國鐵新潟単語

コクテツニイガタ

3.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

國鐵新潟とは、「JR東日本新潟支社」のかつての俗称である。
旧潟、國鐵新潟管理局と呼ばれることもある。

概要

新津車両製作所現在総合車両製作所新津事業所)や新潟トランシスといった鉄道車両メーカーのある新潟
新潟駅近郊を中心に20分間隔のパターンダイヤを敷いていたり、首都圏仙台に次いで3番Suicaが使用可になったり先進的に見える新潟

しかし県内(のJR東日本エリア)を走る車両国鉄形である115系485系ボロ魔改造立つことから、いつしか新潟地区はJR西日本國鐵廣島双璧でこういう蔑称が付いてしまったのであった。

國鐵廣島と違いJR電車皆無ではないし、車両魔塗exitは凝っているし、サービスも決して劣っているわけではないのだが、なぜか迷なネタに溢れているのが新潟支社の特徴と言えるだろう。國鐵廣島では定評のある魔改造ではなく、本来ならリニューアルすべき所をほったらかしもとい”魔放置”なる行為も行われているらしく、これは國鐵新潟のみで見られる現であるとされる。また、首都圏車両では重機のごちそう・解体がメイン長野総合車両センターは、國鐵新潟車両メンテナンスを実施・更新するという、國鐵新潟車両オアシスとなっていた。しかし、信越本線長野-直江津間がしなの鉄道えちごトキめき鉄道に経営移管されたことにより、現在等はすべて大宮総合車両センターで行っている。

なお、現状国鉄ばかりではあるが、2013年6月485系の一部をE653系で置き換えることが発表。その後置き換えが進み、485系2020年ですべてとなった。
また、2013年7月、突如2014年度からE129系の投入を発表。これによって國鐵新潟のメインと言える115系駆逐する予定であり、消滅の危機にある。

その結果、2020年ダイヤでは新潟地区の国鉄車両は30両となり(ばんえつ物語用客機関車は除く)、2022年3月ダイヤ正で遂に國鐵新潟は終焉を迎えた。

國鐵新潟を走る車両

優等列車

営業終了

普通列車

営業終了

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/23(金) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/23(金) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP