四位洋文単語

シイヒロフミ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

四位洋文とは、日本中央競馬会(JRA)所属の元騎手であり調教師である。

概要

1991年東・古川厩舎からデビュー。期待とは裏に3年までは伸び悩むも4年重賞初制覇。6年1996年にはイシノサンデー皐月賞を制覇しG1初制覇。その後も順調に実績を残しトップジョッキー仲間入りを果たす。その後も2001年から2002年にかけてアグネスデジタルG1を3勝。その後2007年にはウオッカによるクリフジ以来64年ぶりの日本ダービー制覇(なおこの後ウオッカが5連敗して以降彼が騎乗することはなかった)。翌2008年にはディープスカイNHKマイルと2年連続の日本ダービー制覇を成し遂げる。2年連続かつ両方での制覇は初めてであった。

2020年2月29日土曜日を最後に騎手引退調教師に転身することになった。最終レースの後引退式のセレモニーも行われる準備がされていたが、新型コロナウイルスの騒動で催しの自粛の流れから無観客での競馬開催が発表された。

JRA側も引退式の延期を打診したのだが、四位洋文本人が「引退してるのに『引退式』っていうのもどうかな、と。自分の中の区切りとして、土曜が最後ということにしとかないと」と当日関係者のみで行うことになった。

四位洋文の人となりが伝わる話である。

通算成績は13919戦1586勝。重賞勝利数76勝(うちG1勝利15勝)

なお引退後の現在調教師に転身している。

うるせーよ、オイ!

ディープスカイで2年連続のダービージョッキーとなった2008年日本ダービー勝利後のインタビュー中に騒ぐ観客に対して「うるせーよ、オイ!」と一した。これにはファンからも賛否両論あったが、JRAマナーの悪い客に対する制裁の意味があるとして特に処分は行われなかった。

関連動画

ダービー2年連続制覇

 

ダービー2連覇後の勝利インタビュー

関連コミュニティ

関連項目

中央競馬三冠達成騎手
クラシック三冠 牡馬三冠 小西喜蔵蛯名五郎 | 栗田 | 保田隆芳増沢末夫武邦彦郷原洋行
田島良保 | 菅原泰夫中島啓之 | 吉永正人 | 岡部幸雄 | 柴田政人南井克巳 | 
武豊 | 河内洋四位洋文横山典弘池添謙一 | 内田博幸岩田康誠川田将雅
ミルコ・デムーロ | クリストフ・ルメール福永祐一 
牝馬三冠 前田長吉
変則三冠 前田長吉
中央競馬牝馬三冠 嶋田功 | 横山富雄河内洋 | 松永幹夫武豊幸英明 | 本田 | 池添謙一
安藤勝己 | 蛯名正義 | 岩田康誠福永祐一クリストフ・ルメール | 松山弘平 | 
川田将雅
古馬三冠 春古馬 達成者
秋古馬 和田竜二 | オリビエ・ペリエ
は同一による達成者。変則三冠、古三冠は同一年達成者のみ。
騎手テンプレート
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/01(金) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/01(金) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP