今注目のニュース
『コップクラフト』アニメ全12話の無料一挙放送、10月18日(金)19時より放送開始
きのたけ戦争にまた新たな1ページ 「きのこ・たけのこ」の空箱から勇猛なる戦士が誕生
新人が職場に慣れた、と思ったら辞めた…なぜ最近の若者は突然辞めるのか?

四球四球四球四球本塁打三振三振三振単語

ワンスイングシタダケデゴテンハイッタ

掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

四球四球四球四球本塁打三振三振三振とは、長谷部康平の起こした軌跡である。

概要

2010年9月3日クリネックススタジアム宮城で行われた東北楽天ゴールデンイーグルス埼玉西武ライオンズの試合。

1回表の西武の攻撃で、楽天先発投手長谷部片岡易之栗山巧中島裕之に連続四球を与え、満塁ピンチを迎える。そして4番のホセ・フェルナンデスに対しては1球もストライクが入らず[1]押し出し四球ノーヒットで先制を許すという結果になった。

次の打者として、怪からの復帰後まだ全には調子が戻っていない5番の中村剛也を迎える。3球に投じたスライダーん中に入ってしまい、打ち返されてレフトに入る満塁本塁打となり、4点を追加した。先頭の片岡からフェルナンデスまでの4人はスイングをしておらず、中村HRを放つまでバットを振っていないため、西武はたった1スイングで5点を先制したことになった。

しかしその後は立ち直ったのか、佐藤友亮高山久細川亨の3人を三者連続三振に打ちとった。すなわち1回表の楽天は、5失点する程の攻撃を受けていたにも関わらず、にも守備機会が発生していないという、まさに奇跡の展開となったのであった。

ちなみに長谷部は、2回にもヒットを打たれて降し、この試合は最終的に4-14で楽天が負けている。

余談

関連項目

脚注

  1. *3球ん中低めの微妙な判定だった。
  2. *詳しくはこちらの外部サイトexitを参照。つまり、この2日間の出来事もそのひとつに過ぎない。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/16(水) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/16(水) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP