国本剛章単語

クニモトタケアキ

1.0千文字の記事
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

国本剛章(くにもと たけあき)はゲームミュージック作曲1980年代ハドソンで多種多様なゲームソフト作曲を手がけた人である。

概要

昭和37年(1962年)札幌生まれ。

80年代前半、札幌楽器店でアルバイト中にMSXを利用した作曲にハマり、ハドソンプログラマー笹川敏幸からがかかったのがきっかけでハドソンゲーム音楽制作に携わるようになる。[1]

当時の制作環境は、YAMAHA CX-11(MSX)+SFG-01(FM音源ユニット)+FMミュージックコンポーザIIシーケンソフト)。当時のファミコン世代ならほとんどの人が聞いたことがある曲ばかり作っている。また、クラシックを上手くアレンジすることにも定評があり、チャレンジャー列車面はシューベルトの「軍隊行進曲」を用いたアレンジを行い、忍者ハットリくんに至っては序盤がビゼーの「アルルの女」を用い、サビ忍者ハットリ君のアニメ主題歌フレーズを用いた後にオッフェンバックの「天国と地獄」を仕込み、最後はまたアニメ主題歌で締めるという優れたテクニックで構成されている。

PCエンジンの『ブレイクイン』を最後に暫くの間ゲーム音楽作曲業から離れたていたが、ゲーム音楽演奏バンドからの誘いを受け平成20(2008年)からバンド活動を開始。故・梅本竜と知り合ってからは作曲活動も再開した。[2]現在ゲーム音楽カバーバンドベーシストマツケン先生とのユニット「タケちゃん&健ちゃん」で活動中。

平成24年(2012年)CD『国本剛章WORKSひつじの丘~ 』を発売。

作品一覧

ファミコン

PCエンジン

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *シューティングゲームサイド』Vol.05 P80-81
  2. *シューティングゲームサイド』Vol.06 P110-111
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/01(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/01(金) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP