今注目のニュース
100円ローソンで見つけた“みたらし団子”に驚愕 「団子というか餅」
渋谷『タワレコ』が営業再開 ひと目で分かる変化に悲しみの声相次ぐ
橋本環奈が久々の仕事、“外出自粛期間”の生活語る

変身単語

ヘンシン

  • 3
  • 0
掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

変身とは、姿かたちが変わることである。以下のように使われる。

  1. フランツ・カフカ小説覚めたら害虫に変身してた主人公の話。
  2. 創作物において、キャラクターヒーローとしての姿に変わること。
  3. ゲームポケットモンスター」の技。正しくは平仮名で「へんしん」。 → へんしん(ポケモン)

1.の概要

オーストリア=ハンガリー帝国プラハ作家フランツ・カフカによる小説作品。1915年に出版された。原題はドイツ語で「Die Verwandlung」。

カフカの代表作の一つであり、知名度は非常に高い。特に、

ある不穏な夢から覚めたグレゴール・ザムザは、ベッドの中で一匹の巨大な害虫に変身してしまっている自分を発見した。

という印的な冒頭部分はよく知られている。

ストーリーは基本的に暗く、主人公グレゴールには悲惨で同情すべき運命が降りかかるが、それでいて作品の結末部分は未来への希望に満ちているかのような雰囲気で終わる。読後感を一言で言い表すとすれば「イイハナシカナー?」だろうか。

「特に原因の説明もなく冒頭で突然主人公が異形に変身している」というファンタジックで不条理な展開に注されがちだが、例えばグレゴールの遇を「変身」ではなく「病気」や「引きこもり」などに置き換えて読めば、「自分がする家族にとっての重荷でしかなくなっていく」という、現代の日本の話だとしても通じそうなリアルな悲哀をも感じられるかもしれない。

著作権が既に切れているため、下記の「関連リンク」に示す通り日本語版もドイツ語版もインターネット上で無料で全文読める。中編小説であり読み通すのにそこまで時間もかからないので、興味を持った人は読んでみていただきたい。

1.の関連商品

1.の関連項目

1.の関連リンク

2.の概要

創作作品における変身については「変身シーン」の記事が詳しいので参照されたし。

余談だが「変身」は仮面ライダー変身ベルトでお染みのバンダイの登録商標である。

2.の関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/05/30(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/05/30(土) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP