国民民主党(日本2018-)単語

コクミンミンシュトウ

2.0千文字の記事
掲示板をみる(831)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

国民民主党(こくみんみんしゅとう、Democratic Party for the People)とは、日本政党である。

正式には1996年民主党以来続く民進党の後身となる2018年結党の旧党と、新規設立された2020年結党の新党の2つがあり、法律上は異なり別法人であるが、政治グループとしては連続性があるため、両方とも本項で扱う。

略称は「こくみん」「国民党」「民主党」など。

結党まで

2017年10月10日示の第48回衆議院議員総選挙を前に、民進党前原誠司代表が導し、9月25日に結党された希望の党への合流を決定したが、一部衆議院議員参議院議員は民進党に残留していた。

衆議院選後、希望の党の支持率が一部調で0.3となるなど党勢が伸び悩む中、2018年1月には、両党の統一会が模索されるなど両党の合流等に向けた動きがみられた。

2018年4月民進党希望の党が吸収される形での両党の合併が決定し、同党名が発表された。

2018年平成30年5月8日民進党希望の党が合流したことによって結成された。

総選挙希望の党に参加しなかった議員により結成された立憲民主党への参加や協を模索して不参加となる議員などが相次ぎ(岡田克也元代表、野田佳彦首相など)、民進党53人、希望の党54人のうち、新党への参加者は6割程度の62人となった。また、希望の党保守議員は松沢成文を代表として、5人で新「希望の党」を結党。希望の党の議員は、「国民党」を形式上結成し、新党に参加することとなった。

結党当初は民進党代表大塚希望の党代表の玉木雄一郎が共同党首となった。

同年9月に代表選挙が行われ、玉木雄一郎が代表に就任。

2019年4月には、小沢一郎率いる自由党が合流。

同年7月第25回参議院議員通常選挙では、選挙区では現職全員当選させるなど地を見せた一方、例区では7%弱の得票にとどまり、野党内でも立維新、共産の後を拝した。結党以降、2020年3月までに国会議員9人が散発的に離党するなど党勢は伸び悩んだ。

9月には立憲民主党などと統一会を結成。妥協の産物であったことから、衆議院で「立民主民・社保・所属フォーラム」、参議院で「立民.新会・社民」と会名が長大になっている。

12月に入ると立との間に合流協議が始まったが、対等合併か吸収合併かという方針などの違いから協議は一度決裂。しかし2020年7月に立側が「両党を解党した上で新党を設立する」など譲歩案を示し、合流協議を再開した。これを受けて玉木は同年8月、合流賛成と反対で「分党」を実施する、と表明。同年9月11日の分党大会をもって分党し、14日に総務省に解党を届け出た。

再結党(2020年~)

2020年9月15日に新「国民民主党」設立大会を開いた。新党参加者による協議を経て、玉木が引き続き代表に就任した。設立大会時点で参加した国会議員は衆参計15人。

9月14日には参院統一会を解消し、会国民民主党・新会」を再結成した。10月23日衆院統一会も解消し、新会国民民主党所属クラブ」を設立した。

衆院選2021では、立選挙区調整で合意したものの、立・共産・社民・れ新・市民連合が締結した共通政策には署名しなかった。10月31日の投開票では小選挙区6・例代表5の計11議席を獲得し、選前の8議席から議席を増やした。

政治思想

中道を掲げ、穏健保守から穏健革新リベラル)までの勢が中心。玉木はこの方針を堅持しており、立憲民主党共産党との野党共闘には「政策やす方向が違う」として参加しないことも多い。そもそも現党の設立理由が立憲民主党との合流を提案された際の政策不一致が原因なので、共闘しないのは当然といえば当然と言える。

100総理大臣を決める首班選挙では枝野幸男から協の要請を受けて野党各党が軒並み枝野投票したのに対し、国民民主党だけは要請を拒み玉木投票している。

役職

公式チャンネル

関連生放送

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 829ななしのよっしん

    2023/01/11(水) 13:43:55 ID: bhrMHMgWHW

    >>827
    キャッチフレーズの通りに行動していないなら、それは民にをついているということだ」なんて考え方は残念ながら全く欠片も賛成できない
    そもそも行政に関与する政党というものは原則的には政策というものに従って存在しなければならず、その下で現実的制約のもとに実際の政党が存在する
    政策というものは社会国家・地域という極めて複雑なものを相手にしている以上はどう頑っても短い文章にまとめられるようなものじゃないし、ましてたった一文でだなんて政策全体の3すら表現できるわけがない
    そこを理やり「勝負に勝たないといけない」という現実的理由で印づけを作っているのが政治家キャッチフレーズといういうものだぞ
    こんなのは民主主義政治歴史の分厚い本に読んだ経験が少しでもあるなら理解できて当然レベルの話だが、そんなことすら理解していないというのは流石に、政治不信こじらせてる二才の10代20代子供でもない限りは問題を感じるぞ

  • 👍
    0
    👎
    3
  • 830ななしのよっしん

    2023/01/11(水) 15:11:57 ID: bhrMHMgWHW

    827は「政策ではなく、キャッチフレーズによって政党を認識する」のが当然の世界観を持っているようだが、
    もし仮にそんな人々しかいないが存在したとしたら、その民主主義としては4流、5流の「なんちゃって民主主義国家だ。そうであるというだけで民主主義制度の良いところの8割が失われたも同然の、歴史の手のついた表現を使うならば、単に雑然と妄想が飛び交うだけの前近代的な衆愚制だ。
    キャッチフレーズが政策を越した位置に存在することは単なる衆愚制で、民主主義本質に対する明確な毀損だが、はたして827はそういう5流民主主義がこの世で支配的になって世界が荒することを望んでいるのか?それとも827は民主主義制度そのものについて、単なる易姓革命代替物、というような程度の前近代的認識しか持っていないのだろうか?

  • 👍
    0
    👎
    3
  • 831ななしのよっしん

    2023/01/16(月) 17:34:27 ID: W1cLsEwhx4

    >>829-830
    ただ言行を一致させろ、現実と乖離したキャッチフレーズを掲げるなって話なんだけど、難しかった?
    壮大な「マニフェスト」をブチ撒けて悉く失敗の烙印を押された民主党時代からまるで成長していない
    君らはゴミを立に投げ捨てて終わったつもりでいるかもしれないけど、有権者は忘れてないからな?
    なんなら立絶対殺すマンですとでも言ってくれた方がよっぽどマシなんだわ

  • 👍
    2
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/29(日) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/29(日) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP