今注目のニュース
白黒まだら。ダルメシアンなカササギフエガラスが目撃される(オーストラリア)
人生の有益な判断には、数学に対する「理解と自信」が重要と判明
安倍首相、一般人にディスられ「メンタル完全崩壊」!とんでもない対応に

壤晴彦単語

ジョウハルヒコ

掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

壤晴彦(じょう はるひこ)とは、日本男性俳優及び声優、演出である。

概要

1月25日生まれ。京都府出身。演劇楽部『座』宰。NPO日本朗読文化協会顧問。
人間国宝たる狂言大蔵流・茂山千五郎(現・茂山千作)に師事。
劇団四季フリー大沢事務所を経て現在ヘリンボーンに所属している。

俳優として舞台演で活動しているほか、舞台では演出や演技導の方面も担当。他にも吹き替えアニメ・ゲームでも声優として出演したり、NHK大河ドラマ朝ドラでは演技導も担当するなど、多方面で活動している。
1992年に「演劇研究室『座』(現:演劇楽部『座』)」を設立。その後同劇団の代表を務めながら、後進の育成に尽している。
1994年イギリスロイヤルシェイクスピアカンパニー(RSC)』プロデュースの「ペール・ギュント」ではなんと、日本人一のキャストとして参加した。

声優としては、「ライオン・キング」のスカー役及びジェフリー・ラッシュの吹き替えパイレーツ・オブ・カリビアンに落ちたシェイクスピア等)で知られていると思われる。近年でも、「遊戯王ZEXAL」にて悪の大ボス役(ドン・サウザンド)で出演した。

同じく俳優、及び声優として活動している菅生隆之は、長年の友人。

出演作品

俳優業

舞台公演、ミュージカル

演劇倶楽部『座』の詠み芝居

テレビドラマ

声優業

アニメ

ゲーム

吹き替え

特撮

関連動画

関連商品

他にもニコニコ市場では購入できないが、演劇楽部『座』のHPでは芝居のDVD朗読CD、壤晴彦がtwitterで発言した演技・朗読ツイートをまとめた書籍などが販売されている。 (購入→こちらexit

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/22(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/22(日) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP