塙保己一単語

ハナワホキイチ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

塙保己一とは、江戸時代における日本学者である。全盲であったことで知られる。

概要

生い立ち

延享3年(1746年)に武州児玉保木野村(現:埼玉県児玉町保木野)に生まれた。幼名は「寅之助」、失明後に「之助」とめ、一時期は「多聞房(たもんぼう)」とも名乗っていたという。

生まれつき体が弱く、7歳の時に肝臓を患った影から視全に失ってしまう。それでも彼は人生を諦めることなく、10歳の頃に学問のを志し、12歳の頃に最過労死により亡くし悲しみに暮れながらも、江戸に出て学問を学ぶためにを説得して15歳江戸へと出向いた。

学問の道へ

しかし、当時の時代は盲人には学問は縁と考えられていたことから、職業摩や鍼などの医術、三味線や琴などの音曲などに限られており、保己一も当初はそうした仕事をこなして生計を立てていたが、もともと学問を学ぶために上したため上手く身につかなかった。

それが原因で自殺しようとするまでに思い詰めたが寸前で踏みとどまり、仕事の師であった検校(けんぎょう:の不自由な人に与えられる最高官位)の須賀一に直談判し、保己一の一途な熱意に心を動かされた須賀一は、様々な学問を彼に学ばせるようになる。

その後、保己一は萩原宗固(学・和歌)、川島(学・神道)などの一流文人から教えを受け、学の大家である賀茂淵にも師事し、を得たの如く吸収していった。彼はが不自由であったため、かに書物を読んでもらいそれを聞いて記憶するという方法をとっており、それ故か長く難しい書物も一度聞いただけで覚えてしまうという驚異の記憶を持っていたという。

『群書類従』編纂

その後、『皇正統記』や『懐藻』など、重な古書も数多く記憶した保己一は、それら書物を散逸させてはならないとして、学んだ知識を活かしそうした古書を収集・編集し版本『群書類従』として後世に残すため、34歳から重な古書をめて全を回り、集めた古書の写しを和学講談所に持ち帰り編纂を始めた。

写本作業は自身の門である屋代賢や中山信名らと慎重に行い、写しを版木にする際は版木師の手を借りて行われた。そうして作業を続け、編纂・刊行を決意してから41年後、74歳にして長年のであった『群書類従』を遂に完成させた。本書は現在でも文化的財産として残されている。

その翌年、保己一は75歳でこの世を去るが、同年に盲目の人々の社会における最高位である「総検校」に選ばれる。

ヘレン・ケラーの「心の師」

生まれて間もなく視と聴を失ったアメリカ教育者であるヘレン・ケラーは、保己一を標として苦しいときも辛いときも努して乗り越えることができたという。

関連動画

塙保己一に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

塙保己一に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

塙保己一に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/02(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/02(火) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP