国枝慎吾 単語

15件

クニエダシンゴ

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

国枝慎吾は日本が誇る車いすテニス最強選手である。

概要

枝 慎
基本情報
日本
出身地 日本東京
生年 1984年2月21日
身長
体重
173 cm
65 kg
選手情報
利き手
バックハンド 片手打ち
デビュー 2001年
テニス選手テンプレート

9歳の時に脊髄腫瘍による下半身麻痺のため車いすに。11歳から車いすテニスを始める。海外で初めて大きな活躍を見せたのは恐らく2003年ワールドチームカップで、このときは出場した単複全試合に勝利して日本の初優勝に貢献した。翌2004年アテネパラリンピック先輩の斎田悟と組んでダブル金メダルを獲得している。パラリンピックではその後も2008年北京シングル金メダルダブル銅メダル2012年ロンドンシングル金メダルを獲得した。

2006年10月シングルスで初めて世界ランキング1位に。同年のジャパンオープンロジャー・フェデラーが来日した際、日本人記者からの「日本男子テニス弱いんだけど、どうすれば強くなれるの?(意訳)」という質問に対して、不思議そうに日本にはクニエダがいるじゃないか」と答えたという有名な逸話がある。実績に対して内一般メディアでの扱いは大きくなく、下手すると今でも海外の方が知名度が高い(さすがにテニス専門誌では頻繁に取り上げられていたが、それほど部数が出ているはずもなく)。2007年に年間グランドスラムを達成。シングルスでは2008年39勝0敗、2009年37勝0敗、2010年に敗れるまで108連勝というトンデモ記録も打ち立てている。文句なしで車いすテニスにおける最強選手である。

2009年日本車いすテニス選手としては初めてプロ転向した。故障で成績を落とした時期もあったが、2020年現在ランキング1位と、30代中盤に差し掛かった今でも相変わらず強さを見せている。

主な実績

車いすテニスグランドスラムとは、再編成前は全オープンジャパンオープンブリティッシュオープン、全ウィーチェアの4大会をした。これらは当時のツアーで最もグレードの高いスーパーシリーズの大会である。(再編前の基準に従うなら枝は2009年にも年間グランドスラムを達成している)

2009年グレード再編があり、健常者テニスと同じ大会がグランドスラムとして規定されたが、ウィンブルドンでは当時ダブルスのみの開催であり、シングルスが新設されたのは2016年とつい最近の事。枝は2017年に同大会シングルスで準優勝になっている。

なお枝はギネス世界記録で5つのレコード所持者。

と、名実ともに健常者含めたプロテニス選手の中でも群を抜いた記録を打ち立てている。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/21(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/21(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP