四神単語

シジン

2.8千文字の記事
掲示板をみる(44)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

四神とは、中国神話における青龍朱雀白虎玄武のことを言う。「四」「四」「四聖獣」などともいう。

それぞれ、東、南、西、北の方位を、
もしくは、の季節をる。

徴する色はそれぞれ

また、中央を統括する者の概念がある場合、麒麟が当てられる(下記の土)。

ちなみに「あかるい」「くらい」という言葉が残っている通り、古代日本では「くろ」はが少ない状態、「あか」はが多い状態をし、玄武)と対立するのはではなく朱雀)である。
一方、「あお」は色鮮やかで豊かな状態、「しろ」は何もなく荒とした状態をし、青龍)と白虎)が対立する存在である。

」「」ではなく「」「」なので注意してほしい。

五行

道教や陰陽などに登場する概念「五行」では、それぞれ「木」、「火」、「」、「」に当てはめられている。

「土」

不足するあと一つ、「土」に対応する幻獣は定説がい。

麒麟」という鹿キメラっぽいものであったり、「騰」というっぽいものであったりする。

」というが対応する、と言われることもある。五行で「木」が「」をり「青龍」が相当していることから、「」をる「土」は「」……という連想であろうか。

「勾陳」とされる場合もあるようなのだが、この「勾陳」については今ひとつどういう姿なのかはっきりしない。っぽいという説もあれば、くちばしがあるのような幻獣だという説もある。

なお、これらは方位で言うと中央に当たるという。

占術におけるバリエーション

「文王卦」という中国の占術においては、上記の「騰」「勾陳」を足して「六」または「六」とされることもある。

また「六」という占術では、その六にさらに「人」「后」「大陰」「六合」「大」「天空」の六つを足して「十二将」とすることもある。この「六」は安倍晴明などの平安時代陰陽師が使用したことで知られるが、こちらもルーツ中国にある。

四凶

中国には「四」という人にをなす四大怪物伝説も伝えられており、四神と対されることがある。

メンバー(?)は「渾沌」「檮杌」「窮奇」「饕餮」。

四神モチーフ(時々黄龍や麒麟が混じる)のキャラクター等

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 42ななしのよっしん

    2021/08/06(金) 10:21:04 ID: T4eS+rT+p1

    四神相応って都市建設に重要だと思う
    山(玄武朱雀)、青龍)はもちろん天然の障、いっぽうで低い土地(朱雀)と道路白虎)は重要なインフラ

  • 43ななしのよっしん

    2022/06/10(金) 01:31:49 ID: KTo+kMTzPQ

    昔から白虎ってただの虎だと思ってたが、実際の壁画だと違うんだな。青龍白虎で似た姿のもおもしろい

  • 44ななしのよっしん

    2022/06/28(火) 11:10:52 ID: v3tABkqCEm

    >>42
    そりゃだからね

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/02(金) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/02(金) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP