国葬単語

コクソウ

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

国葬とは、国家に功労のあった人に、国家儀式として行われる葬儀のことである。

概要

戦前日本では、1926年10月21日に国葬布され法令化された。皇室関係者や功労のあった臣下に対して行われていた。

戦後は、吉田茂を除き、国葬は行われていない。天皇の葬儀の場合は、皇室典範第25条の規定に基づき、儀式である「大喪の礼」として行われ、その費用が庫から支出される。

民間の国葬

創作キャラクターも国葬が行われる場合がある。ストーリー上のいきさつであったり(ガルマ・ザビが著名)、スラングとしての“国歌”のように、皆から慕われたキャラクターである場合に、有志によって行われる。

関連動画

大喪の礼

その他の国葬

民間による国葬

関連商品

関連項目

  • 葬儀
  • 追悼
  • 国歌 - こちらも同様に“国家”的な意味のある言葉
この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/09(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/09(木) 19:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP