堀井雄二 単語

341件

ホリイユウジ

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

堀井雄二とは、日本を代表するゲームデザイナーの一人。作家民的RPGドラゴンクエスト』の生みのとして知られる。

概要

1954年1月6日生まれ、兵庫県洲本市淡路島)出身。早稲田大学卒業後、フリーライターとして『週刊少年ジャンプ』などに記事を書いていた。1981年コンピュータを購入しプログラミングを覚え、テニスゲーム制作した。

1982年に『週刊少年ジャンプ』の編集者である鳥嶋和彦からエニックスの「第1回ゲーム・ホビープログラムコンテスト」の取材を依頼された際、自ら自作ゲームを応募し、入選プログラム賞を受賞する。この時の受賞者には『森田将棋』を制作した森田和郎や後にチュンソフトを設立する中村光一がいた。これがきっかけで本格的にゲーム制作を始める。

1983年アドベンチャーゲームポートピア連続殺人事件』を制作。その後『オホーツクに消ゆ』などのアドベンチャーゲームを幾つか手がけた後、当時マイナーだったRPGをつける。

そして、1986年RPGドラゴンクエスト』を発表する。この第1作『ドラゴンクエスト開発・発売に至るまでの経緯は、『ドラゴンクエストへの道』という漫画にまとめられている。その後、『ドラゴンクエスト』は社会を巻き起こすほどの大ヒットとなり、現在までにシリーズ累計出荷本数約7,600万ナンバリングタイトル:11作品、外伝多数)を記録している(2018年6月exit)。

ゲーム作家ゲームデザイナー)という職業確立させた分け的存在であり、TVゲーム業界へ強いをもたらした人物の一人として高い評価を得ている。

堀井節

物書きとしての経験が支える独特の言センスは『堀井節』として有名。

特に、容量の少ないファミコンソフトにおいて大量の情報を伝えるために考え抜かれたそのテキストの練り込み方は、業界内外で評価が高い。

ドラゴンクエスト』では、限られた文字数の中で的確に情報を独特のユーモアと共に伝える数々の台詞が好評を博しており、あの宮本茂をして「上手い。とにかく上手い。言葉で生理的な感覚をどんどん引っり出している」と言わせるほど。

が、その一方で容量がギリギリであるにも関わらずギャグのような台詞を入れることには余念がない、という矛盾しているような一面も持っている。

ハードが進歩し、文字の制限に悩まされることがなくなって以降も、堀井の生み出した名言は変わらず使われている。

主な堀井節

主な作品

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

Twitter

対談

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/25(土) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/25(土) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP