多井隆晴単語

オオイタカハル

3.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

多井隆晴とは、日本プロ雀士である。「最速最強」の異名を持つ。

概要

幼い頃から麻雀が好きで10歳で効率をマスターし、23歳で日本プロ麻雀連盟プロテストに合格。当時の本業はマンだったものの、バブル崩壊を期に退職して本格的に麻雀を歩む。

プロ連盟のタイトル戦では数々の結果を残したが、2006年土田浩翔阿部孝則・河野高志らとともに連盟を脱退。土田を中心に設立された日本麻雀機構を経て、新たな麻雀プロ団体、RMUを設立する。

現在はRMUの代表であり、同団体のスーパーエース。団体一のSSSであり、獲得したタイトルや賞は数えきれないほど。麻雀に必要なあらゆるを備えたオールラウンダー。媒体によっては攻撃と評されることもあるが、多井自身は守備自称しており、高い分析を駆使して危険を的確に処理しつつチャンスになれば押し返せるように手を組むバランス感覚に長ける。多井の守備意識の徴たるものが配牌から後々手が詰まらないように安パイを残しながら打つ「配牌オリ」であり、自著の帯コメントでは「配牌オリだけで最強位になった男」と書かれるほど。

Mリーグでは初年度のドラフトサイバーエージェントが率いる「渋谷ABEMAS」から1位名を受け入団。絶対的エースとして君臨し、2018年シーズンMVP2021年シーズンは4着回避率1位タイトルを獲得。2021年シーズンまで4期連続+200pt、通算+1000ptえとエースの名に恥じない活躍を見せている。士としての実もさることながら、フランクしみやすいトークも彼の魅の一つで、人気解説者の一人でもある。ファンサービスにも積極的であり、「たかちゃん」の称でしまれている。

麻雀最強戦2020においては、一度は二階堂に敗れたものの、敗者復活戦を勝ち上がりファイナル進出。1stにて二階堂辱を果たし一位通過で2ndへ。事実上の決勝とも言われたA卓を勝ち抜き、その勢いのまま優勝。遂に最強位の座を手にし、『最速最強』であることをめて明した。

ちなみに、「最速最強」は自分で付けた二つ名で、「最強」はトップクラスすための自として、「最速」は打つスピードが速いことを理由に名付けた。現在はそれほど打つのがくないため、この二つ名はやめたいと話している[1]。そのためか、最近では「麻雀」を使う機会が増えている[2]

その強さと打ち方に片山まさゆきが惚れ込んだことでも知られ、『オーラ打ち言霊マンボ』の役、多口万棒のモデル(本人了承済)にもなっている。

VTuber大好き たかちゃん

最近は麻雀VTuberを中心に様々なVTuberの配信を追っている模様。
特ににじさんじ自称推し」。その中でも文野環郡道美玲天宮こころをよく話題に上げている。
麻雀をあまりしないVTuberでもその初期の配信内容をしっかり踏まえた発言があるなど、かなりどっぷりハマっていることがうかがい知れる。

その縁からか、自身のYouTubeチャンネル「たかちゃんねる」や、オンライン麻雀ゲーム雀魂』の公式番組などで積極的にコラボを行っており、雀魂公式大会である『一周年大感謝杯』や『雀魂バーチャルインターハイ』ではメイン解説を勤めた。
それ以外にも、登録者数の大小や企業所属や個人勢に関わらずコラボを行っており、特に天開司郡道美玲因幡はねる等と仲が良い。

文字通りライフスタイルが一変するほどのもので、大会控室でVTuberたちのアーカイブモニターに映して視聴する写真Twitterアップしたり、同じく控室の選手や大会スタッフ布教したり、視聴のために仕事スケジュールを調整するようになったなどの発言があった。
余談だが、彼のチャンネルからスーパーチャット投げ銭)が唐突に贈られることがあり、視聴者からは通称『たかちゃん』と呼ばれている。

2022年に始まった『雀魂』によるプロ配信者混合の麻雀リーグ戦『Streamerリーグ(リーグ)』では発起人である天開司の相談役となり、麻雀プロ配信者渡しをするなど実現に向けて奔走。自らも「チームアキレス」の監督として天宮、以前から麻雀導していた咲乃もこと共にリーグ戦を戦った。(結果は「433444」とも言われるように人生最大級の下振れだったのだが…)
2023年度のリーグシーズンでは元々士として評価していたこと、またリーグの下振れに心強い言葉をもらった白雪レイドドラフト1位として抜(前シーズンでは立直人・村上淳チームアトラスで戦っていた)。ドラフト2位以下は渋谷ハル社長イヌ名し、メンバーを一新してのスタートとなった。

エピソード

瀬戸熊直樹との関係

戦績

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *【ボートレース蒲郡】『自分の異名について』#5 後半_多井ボートの控え室【多井隆晴/伊達朱里紗/佐々木寿人】exit
  2. *もともと「宇宙から麻雀人が襲来してきたらが人類代表として戦う」とっていたのだが、いつしか周りから「実は多井プロ麻雀人なのでは?」と言われるようになり、そのまま定着しつつある。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/25(日) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/25(日) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP