多志」と書いていた戦前の文献の例があった場合は、下部掲示板までソース付きでの情報提供をお願いしたい。

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 15ななしのよっしん

    2021/10/24(日) 06:23:36 ID: vdCcYeHinc

    >>3
    万葉集に「わたし」なんて表現ないだろう

  • 16ななしのよっしん

    2021/10/26(火) 12:39:13 ID: us/mBKXOT/

    クソ適当に思いついた仮説なんですが、
    和多志」みたいな長い単がこういう扱いされるのって
    PCスマホでの入がある程度楽だったりするんですかね?

  • 17ななしのよっしん

    2021/11/07(日) 23:59:06 ID: SSIxPJ0i0m

    縄文人の言葉とかに設定しとけばバレないやろ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/11/27(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/11/27(土) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP