今注目のニュース
宝石にしか見えない! 20年モノの醤油から獲れた「琥珀色の結晶」がキレイ&おいしそう
アンガ山根、筋トレの成果出る? 「ジャイアント馬場みたい」とファン驚愕
名刺SNS「Eight」で情報機関員などの本名が閲覧できる状態に 非公開にする方法は

四畳半神話大系単語

ヨジョウハンシンワタイケイ

  • 72
  • 0
掲示板をみる(263)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(72)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「四畳半神話大系」とは、森見登美彦小説である。
2005年1月5日に刊行。2010年4月より「ノイタミナにてテレビアニメが放送開始された。

タイトルロゴ

あらすじ

 下荘。山出町裏にある下宿である。人から聞いた話によると幕末混乱期に焼失して再建以後そのままであるという、から明かりが漏れていなければ廃墟同然、何も知らずにここを訪れた者は、九に迷い込んだのかと思ってしまうというのも理からぬ話だ。この今にも倒壊しそうな下宿に起居する私は、大学三回生のまでの二年間、実益のあることなど何一つしていないことを断言しておこう。

 私とて大学入学当初からこんな有様だったわけではない。高校時代は特にクラブ活動もせず、同じような非活動的な男達とくすぶっているばかりであったが、晴れピカピカの大学一回生、友達人できるのも悪くないと思っていた私は数々のサークルが個人の情報処理かに駕する数のチラシを差し出す大学時計台へと足を向けた。そこには純金製の未来を開いているように思われた。そのどれを選んでも「薔薇色のキャンパスライフが、黒髪乙女が、そして全世界約束される」と思っていた私は、手の施しようのない阿呆だった・・・。

 もしあの時違うサークルを選んでいたならば、黒髪乙女薔薇色のキャンパスライフを送っていたに違いない!

第一話
 晴れ大学入学した私は、の前に差し出される数のサークル勧誘のチラシをの当りにし、奮ながら朦朧としていた。その中から私が選び取ったチラシは
テニスサークルキューピット
 しかし、そのサークルで人と爽やかに交流するのがいかに難しいかを知らされる。柔軟な社交性を身に付けようにも、そもそも会話の中に入れない、会話に入り込むための社交性をどこか他所で身に付けてこなくてはならないと思い知った時にはサークル内での居場所を失っていた。
 そのとき酷く縁起の悪い容貌をした男、小と出会った。小と出会ってからの私は、サークル内にり巡らされた赤い糸を切って切って切りまくる「キューピット」として悪名をかせることになった。
 あの時、小に出会わなければ、薔薇色のキャンパスライフを送っていたに違いない。もしあの時違うサークルを選んでいたならば・・・。

第二話
 ピカピカの大学一回生の私の前に個人の情報処理かに駕する量の数のサークルのチラシが差し出される、そして私が選び取ったのが
映画サークル「みそぎ」
 しかし、そのサークル内では、ヶ崎先輩による忌々しい独裁体制が敷かれていたのだ。私はヶ崎先輩に反逆の狼煙を上げるべく独自に映画を取り始めるのだが、その全てが不評であり、逆にヶ崎先輩カリスマぶりを高める結果となってしまった。
 そのとき出合った、妖怪のような不気味なルックスを持つ小と、ヶ崎先輩の私生活を暴露する告発ドキュメント映画を作成する事に。
あの時、小に出会わなければ、私の魂はもっと清らかだったに違いない。もしあの時違うサークルを選んでいたならば・・・。

第三話
 当時、大学一回生であった私の前には数のキャンパスライフへの数に開かれていた。だが私は大学の合格発表の時に誘われていたあるサークルに心を決めていた、その名は
サイクリング同好会「ソレイユ
 しかし、その実体は同好会というのは名ばかりのガチンコ自転車サークルであった。そもそも高校時代からスポーツ活動などやっていなかった私には本格的な体育会系など荷が重く、ズルズルと一回生を駄にしていった。
 体い、ならば自転車スペックで勝負すれば活路が開けると、私は二回生になって方向転換した。少しでもいい自転車を手に入れるため私は勉学そっちのけでありとあらゆるバイトに打ち込んだ。そして、ようやく手に入れたフルスペック自転車、この自転車レース優勝すれば薔薇色のキャンパスライフが待っているはずである。
 しかし、レース直前、自転車自転車整理軍によって撤去されてしまった・・・。

第四話
 私が手にした一枚のチラシ、その胡散臭いチラシの向こうには、いかなる栄未来をも思い描く事が出来なかった。そのチラシ書かれていたのは

 「その千里眼園の雑踏より意中の乙女を見つけ その地獄耳は疎へ降り散るの音も逃さず こそは樋口太郎 来たれ 仙才を秘めたる若者よ」
 その内容を見て私は、今すぐこのチラシを手放さなければ、そして出来るだけここより遠くへ逃げおおせねばと予感したが出来ず、樋口師匠子となってしまった。私の悪い予感は的中した、樋口師匠の下で私は、すでに師匠子となっていた小と共に、師匠の宿敵であるヶ崎先輩との「自虐的代理代理戦争」という名のいたずら合戦に明け暮れる益な2年間を過ごすハメになった。
 ある日、師匠から伝説の子束子を探すように命じられた私は、京都中を足を棒にして探し回るも一向に見つからない。あきらめかけていたところ子の明石さんとバッタリ出くわす、なんと明石さんも一緒に探してくれるというではないか・・・。

第五話
 そのサークルはソストボールサークルと銘打っているものの、ほんのり温かく交流するのが眼らしい。々たる高校生活よさらば、こういう集いに参加して爽やかな汗を流す事で、美女たちと言葉のキャッチボールをこなす社交性が身に付くに違いない。そのサークルとは
ソフトボールサークル「ほんわか」
 「ほんわか」はその名が示すとおり、のかかったに浮かぶの様にほんわかとしていた。ただ一つ気になったのが、ほんわかし過ぎているということだった。一言で言うと皆善人すぎる。常にニコニコして口論もせず談もしない、一親近感を持ったのは妖怪の様な顔をした小だけであった。
 サークルになじめないまま一年あたりすぎた頃、私は運命の黒髪乙女と遭遇する。彼女は「ほんわか」の体組織である健康食品会社「ほんわか」の社長嬢であり、そこの広告であったのだ。健康食品を大量に購入し、組織の広報活動にも積極的に参加し、組織内での地位を高めていけば彼女と接する可性も上がっていくだろう・・・。

第六話
 一つのサークルに身をげるという事は、ともすれば大学生活を丸ごと棒に振るということになりかねない。リスクは分散すべし。複数のサークルに参加し、多的な薔薇色のキャンパスライフを送るのだ。私が選んだ三つのサークルのうちの一つが
英会話サークルジョイングリッシュ」
 その英会話サークルに参加する羽貫さんは歯科衛生士であり、小という共通の知り合いがいたため次第と親しくなり、サークルの後毎回カフェお茶をする間柄となった。
 ある日私は羽貫さんに始めて飲みの誘いを受ける。しかし、なんだかいつもと様子が違う。人と何かあったのかも知れない。だからこそ私を飲みに誘ってくれたのだ。羽貫さんは心の拠り所が欲しいのではないか?こういうときこそ私が支えてあげなければいけないのではないか?
 しかし、私は羽貫さんと同時に別の女性二人から誘いを受けていた。やかさとは縁だった人生がここへ来て、女性三人に囲まれる最高潮を迎えている。八面六臂の桃色遊戯の達人をす器でいならば、か一人に決めなければならない・・・。

第七話
 四年間の大学生活、時にはアグレッシブ子供の夢をえるのも良いかも知れぬ。少年の心を理解する黒髪乙女が現れるかも知れぬ。三つのサークルのうち一つはこれにしよう
サークルヒーローショー同好会」
 そのサークルで活躍する私はヶ崎先輩から、ある女性のボディーガードを依頼される。その女性とは、名を香織といい、は丁寧に撫で付けられ、きちんと上品なを着、化粧の手入れ・肌つやの良い、気品のある表情をした人形であった。しかし、とても人形とは思えない。
 そんなある日、ヶ崎先輩香織さんを連れて私の下宿に駆け込んでくる。どうにもヶ崎先輩部屋は物騒で香織さんを置いておくには危険らしい。こうして私と香織さんの同棲生活が始まった。の形は様々といえど、ここまで閉鎖的な迷路に迷い込んだら危険である、帰り道が解らなくなる危険があるものの私はへ入り込んで行くのだった。
 ヶ崎先輩香織さんを引き取りに来る日がやってきた。しかしその日に私は私は別の女性二人からも同時に誘いを受けていた、どれか一つを選ばねばならない。私は、香織さんを選んだ・・・。

第八話
 もともとインドである私は、読書を通じて出会いをめる。多的な薔薇色のキャンパスライフのために私が選んだ一つが
読書サークルSEA
 小から古本屋で買った一冊の本を貰い受ける。愚にもつかない青春小説であったが、最後のページ美しい筆跡で住所と名前が書いてあった。その樋口子という名前に惹かれた私は、この子さんに便箋一枚半にしたためた手紙を送った。こうしてのようなきっかけから私たちの文通の火蓋は切られたのだ。
 手紙が届くたび子さんの人柄が垣間見えた、それはまさしく私の理想像というべき女性だった。勢いで私もなるべくよく見られるように書いた、多少美化された部分もあるが、これは落た演出というべきであろう。
 このまま子さんとはプラトニックな関係が続くのかと思われたが、子さんから「良ければ一度おにかかれませんでしょうか?」と手紙が来る。彼女を本気にさせてしまったのは私の文才のなせる技だが、手紙の中の私は一人歩きし現実の私を大きく引き離していた。しかも、子さんとの待ち合わせの当日私は別の女性二人と外せない用事を抱えていた。だが私は子さんにありのままの私をさらけ出さねば・・・。

第九
 私はもはや決死の覚悟であった。一か八か、あるチラシを手にした。数あるチラシの中で異を放つそのチラシは
秘密機関「福飯店」
 まさか秘密機関と大々的にチラシに書く秘密機関が有る訳いと思っていたが「福飯店」は看に偽り秘密機関であった。大学の裏業を一手に引き受け大学を裏でコントロールしている組織それが「福飯店」 。
 私は様々な下部組織に配属されるも成果が全く上がらない、反対に小は悪質な技巧を凝らし、不可思議な人脈を広げつづけ一回生ながら店相島の右腕までに上り詰めていた。
 ある日、相島私混同した摘命に嫌気が差した私はミッション遂行現場より逃亡してしまった。今度こそ私は相島の手によって社会的に殺されてしまうだろう。しかし追っ手が来る事はく、私が小クーデターによる相島失脚を知ったのは逃亡より一週間後であった・・・。

第十話
 四畳半というのは実に綺麗な正方形になっている。美しいではないか。四畳半こそ私の世界の全てである。それは私の信念で有る。そう、私は
四畳半義者
 私は数あるチラシの中から何一つ選ばなかった、薔薇色のキャンパスライフなど夢幻である。四畳半、ここが私の牙である。裏を叡山電車が走る、一周数間ではあるが、ここには私の全てが詰まっている。大学入学後の2年間のほぼ全てを私はこの四畳半で過ごした。四畳半は一見物理的に狭いように思えるが、その拡インナーワールドめる事が出来る。妄想世界を広げるのに制限はい。
 ある日、部屋から出ようとドアを開けると、そこには同じような部屋が存在した。を開けても同じ部屋天井裏を覗いても同じ部屋を返しても同じ部屋が続いていた。
 四畳半こそ私の世界の全てである。それは私の信念で有った、そして今は客観事実で有る・・・。

 時間が巻き戻るなどありえない話である。しかし私はそのありえないと思われたどこまでも四畳半が続く並行世界に彷徨い込んでいた。それぞれの部屋は同じようで少しずつ様子が違い、少しずつ違う私が生息しているようであった。しかしそのもが不毛なキャンパスライフ謳歌しているように思えた。
 四畳半世界を放浪する内に、私の興味は各部屋跡を残す私を取り巻く人物達の推察に移っていった。眼鏡に慇懃礼な瞳が伺える相島樋口ヶ崎・羽貫の三人は私の大学先輩であり同回生であったようだ。そして小情報通で、人の路を邪魔し、ヶ崎の暴露映画製作しながら、二重スパイとして樋口浴衣ピンク色に染め、相島をはめて秘密組織のトップに踊り出る、そんな八面六臂の大活躍をしながら全ての私にちょっかいを出し続ける。こんな男に出会っていれば私のキャンパスライフは楽しい物になっていたであろう。小はたった一人の私の親友らしかった。
四畳半紀の終わり
 今なら踏み出せる、何十歩でも、何歩でも。
第十一話


登場人物

「私」

「私」

この作品の主人公であり、り手。薔薇色のキャンパスライフを夢見て大学入学したものの、それまで友人とくすぶってばかりで社交性を身につけてこなかった為、実益のないまま2年間を過ごし、大学三回生になってしまった事を後悔している。

アニメCV浅沼晋太郎

明石さん

「私」の一年下の後輩工学部所属。何をするにも手回しがよく、理知的でクール黒髪乙女。 「ぎょええええ」と漫画のような悲鳴を上げるほどを嫌っている。高校生の時からショーに通うほどの「もちぐまん」のファン。5匹で一いの人形を手放さないが、1匹くしてしまっている。

アニメCV坂本真綾

明石さん_1
1 >2
明石さん_2
>1 2
小津

「私」の盟友であり宿敵である唾棄すべき友人。工学部電気電子工学科に所属。 三度の飯より悪行が好き、他人の不幸をおかずに飯を三杯食えるらしい。妖怪のような不気味なルックスを持つ。

アニメCV吉野裕行

樋口師匠

師匠と呼んでいるの人物。自らを賀茂建(かもたけつぬみのかみ)とよんでいる。下210号室の住人。ヶ崎先輩と個人的な確執があるらしく、彼と「自虐的代理代理戦争」を繰り広げている。

アニメCV藤原啓治

樋口師匠
城ヶ崎先輩

ヶ崎先輩

映画サークル「みそぎ」の会長大学八回生。高いカリスマ性を持つ美青年後輩にもモテており、かなりのオッパイ好きであるが、極度の潔癖症の為、香織さんという人形と一緒に暮らしている。

アニメCV諏訪部順一

香織さん

俗に言うラブドールであり、ヶ崎先輩人。とても人形とは思えない気品のある佇まいで、も丁寧に撫で付けられ、化粧を施されている。

アニメCV

香織さん
羽貫さん

羽貫さん

樋口ヶ崎の友人。歯科衛生士。小彼女の「クランケさん」であり、「私」の知らない小を知っている一人。癖が悪く、酔うと人の顔をめる癖がある。

アニメCV甲斐田裕子

相島先輩

図書館警察長官、かつ映画サークル「みそぎ」の副会長。実はかなりの権者らしい。

アニメCV佐藤せつじ

相島先輩

テレビアニメ

スタッフ

楽曲

放送局

フジテレビ関西テレビ東海テレビサガテレビBSフジさくらんぼテレビ

受賞歴

 2010年12月8日、第14回文化庁メディア芸術アニメーション部門の大賞を受賞。同賞創設以来初めてのテレビアニメ作品での大賞受賞を果たした。また、2011年3月1日、第10回東京アニメワードでもテレビ部門優秀作品賞を受賞している。


関連動画



関連商品

BD

DVD


関連項目

フジテレビノイタミナ」 上段
2010年1月3月
(ここまで毎クール1
2010年4月6月 2010年7月9月
のだめカンタービレ フィナーレ 四畳半神話大系 もやしもん実写版)
この記事を編集する

掲示板

  • 261ななしのよっしん

    2020/03/27(金) 02:28:33 ID: VbUVRnaFeI

    ん? というかそもそも主人公ループしとらんよね
    この話って、視聴者が毎回主人公の別の可性見ていくだけであって。
    だから終盤2話の四畳半世界並行世界の「私」が出てくることで其処らへんが明かされて
    先んじてほんわか回で別の自分と出会ってたわけだし

  • 262ななしのよっしん

    2020/03/27(金) 03:16:39 ID: VbUVRnaFeI

    この話において失敗したと言えるのは、実は最後の何も選ばなかった時点の『私』だけであって
    他の話の『私』は選んだ時点で、小と出会い明石さんと出会い明石さんとくっつく未来が待っている
    (福飯店編だけはどうやって関係修復したのかたびたび議論されてるが)
    その最後の『私』も四畳半世界を渡り歩いたことで何かを選ぶ勇気を持ち、一歩を踏み出したことでやっぱり小明石さんと出会う

    つまるところこの話に本当の意味での失敗者ややり直しなんてものはなく、
    どの『私』も四畳半世界で見てきたように幸福な世界で生きており
    どんな選択であろうと一歩を踏み出せた時点で素敵な何かが待っていることを描いている人生賛歌なのだ

  • 263ななしのよっしん

    2020/05/10(日) 08:24:05 ID: h6IzTxoi9Y

    ニコニコ四畳半本編あるからdアニ入ってみんな視聴しようよ
    最近コメント打てるようになったしランキング上がってほしいわ

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/13(木) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/13(木) 07:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP