唾液単語

ダエキ

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

唾液(だえき)とは、口腔に分泌される消化液である。

概要

一般に(つば)とも呼ばれる。哺乳類爬虫類鳥類・節足動物などが持つ唾液腺から分泌される。

ヒトの場合、成分にアミラーゼなどの酵素が含まれ、デンプンをマルトースに分解する他、口内洗浄などの作用をもたらす。イヌなどの一部の動物は体温調節にも利用している。

唾液のうち、口外に不意に出てしまったものを(よだれ)という。

衛生上の問題

口内の細菌が唾液にも多く含まれ、衛生上の問題がある。

口をつけた食器や食べ物、特にペットボトルや直飲み水筒などは
洗浄不足・放置によって内部で変質・腐敗・繁殖しやすいといった問題もある。(→食中毒

他者の唾液に生理的な不安を覚える場合もしくない。

体液による感染症の経路になる場合もある。

唾液に関する慣用句

咳唾成珠
四字熟語としては「咳唾成珠」(がいだせいしゅ)、ことわざとしては「咳唾珠を成す」(がいだたまをなす)。「意図せず何気なく発したような言葉でさえ、珠玉のように美しい文句になっている」ような人を称揚する言葉。
固唾(をのむ)
固唾(かたず)とは緊している時などに口の中に溜まる唾液のこと。「固唾をのむ」の形で緊している様を表現する。
に唾する
を見上げて唾を吐きかけると、落ちてきて自分の顔に当たる。「かをしようとして結局自分にそれが返ってくる」ことのたとえ。
に向かって(つばき)を吐く」「を仰いで(つばき)する」など、表現にいくらかバリエーションがある。
以上が本来の意味・用法なのだが、近年は「上の者に対して礼な言動をする」の意で使われる場合もある。
唾を付ける
欲しいものが他の者に取られてしまわないよう、自分が得られるように他者に先んじて何かをしておくこと。
唾を引く
物欲しさに駆られること。を垂らす。(すいぜん)
生唾を飲む
の前に現れたものに欲望を刺されている様子」の表現。生唾(なまつば)とは美味しそうなものや酸っぱいものなどを見たり想像したりしたときに口の中に自然と溜まってくる唾のことで、それを飲むのは欲しいものを前にしながら飛びつくことができず慢・自制する様を表す。
吐いた唾を飲む
前言を翻すこと。
信憑性の低い物事。古くはに唾をつければに化かされないと信じられており、これが転じて騙されないように用心すること、さらに偽を疑うべき物事の意で使われるようになった。
唾(が走る)
(むしず)とも書く)とはから口に逆流してきた液混じりの酸っぱい液体をす言葉で、古くはの中に棲む寄生虫が出す唾液と考えられていたことから「」の「唾」と書く。転じて、不快感のたとえ。
反吐(へど)溜飲(りゅういん)などと意味は大体同じ。

創作における唾液

食欲を露わにしたり、寝ぼけていたり、放心していたりする様を表すためにを描くことがある。R-18方面では、ディープキスオーラセックス事後描写として描かれる。

ゾンビ作品など唾液中にゾンビ化原因となるウイルスが多く含まれることで、噛まれたり傷口に唾液が触れた人間がそれに感染しゾンビ化する…といった理由付けがされている場合が多い。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/25(日) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/25(日) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP