今注目のニュース
盲目のゴールデン・レトリバー、妹犬がガイドに 「2頭はかけがえのない友達」(米)<動画あり>
誰が何のために? 伯方島に設置された「どこでもドア」の謎を追う
日赤「宇崎ちゃん」献血PRポスターは"過度に性的”か 騒動に火をつけた米国人男性に聞いてみた

土星単語

ドセイ

  • 7
  • 0
掲示板をみる(28)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

The 6th : Saturn

土星(Saturn)とは太陽系の第6惑星である。

太陽系 : 太陽 - 水星 - 金星 - 地球) - 火星 - 木星 - 土星 - 天王星 - 海王星
惑星ケレス - 冥王星 - ハウメア - マケマケ - エリス

概要

Saturn
分類 惑星木星惑星
太陽からの距離
地球-太陽=1AU
9.6AU
での直径
地球
120,536Km
(9.4)
質量
地球
5.69×1026kg
95
自転周期 10時
転周期 30
衛星 タイタンなど64
傾斜 25.33 度
大気のな成分 水素ヘリウム
年齢 46億年

土星は太陽系内で木星に次いで大きな惑星で、大きな輪っかが特徴的。
基本的には木星同様ガス成分とし、中心に岩石の核が存在する。
他のガス惑星同様に、内部が高温で、太陽から受けるエネルギー以上を放出している。64個の衛星を伴っており、その中でもタイタン太陽系衛星の中で最も濃い大気を持つ。

水に浮く

土星は太陽系の中で最も密度が低い均密度はよりも低い0.68g/cm3であり、「もし土星サイズ水槽の中にいれれば、に浮く」ではと言われている。ちなみに、太陽系内で一番密度が高い惑星地球

太陽系の惑星で一番つぶれた形

その流動的な性質と高速な自転のために、土星は明らかに上下につぶれた形をしている。方向と極方向の直径が約10%も異なる。速も500m/sに達し、これは海王星に次ぐ。

土星の環

土星最大の特徴といえば、あの大きな輪だろう。
土星は約25度傾いて転しているため、地球からは15年に一度消失して見え、2009年がちょうどその15年にあたる。しかし残念ながら全に消失するタイミングには土星は太陽側(間)に位置するので、今回は輪の消失は見ることは出来ない。残念。
環は眼で見えるのはA~Cまでだったが、人探機の観測などによって、数千もの細い環の集まりで岩石片、氷、などから構成され、その大きさは状のものから自動車サイズまで様々。
土星の環は内側から順にD環,C環,B環,A環,F環,G環,E環(土星から6,630120,700kmの位置にまで広がっている)で、特にF環,G環はよじれた構造になっている。環の厚さはその巨大さにべて非常に薄く、特に内側ほど薄い。
また、ボイジャー2号の観測により、B環内に暗い放射状の構造(スポーク)を発見した。 これはカッシーニでも確認された。スポークは、土星のには消失し、に再び姿を現すのではと考えられている。 現在のところそのメカニズムについては不明。
※A環とB環の間にある有名な「カッシーニの間隙」にも実は環を構成する物質が転している。

2009年10月NASA赤外線衛星スピッツァーによる観測で、巨大な環が発見された。
土星から約600万km離れた位置に環の内側があり、そこから約1200万kmの距離にまで広がって土星の他の環より約27度傾いている。 地球から直接見ることはできないが「もしも、直接見ることができれば、満月の2倍ほどに広がった環が土星のわきに見えるはずです」とのこと。 この環とその中にある衛星フェーベの転軌は逆行しており、フェーベがこの環に物質を供給しているらしい。衛星イアペタスのはっきりとした明暗差は、イアペタスが常に土星に対して同じ側を向けているので、常に進行方向に降り積もった環の粒子かもしれない。

土星の環

土星は64個という非常に多くの衛星を持ち、そのうち53個には名前が付けられている。
詳細はwikipedia土星の衛星と環exitを参照してください。

土星探査

1979年9月NASAの探パイオニア11号が初めて土星に接近。
1980年11月NASAのボイジャー1号が土星に接近し、多くの衛星についての画像が得られた。
当初、この探機は冥王星向けだったが、衛星タイタンに変更。これによりタイタンの大気について多くの情報を得た。 その後、役を終えて太陽系の果てをして現在も航行中。
1981年、ボイジャー2号が土星に接近。が、接近中にカメラトラブルが発生する。(土星の重力でボイジャー天王星に向けて航行に影を及ぼしたため)
2004年6月NASA欧州宇宙機関(ESA)共同の探機カッシーニが土星に接近し、同年7月より土星の周回軌に乗り長期間探を開始。
衛星タイタンに2回接近した後、12月25日にホイヘンスを分離。翌2005年1月25日、ホイヘンスはタイタンの大気圏へ突入した。
カッシーニは2008年ミッションを終了する予定だったが、2年延長後、2017年頃までの再延長が決まった。

関連動画

土星の衛星(数が多いのでスクロールしてください)

関連商品

関連項目

衛星の一覧

土星に関連する作品

アニメ 小説

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/21(月) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/21(月) 08:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP