今注目のニュース
【サトシ超人説】「ピカチュウを肩に乗せて歩く」ってよく考えたらキツくない? → 検証してみたら肩こりどころじゃ済まなかった
悪を執行する『ワンパンマン』ガロウがねんどろいどで登場
がん検診結果の誤通知で女性が死亡 「問題が起きた理由」に非難殺到

国語単語

コクゴ

掲示板をみる(103)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

 

国語

  1. (National language) ある国家の領土内において事実上ないし法律上用いられているとされる言
  2. 特に日本の国語である日本語をさす用
  3. 教科の一。国語科。
  4. 中国歴史書の一。

1.の概要

公用語 (Official language) として定められているかどうかは関係ない。たとえば英語アメリカ合衆国における事実上の国語とされるが、合衆レベル英語公用語とする法律は存在しない。

「国語」は、英語National languageに対応する漢語とされるが、「」とあるように公用語ないし「国家の (定める) 言」という意味合いの強いものであり、いわゆる「国家なき民 (stateless nationexit) 」の言に対して使われることはない。たとえばアイヌ語アイヌNational languageであるが、アイヌの「国語」と呼ばれることはない。

2.の概要

たとえば「国語学」といった場合、現地・土着の研究や民と言の関係の研究をする学問ではなく、もっぱら日本語を研究する学問のことをす。

日本の国語は日本語とされているが、日本語に法的地位が与えられているわけではない。

3.の概要

国語の表現や理解を学習する教科。日本の国語である日本語を学習する教科である。

算数および数学とともに要な教科と位置づけられていることもしばしば。

関連動画

ニコニコ動画では3.の意味での国語に関する動画に国語のタグがつけられていることが多い。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 101ななしのよっしん

    2019/07/06(土) 14:43:57 ID: aYGUmK3p+A

    国語について知りたいならドラゴン桜おすすめ

  • 102ななしのよっしん

    2019/07/06(土) 14:50:01 ID: a64WXY/tQG

    そもそも国語の問題の解答を見てみればわかるんだけど、何故それが正解なのかを示す根拠ってかなり詳細に書かれてるもんなんだよね
    それが納得できるかできないかは置いておくにしても、国語の問題に作者自身が文句を付ける場合って、解答の導出の内容には全く触れず一方的に「自分が書いたときの意図とは違う」と述べる場合が多い
    重要なのは作者の表現と設問作成者の解釈のずれの部分であるはずなのに、その検討はおざなりにされて、ただ設問への不不満をぶつけることにしかなってない
    いずれにせよそれではあまりに益な論争でしかないと思う

  • 103ななしのよっしん

    2019/07/07(日) 11:53:50 ID: JmZQ52Itbn

    そうそう、ID: LHXdOM7Ds8みたいな人に直接聞いてみたいんだよ!
    この手の人って「お前は曲解している~!読解が~!」と喚きはするけど、じゃあ正しいのは?と聞くと下らない感想文しか返せないから不思議なんだよ
    なんでそんなんで自分が絶対に正しいと思えるのか、コレガワカラナイ

    現状の国語でもセンターの評論文なんかは「答えが文中に書いてある」「言葉の意味からしてこの選択肢明らかにする間違い」という解説ができるから良いと思うが……
    論理的に書く、読むことを教えずに、
    特定の感想文だけを正解として他の視点を排除する国語教育(笑)なんかやってるからこそ読解が低下してるってなんで考えられないのか……

    それとも自分らがご高説唱えてるくらいだし、
    国語の問題解いてて人の気持ちが分かるようになったとでも?イランだろって人に対し読解ガー、教養ガーと共感(笑)もせずにレッテルはることしかできないじゃんか?

急上昇ワード

最終更新:2019/07/19(金) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/19(金) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP