今注目のニュース
インドの遊園地で絶叫マシーンが真ん中からポッキリと折れる!安全管理や運営体制が物議!
指原莉乃の日給は100万円? ブラマヨ吉田の呟きに「笑いの少なさがリアル」
大きなうんこがなくなって絶滅!? 生き物図鑑『わけあって絶滅しました。』の続編が登場

和賀忠親単語

ワガタダチカ

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

和賀忠親(わが ただちか 1576~1601)とは、旧領回復をして戦った和賀の忘れ形見であり、時代に敗れ去った敗者であり、粛々と最期を迎えた高潔な武士である。通称、又四郎。

概要

豊臣秀吉州仕置で易された和賀義忠の子。

1590~91年の葛西大崎、和賀稗貫一九戸政実の乱といった時代の波に反抗しようとした動きがことごとく鎮圧され、州に新たな時代が訪れつつあった中で、復権の機会をじっと狙い続けていた。

そして1600年の関ヶ原の戦いの際、羽で慶長出羽合戦が勃発すると、その隙を突いて挙兵する。

伊達政宗の野心の駒にされた存在であったが、ただ己の運命を受け入れ、死んでいった。

来歴

1576年出生。は和賀義忠。

和賀氏のこれまで(1)奥州の小領主

和賀氏は本来その姓を多田といい、本姓は氏とされる。源頼朝の非嫡子・多田式部大輔忠頼を祖と称し、頼定に伴い州和賀岩手県北上周辺)を領有したことから和賀を名乗ったのが起こりという。

ただし現在では武蔵七党の中条氏が刈田宮城県刈田)の地頭となって刈田氏を起こし、のちに刈田義季が新領の和賀へ移住して和賀氏とした、との説が有視されている。

戦国時代には三日月の 丸くなるまで 南部領」と謳われた南部晴政圧迫され、和賀は一族縁者の合によってなんとか自領を保つことに成功していた小領であった。

1590年、定を推し進める豊臣秀吉によって小田原要請が全に下った。鎌倉の世から長きに渡り権勢を競っていた羽の諸将は新秀吉に反発する者も多く、また伊達政宗のように謀略を駆使してさらなる騒乱を巻き起こした者もいた。

和賀は最後まで参を怠り、羽仕置の討伐対となってしまった。その意は滅亡による資料散逸のためはっきりしていない。秀吉卑賎の身より下を取り ~中略~ これを本意なく思い参礼を逃す族も多かるけるよし」との記録が臣によって書き記されている。名名族の誇りにかけて矢を交えるを選んだのだろうか。
南部信直の計略によって中に間者を入れられ、北条滅亡を知る間もないほど軍議が混迷したとの説もある。

やがて浅野長政を奉行とした仕置軍を信直が率い、居・飛勢へと進撃してくる。太検地を行い縄りを新たに布く仕置軍に対し、抵抗する人衆であったがあまりに多勢に勢であり、豊臣方の代官に次々と入を許してしまう。を奪われた和賀一族は四散、この時同族の稗貫氏もヶ崎を追われた他、大崎葛西の大名も滅亡に至る。

和賀氏のこれまで(2)和賀稗貫一揆

同年豊臣方の政治に対する不満の高まりとともに羽各地で旧領勢起、また政宗の煽動もあり葛西大崎が発生し、それに呼応する形で和賀・稗貫一が巻き起こった。

・和賀義忠とその庶稗貫広忠率いるおよそ2000の一勢は浅野臣を追い落として飛勢を奪還し、続いてヶ崎を攻め囲んだ。そして救援に現れた南部勢をまで戦い抜いた末に退却させ、ついにを奪い返すことに成功する。

1591年、羽で頻発する大規模一に対し、豊臣政権は総勢6万をす仕置軍の再編を決定し、これにより北で挙兵した九戸政実の乱を含めて各地の反乱はことごとく鎮圧されていった。仕置軍の攻撃を受け落した飛勢され、同じくヶ崎められて南部領に編入された。

敗戦によって・義忠は土民による落ち武者狩りに遭い念の内に殺され、伯父・広忠は大崎氏を頼って落ち延びたが程なく死去してしまった。

雌伏の日々

全てを失った忠親はとともにわずかな臣に連れられて仙北秋田県仙北周辺)に逃れたという。

1592年、文の役が起こり、兄弟は戦功を立てて旧領復帰をすことを決意し、山深い仙北の地から西へと立つ。しかし途中の下野が病没し、気落ちした臣とともに引き返すことになってしまった。

1598年、南部と領をにする伊達護を得ることに成功し、政宗から胆沢岩手県丹沢ケ崎町)の地を500町歩賜り、移り住む。この地は南部の手に落ちた和賀からまさしくと鼻の先であった。

岩崎一揆

1600年、上杉征伐をきっかけに関ヶ原の戦いが起き、伊達政宗は隙を突いて南部領侵攻を画策する。
支援を受けた忠親は好機到来とばかりに旧臣・残党をかき集め、荒した飛勢跡に入って敵の出を攻め立てた。南部方は大半の軍勢が対上杉戦で苦に陥った最上義光の救援へ赴いており、残った方は手薄でありながらもよくこらえた。この堅い守りに一勢は数名の将を討ち取ったところで撤退を余儀なくされる。

一計を案じた忠親は夜襲し、三の丸二の丸を破った討ち)。この時既に上方では東軍の勝利が決まっていたが、羽の諸将はそれを知らずに合戦を続けていた。守備側・北信愛はわずかな兵を補おうと農民から女性まで本丸に引き入れて決死の防戦を行う。やがて明けとともに援軍の到着を知った一勢はまたもや敗北し、飛勢へ逆戻りとなった。

その後一時は出を制圧した忠親だったが、野戦での敗走を重ねた末に飛勢跡を捨てて伊達領近くの岩崎に立てこもった。もはや抜き差しならない状況へ追い詰められたといえる。

同年、自領にて態勢を立て直した南部方が岩崎へ向けて一気に進軍を開始する。ところが岩崎天然の要であり、積の時期までに落とすことわず結局撤退していった。

1601年再出した南部軍に対し、政宗の密命により白石宗直(白石宗実の養嗣子)が援軍を差し向けたが、出向の日取りを見破られて大敗を喫する。ここを勝負の分嶺と判断した総大将南部利直(南部信直の嫡男)は火攻めを決行し、西に煽られた炎上。和賀一族の長きに渡る執念もついに本懐を遂げることなく火煙に消えていった。この一連の和賀氏の反乱を岩崎」「和賀兵乱」などと呼ぶ。

最期

上杉討伐に際し必要以上の苦戦を強いられた義は一連の件を幕府へ報告していた。徳川家康は政宗へ詰問の使者を遣わし、不埒の輩を召し捕らえて上せよとの命を下す。

辛くも胆沢へ逃げ帰っていた忠親はこのことを知り、善後策を協議に訪れた宗直に対して

武運拙く敗れ去った上、恩義ある政宗に迷惑までかけてはこの上ない恥である。
さて、わしはこのままを召そうかそれとも殿に討ち果たされようか。

と胆を据えた。まさかの言葉に宗直は「そなたのような忠義の士をることはできぬ」と答えるのみであった。されば、と忠親は7人の臣とともに従容として割に臨み、ここに動の一生を終えた。
事実の露見を恐れた政宗により上途中に謀殺されたという説もある。

墓所は陸奥国分尼寺。享年26。
名:自殿大居士

忠親亡き後、夫人は残党を率いて江刺にこもり、自ら頭に立って最後まで南部軍に抵抗し続けた。男装して毛のを駆る姿に尼将軍の称賛を受けたが、衆寡敵せずの前に散った。

遺児は臣に匿われて生き延び、伊達に仕えたとも、そのまま養子入りして名を変え隠棲したともいわれている。殉死者の一人、沢義の孫・勝女は政宗の側室となり、後世に伊達騒動を巻き起こす伊達宗勝を産んでいる。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける和賀忠親の力一覧。

戦闘力は二線級といったところだが、どうしてか知略が壊滅的なまでに低い。政宗に都合よく使い捨てられてしまったからであろうか……。

軍事 内政
群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 智才 政才 野望
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 智謀 政治 野望
統率 60 知略 7 政治 12
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治
統率 武勇 知略 政治
創造 統率 65 武勇 48 知略 14 政治 21

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2016/03/16(水) 17:23:21 ID: QKaturkjy4

    >忠親は7人の臣とともに従容として割に臨み、ここに動の一生を終えた。
    >※事実の露見を恐れた政宗により上途中に謀殺されたという説もある。
    本当はどちらなのかね?逆の二説だし、これによって政宗の評判も逆になる

  • 2ななしのよっしん

    2016/05/14(土) 04:41:57 ID: WuNZMCobKY

    普通に考えれば政宗の後始末で死んだと見たくなるところだけど…
    でも忠親の一生を振り返ると、武で領地を切り取るという秀吉以前の戦
    スタイルの中で生きてた人のようでもあるし。やるだけのことはやった末に
    だけどもう再いのだと実感して、ここが限界だと自分に見切りを
    付けたようにも思えてくるからなぁ

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP