国際法単語

コクサイホウ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

国際法とは、社会を規する法である。

概要

"International Law"の日本語訳であり、ては「万国公法」と訳された。日本国憲法第98条の条文では「国際法規」という呼称が用いられている。

『国際法』という名の一つの成文法典が存在するわけではなく、条約慣習国際法等、国家間で取り決められた種々様々な成文法と不文法の集まりで構成される。法形式としては何となく英国憲法コモンロー)に近い。

一元論と二元論

国際法と内法との関係については、一元論二元論とに大別される。

国際法と内法との間に上下関係があるとする国際法優位論内法優位論一元論的見方である。
一元論の代表例の一つにハンス・ケルゼンの法段階説がある。それによると、国際法体系たる条約内法体系たる憲法の下位且つ法律の上位、即ち「憲法条約法律>条例等」の法段階構造であるとされる。

対して二元論とは、たく言えば国際法と内法との間に上下関係はないという考え方である。
実務上は条約国会の立法措置等を通じて批准することにより、国際法体系たる条約内法体系の中に取り込む手続きが取られる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/23(金) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/23(金) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP