今注目のニュース
顔の性別や年齢を変えたりできるFaceAppのポリシーが怖い
プランター猫の“生える”姿 フィギュアで再現
スペインで「おひとりさま」は変人扱い? “日本の常識”が通用しない海外での外食事情

四球単語

シキュウ

掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

四球とは、野球ソフトボールにおける記録の1つである。

概要

ボールを4球投げて打者の出塁を許すことである。当然であるが、ここでの"ボール"とは野球ボールではなく、ストライクゾーンに入らず空振りもされなかった投球のことである。

死球読みが同じため「よんたま」という読み方で区別されることもあり、死球と合わせて四死球と呼ばれる。フォアボール(four ball)と呼ばれることが多いが和製英語であり、英語では「base on balls (BB)」と呼ばれる。また、四球を選んで歩くことを俗に「walk」と言う。

なお、四球での出塁が多い選手は、以下の要因が考えられる。

  • 選球眼がよい選手。選球眼がよければボール球に手を出さないことが多くなるため必然的に四球が多くなる。
  • 打ちしないでボールを見る選手。いくら選球眼が良くても、積極的に打っていく場合は当然ながらカウントは稼げず、四球は少なくなる。
  • 強打者や投手の前の打者。これらの打者はチャンスの場面で勝負を避けられるケースが多いためである。後述の「敬遠(故意四球)」も参照。

ちなみに、打者が一塁にいけるのはあくまでも安全進塁権によるものである。加えて、四球はボールインプレーなので、出塁した後に二塁を狙っても一向に構わない。そのため、四球が暴投になった際に打者走者が、二塁を狙うというケースが見られることがある。

もちろん走者も同様である。一塁走者がフルカウントの投球直後に二塁へ自動スタートするのはよく見られるシーンではあるが、ここで捕手盗塁阻止と同様の意図で二塁手送球し、二塁手が走者にタッチした場合、走者が一二塁間にいるならば安全進塁権があるため意味だが、オーバーランなどで二三塁間にいる場合は三塁への走塁意図があったと判断されアウトになる。

四球に関する公式記録

四球を選んだ打者には四球が、四球を与えた投手には与四球が記録される。

前の投手が投球した後に降し、別の投手登板した場合、登板時点で2ボール以上かつストライクボールのときは前の投手に、それ以外のときはリリーフした投手に与四球が記録される。具体的にいえば、前の投手に与四球が記録されるのは、2-0、2-1、3-0、3-1、3-2のときである。たとえば、同点の9回裏の満塁の場面でカウント3-0でリリーフし、四球を与えて押し出しサヨナラ負けしたときは、リリーフ投手は投球したのに記録上は1人の打者とも対戦しなかったということになる。

なお、アクシデントによる降で1人の打者に3人以上の投手が投球して四球を与えた場合は、最もボール球を投げた投手に、2人以上が並んでいる場合は、4球ボール球を投げた投手に与四球が記録される。

敬遠(故意四球)

敬遠とは、強打者、好調な打者、投手の前の打者などとの「勝負を避ける」的で意図的に出す四球のことである。

得点圏にランナーを置き、かつ一塁がいている時に不調の打者や投手といった較的得点期待値の低い打者と勝負するために出される場合が多い。またアウトカウントが一死以下の場合、併殺を取りやすくする意図もある。稀に、高等学校時代の松井秀喜のように打者として強すぎるが故に戦況に関わらず敬遠が示されたり、シーズン終盤で、タイトルを争う相手打者にタイトルを獲らせないために敬遠をするケースがある。

敬遠自体は立作戦であるため、基本的に批判される行為であるとは言えない。敬遠が示されると球場内でブーイングが起きることが多いが、これはブーイングする者も作戦と認識した上でのお約束程度のものが大半である。

以前は捕手がミットをストライクゾーンから大きく外す程度で敬遠が行われていたが、不用意に投げた敬遠球を痛打されたケースが複数あったため、現在捕手が体ごとプレートから離れて打者が打てない場所に投げるようにするか、捕手プレートから離れないまでも、バットが届かないくらいの全に外れたボール球を投げるのが普通である。

なお、捕手が立ちあがって全なボール球を投げて敬遠した場合は「故意四球」と記録される。明らかに勝負してなくても、捕手が立ちあがっていなければ記録されず、単に「四球」となる。

なお、メジャーリーグでは、2017年シーズンより、申告だけで故意四球を認める新ルールが採用された[1]。時短のためには、打者登場時の曲の長さを制限し、走者しの時に打者がボックスから離れることも禁止し、4球投げるぐらいなら1球(死球)で済ませるという過な考えをする投手も居る、メジャーリーグらしいルールではあるが、効果がに見えてる形になっていない(故意四球自体、1試合でそれほど多くあるわけではない)、上述のように四球はインプレーであることを考慮していない等、未だに議論の渦中にある。なお、翌2018年日本プロ野球でも導入された。ちなみにこの申告敬遠は投球数にカウントされない。

関連項目

脚注

  1. *申告制は、ソフトボールでは以前よりルールで採用されている。日本でも、日本ソフトボール協会が2013年から採用している。

掲示板

  • 14ななしのよっしん

    2019/03/12(火) 12:11:50 ID: cUJF6sowVO

    >>11
    申告制にオールドもいだろアホかこい
    申告制の是非を問う話にオールド~なんてとんちんかんな反論するって事は、
    メジャーの後追いすればいいって思考停止してるだけだろお前

  • 15ななしのよっしん

    2019/05/30(木) 08:05:45 ID: D3UPIrxW77

    ぶっちゃけ四球ってそんなに得点に絡まないと思う

  • 16ななしのよっしん

    2019/05/30(木) 08:12:48 ID: szHbTdRm7T

    プロでも登板直後に四死球四連発とかちょくちょくあるから多少はね?

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP