喜連川 単語

5件

キツレガワ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

喜連川(きつれがわ、きれかわ)とは、日本苗字、地名である。

栃木県さくら市の地名。旧塩谷喜連川町。江戸時代には喜連川の領地であった。は「」が訛ったものと言われている。

苗字としては古河足利後裔の喜連川氏が知られる。下野塩谷喜連川(現栃木県さくら市喜連川)発祥。足利古河方の跡を継いで喜連川に住んで喜連川氏を称した。・喜連川頼氏が後を継ぎ、江戸時代には喜連川となる。石高は5000石ほどであったが足利氏に連なる系として重んじられ、10万石格として諸侯扱いとなった。維新後は足利苗字を戻して、子爵となった。「足利」項も参照のこと。

現在、喜連川姓は西日本に点在して分布している。

曖昧さ回避

人名

実在の人物

喜連川藩主喜連川氏

架空のキャラクター

  • 喜連川路(「Cross Days」の登場人物)

地名

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP