国会議員 単語

373件

コッカイギイン

2.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

国会議員とは、

  1. 民から選挙された代表者
  2. 浦安鉄筋家族の登場人物

ここでは、1.について説明する。なお、諸外議会を「国会」と称する場合があるが、本記事では日本国会について扱う。

広義なものやイメージ、失言については「政治家」の項を参照。

概要

正確には、衆議院議員参議院議員の総称であり、各々で衆議院参議院を組織している。特に衆議院議員は、 「代議士」とも称される。

特別職の国家公務員で、任期は4年(衆)又は6年(参。3年ごと半数選)である。各院議員ごと被選挙権付与年齢が異なる。(衆院は満25歳以上。参院は満30歳以上)

日本国憲法により、不逮捕特権(50条)、免責特権(51条)、歳費特権(49条)が保障されている。また、秘書JR特殊乗車券(一部を除き無料)などが待遇として与えられている。

他方、国会議員資産開法によって資産開が義務付けられており、でも各院議長に対しその閲覧を請できる。

なお、前述のとおり特別職の国家公務員であるため、いわゆる守秘義務は存在しない。

また、民の代表者でありながら、一部に会議居眠りをしている議員も見られる。
しかし、そうした議員でも議員歳費(額)129万4000円の他諸手当を受けているので、看過できる話ではない。(但し、時期により特例法で歳費額が減額されている場合がある。[1]
そうでなくても、報道では彼らの政争ばかりが扱われるため、参議院不要論や議員定数削減が度々議論される。

平均年齢

ちなみに国会議員の年齢は55.5歳である。(1966年生まれが多い …2022現在

※参考までにカラーテレビ白黒テレビの普及率をえたのが1973年である。

仕事内容[2]

国会議員の仕事は大別して6つある。

  1. 国会仕事。本会議や各委員会に出席して審議に加わる。一国会100本以上の法律が作られる。この立法に体的に関わっていくことが国会議員の第一義とする仕事となる。
  2. 党としての仕事。部会や勉強会への出席。
  3. 党の仕事ではないが議員が個人的関心を持っている分野への取り組み。
  4. いろいろな要望、陳情処理。地元からのに対する予算要望が多い。就職の旋といった支持者からの私的な陳情も少なくない。ただ、就職の旋は面倒を見ても、本人は周囲から「○○のおかげで入れた」などと言われたくはないので隠すことになるため、苦労の割に効果はない。
  5. 講演や国会報告、各種集会や冠婚葬祭などの日常の行事出席。
  6. 政治活動のための政治集め。

給与(歳費)・活動費

年額 日割り換算
(365日)
時給換算
(8時間勤務)
給与(歳費) 183.3万円
(年額から逆算)
2200万円
均)
60,273 7534円
文書通信交通滞在費 100万 1200万円 32,876円 4,109
交通 16.6万円 200万円 5,479円 684円
法事務費 65万円 780万円 21,369 2,671円
合計 364.9万円 4380万円 12万円 15,000円
  • 歳費(さいひ)とは、日本の国会議員に対して支払われる給費。
  • それ以外の職につく者の給与は単に「給与」と呼ばれ区別される。
  • 地方議員に支払われる給与は議員報酬と呼ばれる。
  • 衆議院定員465名+参議院定員248名のため、合計で723名。
  • 723名全員に年額合計を支払うと、毎年316億6740万円が単純計算で費やされる(現在コロナ禍を受けて歳費2割削減の法律が効いているので実際はそれより少し安くなる)。

ちなみに議会議員均年収498万円だが…
815で1万8953議員(2018年)いるので、18,953人×498万円=毎年総額943.85億円と国会議員にも負けてはいない点も留意。

仕事居眠り、政策立案の有に関わらず、SPの護衛や送迎付きで結果的に1259.21億円が毎年費やされることになる。

親の七光りを利用し、子供政治家になる場合もある。 → 世襲議員家の一覧

実際のところ……

と、ここまで国会議員については色々と駄に高給取り、税金泥棒などのイメージがついてしまっているが実際の職務に照らし合わせると誇や誤解が見られるところがある。

歳費についてだが、これは一般のサラリーマンとは違い、手取りすべてを自分の生活費や可処分所得とできるわけではなく、ここから更に個人的な政治活動に必要な維持費を払わなければならない。ようは政治活動のパッケージとして、これだけ政治として(議員個人の生活費含め)かかるだろうから、庫から払いますよと言っているのである。

まず、党や会に所属していれば所属する選挙区を統括する本部に上納しなければならず、自民党に所属していた安藤裕元衆院議員の場合は歳費120万円(当時・換算)のうち40万円までしか自分の取り分にならなかったという。他にも通そうとしている予算や政策の会秘書会などにも払わなければならない場合もある。

そこから議員宿舎の賃(赤坂宿舎の場合は15万、青山宿舎の場合は3万程度)、地元の選挙事務所事務員やスタッフの費用、賃や光熱費などの維持費、私設秘書国会法で三人まで費負担の秘書を置けるが、実際にそれだけでは回らないので更に3人以上自費で雇ってるケースがほとんど)へ支払う給与や会合・パーティへの会費といった諸経費などで、実際のところは普通の人が想像するよりもかなり余裕のない経済状況である。

論前項にも書かれている通り、立法事務費や交通費などの補助がかなり出されているが、実際のところ政治活動には様々な人と会って交際を深めたり、利調整をしなければいけないので費による負担があってようやく回せているというのが現状である。

国会議員に税理士弁護士などの副業持ちの人が多くいたり、地盤・看板カバンを兼ね備えた世襲議員が多くを占めているのも、国会議員専業ではなかなか経済的に辛いものがあるというのも背景にある為である。

世襲議員や他に多くの資産を持つ議員ならば、後援会や資産を受け継げるので下手すれば歳費に手すらつけずに政治活動を行える場合も多くあるが、そういういわゆる三バンのない国会議員(特に議員歴10年未満の若手議員)はかなりカツカツなお財布の状況でなんとか回しているということも念頭におくべきだろう。

また国会議員の歳費が世界一高いなどといわれているが、例えばアメリカ連邦議会下院議員は選挙区に倍する人口まで送付するハカギなどの郵便代が無料だったり、秘書の数が十数人だったりと政治活動の費負担部分がかなり大きかったり、そういう給与として支払われる部分と費負担の政務活動費という区別で扱いが違っていたりするので、そのような言説を見かけた時は詳細な検討が必要である。

関連動画

タグ:国会exit_nicovideo などを参照

関連項目

脚注

  1. *東北地方太平洋沖地震等に係る歳費月額減額特例法exit
  2. *「明快!『国会議員』白書平沢勝栄 講談社 2000 pp.94-95
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP