今注目のニュース
シヤチハタ「痴漢防止はんこ」がついに商品化、テスト販売開始 限定500個
のん、真顔の“かぶりもの”姿に「似合う」「可愛い」
ミルク×バナナなんて合うに決まってる。たべ牧アイスに新フレーバー出る!

変態朗読師ダバダー単語

ヘンタイロウドクシダバダー

掲示板をみる(56)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
変態朗読師ダバダー(48)と大沢たかおさんは別人

なお、まにあわんもよう

責任は大沢たかおさんサイドにある概要

うん項

何も条件で朗読させているわけではない
々も「この文章を朗読していただけないでしょうか」と事前にお伺いを立てている
どういった文章を朗読するかという決定権は大沢たかおさんサイドにある
その上でご自分の意志で朗読していらっしゃるのだからすなわち責任大沢たかおさんサイドにある
なぜ我々が責められなければならないのか
なぜ々が大沢たかおさんに謝罪せねばならないのか
むしろ大沢たかおさんこそが我々に謝罪すべきではないだろうか

あへあへうんこまん

本当の概要

ネスレが販売しているコーヒーブランド、「ネスカフェ ゴールドブレンド」の特設キャンペーン用のHPにおいて、
俳優大沢たかおさんので、入した文字朗読してくれるというコンテンツを発表したことが大元の原因である。
上記商品のCMでもお染みの「ダバダ~♪」の音楽に合わせ、こちらが好き勝手に入した文章を、
大沢たかおさんのあのが抑揚なく読み上げていく様はたちまちネット住民を虜にした。
更に、出した音には専用URLも一緒に出され、そのURLに飛ぶことで朗読を再生できる機も付いていた。

そして大沢たかおさんの朗読コンテンツネット住民の玩具と化すまでは時間がかからなかった。

数々の変態コピペを、NGワード規制に引っかからないように微調整して入し再生したものが各所で出現、流出し、
いつしか彼はこう呼ばれるようになってしまった、そう、変態朗読師ダバダーと・・・

あくまでも数々の変態コピペ朗読しているのは変態朗読師ダバダーであって、
大沢たかおさんご本人ではないことに留意されたし。

大沢たかおさんサイドについて

特にこの朗読コンテンツ玩具にして遊んでいたのが、2chなんでも実況ジュピター(通称:なんJ)の住人であったが、
そこで自然発生したネタに「大沢たかおさんサイド」というものがある。
これはあまりにも朗読コンテンツなんJ民大沢たかおさんに酷いものを朗読させすぎたため、
事態を重く見た大沢たかおさん側が、なんJを潰すために裏で画策しているというものである。
この時に登場した「大沢たかおさんサイド」という感が良かったためか、その後なんJにおいて
○○さんサイド」という呼称が流行し、特に政治を持つ人間営に対して用いられるようになった。

例:井口さんサイド(千葉ロッテマリーンズ井口資仁選手が、同チーム内での高い影を持つといわれることから)

関連動画

関連商品


関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/26(月) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/26(月) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP