今注目のニュース
研ナオコ、志村けんさん訃報に絶句「どうしよう、、」
志村けんさんが死去 70歳 新型コロナウイルス感染で重度の肺炎
「ガトリング砲」と「バルカン砲」 何が違うのか? 一時は廃れていたガトリング砲

坂倉将吾単語

サカクラショウゴ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

坂倉将吾(さかくら しょうご、1998年5月29日-)とは、千葉県出身のプロ野球選手捕手外野手)である。現在広島東洋カープに所属。

非常によく間違われるが、「板倉(いたくら)」ではなく「坂倉(さかくら)」である。

概要

小学校1年から々井ビッグアローズで野球を始める。中学3年時(2013年)のには千代中央シニアの正捕手として第19回日本リトルニア選抜野球大会で優勝、大会ベストナインに選ばれ、には千葉ロッテマリーンズカップでも優勝している。

日大三高に進むと、1年から外野手として起用され4番を任され、2年の都大会では2本塁打を放ちチーム優勝に導いた。1学年上の正捕手引退した2年から捕手に回ったが、の都大会は大江を擁した二舍大付属に敗れ3回戦敗退。3年も都ベスト4で敗れ甲子園出場はならなかった。高校通算25本塁打

2016年ドラフト会議広島東洋カープに4位で名され入団。背番号61

広島時代

2017年高卒ルーキーながら二軍の開幕戦で3番・指名打者を任されるなど、捕手もしくは指名打者二軍レギュラーに定着しフレッシュオールスターにも出場。二軍の規定打席に到達してリーグ2位打率.298マークし、シーズン終盤に一軍昇格。9月23日読売ジャイアンツ代打プロ初出場、30日の横浜DeNAベイスターズ戦でプロ安打となる2点タイムリーを放った。広島高卒捕手が一軍でヒットを打ったのは衣笠祥雄以来2人ファーム日本選手権では森福允彦から決勝3ランを放ってMVPを獲得した。


2018年は一軍にはちょくちょく呼ばれたものの出場機会自体が少なく9試合の出場、スタメン出場の機会はなし。二軍でもドラフト1位ルーキー中村奨成の入団で正捕手争いが化したため出場機会が前年より減少してしまい、58試合の出場に留まったが、打率.329マークした。キャンプからは丸佳浩FA宣言もあって外野の練習を始める。


2019年は初めて開幕一軍入りし、読売ジャイアンツとの開幕戦で6番・レフトプロ初スタメン出場も、3打数安打2三振に終わる。その後は代打起用がメインとなって一軍と二軍を往復したが、8月1日巨人戦で大竹寛からプロ本塁打。最終的に51試合に出場した。スタメン出場4試合は全て外野(レフト)での起用で、スタメンマスクの機会はなかった。この年も二軍では打率.327マーク

プレースタイル・人物

入団時からスカウトの評価が非常に高く、1年から非なバッティングセンスを見せている期待の若手捕手。ただ一軍には球界全体でも上位の打てる捕手である會澤翼という正捕手がいる上、中村奨成磯村嘉孝といったライバルとの競争もしいため、内外野へのコンバート案も含めて「坂倉をどう育てるべきか」は広島ファンの間でもしばしば議論になる。本人はあくまで捕手一本で行きたいらしい。

憧れの選手は里崎智也

成績

年度別打撃成績

年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2017年 広島 3 4 4 0 1 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 .250 .250
2018年 9 9 8 1 1 1 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 .125 .222
2019年 51 64 61 4 14 4 0 1 7 0 0 0 3 0 19 0 .230 .266
NPB:3年 63 77 73 5 16 5 0 1 10 0 0 0 4 0 20 0 .219 .260

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/03/30(月) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2020/03/30(月) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP