今注目のニュース
海外で話題沸騰“骨付きチキンの食べ方”、松本人志は…
「私は私」「私の辞書にヒガミという文字はない」 ポジティブに我が道を行くメンタル強め美女の漫画に憧れしかない
憧れの“妄想ガンプラLIFE”「プラモに見えない“鉄製”ガンキャノン」「シャア真似オジサン」を作ったワケ

地球連合単語

チキュウレンゴウ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(21)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

地球連合とは、架の作品に登場する地球上の国家を統合する組織である。

地球を中心とした各恒星系も含める場合あり。

概要

地球連邦と扱いが同じである。地球連邦を参照されたし。
スタートレック以外は『地球連邦と区別するため』名付けられたなんて勘繰る人も多いとか。

連邦よりも連合のほうが結びつきが弱いイメージがあるため、連合の場合は連合内国家での旧来の名が出る場合もある。

使用されている作品

ガンダムSEEDでの地球連合

誕生まで

地球連合の前身は、理事と呼ばれるプラントの宗群であった。大西連邦東アジア共和、ユーラシア連邦の三ヶが中心となってプラント建造に出資。その見返りに地球へ物資を供給する義務を課し、その動静も理事に監視される事になった。プラントは拡充を続け、「プラントで作れない物はい」とまで言われるほど急成長を遂げたが、手綱を握るべく理事は食糧の生産と武装化だけは厳禁。食糧は地球からの輸入に頼らざるを得なかった。C.E.45年頃から反コーディネイター組織によるテロが頻発するようになり、自治権と武装のプラント側から不満が噴出。自治権と自由貿易権獲得をパトリック・ザラ同盟という政治結社を作り活動を開始したが、理事側はこれを弾圧。より対立が深まる。

C.E.60年頃、苦難に喘ぎながらもプラントは発展し、出資した理事は潤った。しかし利益のみを追求する理事プラントに重いノルマを課し、搾取するようになった。これに激怒したプラント側の労働者は一斉にサボタージュするも、理事は近隣の宙域にモビルアーマー部隊を進駐させて威圧。この頃からプラントで独立の機運が高まり、反抗を繰り返すようになる。C.E.68年には軍事組織ザフトを結成し、武装化。翌年C.E.69年、シーゲルクライン導で禁じられていた食糧生産を開始。この行為に理事は実行使で排除すると宣言し、モビルアーマー部隊をプラントに差し向けた。が、この時にザフトが極秘裏に開発していたモビルスーツジン」が実戦投入された。少数ながらもモビルアーマー部隊を壊滅させ、宇宙から理事の戦駆逐してしまった。この勝利を以ってシーゲル地球に自治権と対等貿易を要。大敗した理事は一応対話の席に座ったが……。

C.E.701月1日、議会に向かうプラントの代表団がテロに巻き込まれる事態が発生。議員1名が死亡した。ブルーコスモスが犯行明を出したが、その背後で理事が糸を引いていた事が判明。この仕打ちに憤怒したプラントは地球への供給ラインを全て停止。生産のどをプラントに頼っていた理事群は窮乏する事になる。同時に反コーディネイター運動が苛化。それでも国連総長の呼びかけにより、2月5日都市コペルニクス話し合いの場が設けられた。ところがコペルニクスに向かっていた国連部と理事代表団がテロによって軒並み死亡(コペルニクスの悲劇)。首部を一挙に失った国連は崩壊し、代役として地球連合が発足。そしてシーゲル率いるプラント代表団のみテロ被害から逃れていた事から、コペルニクスの悲劇はプラントの陰謀だと断定。2月7日に地球連合はプラントに対し宣戦布告を行った。

大小さまざまなが参加しているが、その中でも特に「大西連邦」「東アジア共和」「ユーラシア連邦」の三が地球連合の中核を担っている。軍や加盟どがナチュラルで占められており、反プラント世論やブルーコスモスによりプラントに対し強硬的な態度を見せる。

開戦後

劇中ではプラント(ザフト軍)と戦争している。開戦当初、多くの人が数で勝る地球軍の勝利を予想していたが、ザフト軍がモビルスーツを投入した事により戦線は着。むしろ開戦からずっと地球軍が押され気味であり、エンデュミオン・クレーターや世界樹、新奪還失敗、カオシュン基地およびビクトリア基地の失陥など各地で敗退を重ねていた。ザフトモビルスーツ隊に対し、地球軍は性に劣るメビウスや通常兵器などで対抗するしかかったのである。

戦争中期、ストライクガンダムを基にした量産型モビルスーツストライクダガー」の開発にようやく成功。これにより物量に任せた反攻作戦を開始。ビクトリア基地を奪い返し、ザフト軍のジブラルタル基地をも失陥せしめる。カーペンタリア基地にも宇宙と地上からの挟撃で陥落をしたがこれは失敗している。が、既に地球での戦局は地球軍に傾いてた。
ザフトからニュートロンジャマーキャンセラーが流失した事により封じられた核兵器の使用が可となった地球軍は更に勢いづき、プラント本を直接攻撃しようと基地より出撃。手始めに防衛要塞ボアズを核ので焼き払う。さらに地球軍はプラントと最終防衛ラインのヤキンドゥーエに迫ったが、ザフト軍の最終兵器ジェネシスにより大多数の艦隊と足がかりの基地を潰され戦闘を喪失する。地球ジェネシスの矛先が向けられようとしたとき、三隻同盟の活躍によりジェネシス自爆プラントを攻めるだけの戦がもう地球軍と、地球での戦局が絶望的なザフト軍は互いに戦意を喪失し、停戦協定を結ぶこととなった。

SEED DESTINYでは

前作「SEED」から二年後の世界を描いたDESTINYでも続投。

前大戦により地球プラント間でユニウス条約が結ばれた。地球側に有利な条件だったが、これで戦争が終わるならばと涙を飲んで甘受する。しかし戦争が終わっても火種はあちこちに残っていた。ナチュラルに恨みのあるテロリストグループの暗躍、開戦を望むブルーコスモス工作により平和は簡単に破られた。

コーディネーターで構成されたテロリストグループが、大切な家族を奪ったナチュラル復讐すべくユニウスセブン地球に落着させ、大惨事を引き起こす。そこへ「犯がコーディネイターである」と喧伝し、民衆の戦意と敵意を煽ったブルーコスモスによって開戦の口実が生まれ、再び戦火が放たれた。
地球軍はプラントに核攻撃をして開戦と同時に滅亡させようとしたが、ザフト軍の新兵器ニュートロンスタンビーダー」によって失敗。艦載の核弾頭を起爆させられ、艦隊に大損を出して撤退した。これを受けてザフト軍は積極的自衛権を行使し、反撃。カーペンタリアジブラルタルを包囲していた地球軍を攻撃して退けた。

ザフト軍は戦火の拡大を防ぐため最小限の自衛戦闘しかせず、また被災した地球市民速な救いの手を差し伸べた事で開戦時とべてコーディネーターへの敵意が下がっていく。それとは対照的に強硬策を取り、ザフトに歩み寄った都市デストロイガンダムで焼き払う等、非な手に染めていく地球軍への人気は急落。いつしか民衆はザフトを支持し、地球軍及びブルーコスモスへのバッシングしくなっていった。またデュランダル議長の演説により、地球軍を離反しザフトに加担する部隊も出始めた。

民衆に追われ、離反する部隊まで出てきた地球軍であったがブルーコスモスを中心に抵抗。アイスランド所在の最高部ヘブンズベースデストロイガンダム5機を用意し、これを切り札にザフト軍及び反ロゴス連合を壊滅させようとした。しかしミネルバ隊の活躍によってデストロイ5機は全滅し、ヘブンズベースも失陥。最高部を失う大敗を喫した。

それでもダイダロス基地に造られた秘密兵器レクイエムを使用し、プラント数基を破壊して多数の死者を出させた。ところがまたもやミネルバ隊の妨を受け、ダイダロス基地を失陥。徹底抗戦ロード・ジブリールもここで戦死し、レクイエムを奪われる。さらにそのレクイエム口をアルザッヘル基地に向けて撃たれた事で艦隊ごと消滅。大西連邦のコープラン大統領死亡し、実質地球連合は壊滅状態になった。残党勢デュランダル議長のデスティニープランに対抗するためオーブ軍やクラインと合流。ザフト軍の部隊と交戦し、犠牲を出しながらも勝利した。

要人物が軒並み死亡、背後で糸を引いていたロゴスの解体、基地のどを喪失という惨憺たる状態で物語りは幕を閉じた。その後、地球連合がどうなったのかはられていない。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/15(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/15(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP