今注目のニュース
機内で授乳の母親に乗務員が覆うよう指示 オランダの航空会社に批判
振り込め詐欺グループ宴会出席の宮迫・亮が会見で号泣 吉本興業への批判の声も
オープン日なのにガラガラ 高いと話題の『モスプレミアム』へ行った結果

夜廻単語

ヨマワリ

掲示板をみる(165)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

の怖さを

おぼえていますか?


夜廻とは、日本一ソフトウェア2015年10月29日に発売したPlayStationVitaゲームである。現在Steamにても配信されている。ジャンル探索アクション

がいよう

よるのまち いなくなったポロを、 おねえちゃんは さがしにでかけました。 でも、おねえちゃんも、 かえってこなくなっちゃった わたしは、ポロとおねえちゃんをさがしに、 よるのまちへいこうとおもいます。 おねえちゃん、 まだポロをさがしてまわってるのかな。

少女日記より

主人公である少女わたし)が、いなくなったポロとを探すため、不気味を歩き回るという内容のクオータービュー視点アクションアドベンチャーゲームである。
舞台となるは細部まで書き込まれており、建物から路地裏の小物に至るまで、一昔前の日本の町並みが璧に再現されている。また、には恐ろしくも独特なクリーチャーや怪現と出会うことができ、ただを歩き眺めまわるだけでも楽しめるだろう。
……も「わたし」はあくまでもか弱い少女に過ぎず、おばけどは人間に対して殺意を剥き出しにしてくるという点を踏まえて、であるが……
全体的な絵柄や雰囲気が同社から発売されたホタルノニッキロゼと黄昏の古城と似ているが、ディレクターイラストは別の人が担当している。設定的には何の繋がりもないのだが、会社が同じで発売時期も近く、デザインの似通った「幼女主人公にした死にゲー」であるためか、何かとまとまって話題にされる事が多い。ディスガイア等、ってのゲスト出演が待たれる

2017年には小説版が発売された。原作ストーリーに沿った少女の行動を描くと共に、ゲームではられなかった『(私)』視点エピソードが交互に展開していく構成となっている。捜索を進める最中、少女は何を想っていたのか。その合間、の身に何が起きていたのか、過去に何が起こったのかがられることとなる。子供にはどうしようもない危機に恐怖しながらも懸命に立ち向かい、真実現実と向き合うことで生きていこうとする姉妹の成長が描かれている。
また、少女環境家族との関係性、の状況やお化けへの考察などが登場人物の心情と共に詳しく記されており、一つの読み物としてだけでなくゲームの補本としても読み応えのある仕上がりとなっている。

更には待望の続編である深夜廻製作された。詳細は該当記事参照。
対応ハードPSvitaと、新たにPS4が加わり2017年8月24日に発売。舞台となるは、本作の2倍以上の広さのものが用意されている。
また、2作をセットにしNintendo Switch移植『夜廻と深夜廻 for Nintendo Switchの発売が決定。2018年10月25日に発売予定となっている。

あそびかた

少女の住むになると少しおかしくなってしまい、様々なお化けが出没するようになる。人面化け猫といったポピュラー妖怪や、得体の知れないナニカとしか言いようのいモノ、更には旧い々に至るまで多岐に渡り、それらの多くは悪意と殺意を以って少女に襲いかかってくる。
そうした恐ろしい存在に対し、いたいけな少女が抵抗する手段は皆無であり、捕まってしまえばひとたまりもない。また、お化けが接近してきた時は恐怖によって鼓動まってしまい、満足に走ることも出来なくなる。
なので少女が身を守る術といえば物陰に隠れてやりすごすくらいであり、ゲーム中ではおっかなびっくり歩みを進めていくこととなる。それ以外では小石などを投げて気をそらす、懐中電灯を使うなどの手段により危機を回避することも可となる。

じんぶつ

よだん

  • 主人公の名前についてはゲーム小説、共に出てくること完結している。
    が、実は設定段階で「ことも」という名前が付けられている事がディレクターの口からられた。これまで名前を明らかにしなかったのは特に深い意味合いや伏線がある訳でなく「まあ名前出さない方が雰囲気出るよね(意訳)」という考えから伏せられたまま発売され、そのままズルズルと時が経ってしまったから、とのこと。
    詳細はゆるいち第5回放送exit3955辺りから)にて。
  • 同様におねえちゃんにも名前はあるらしいのだが「まあ、いっかな」というノリの下に秘匿されたまま終わってしまった……あんまりである。
    スタッフは「一周年で(主人公の)名前が出たから、次は二周年で」などといており、果たして彼女の名が明かされる時は来るのだろうか……と思われていたが、日本一ソフトウェアの全キャラバントークイベントにて「ともこ」と名付けられていた事が明らかになった。

かんれんどうが

かんれんせいが

かんれんしょうひん

かんれんこうもく

の怖さを忘れた大人たちも、

――かつては、暗闇を恐れる小さな子供だった。

掲示板

  • 163ななしのよっしん

    2019/05/05(日) 18:43:58 ID: ALSWzZpm50

    DMMGAME版やって見た、アイテムコンプまで終了。バグだか何か判らんけどにわとり集めの1羽の頭がなくなっていてシュールだった

  • 164ななしのよっしん

    2019/05/18(土) 04:33:14 ID: KaF9r2TLBF

    三年も前のレスに対して言うのもって気はするが、これやって祟りとか荒魂ってのを勘違いしてる多すぎて辟易とする
    身勝手で狡猾で責任で残なのは常に人間の方。
    しかもその人間ロジックをに対してあてがってる時点で浅慮もいいところ。

  • 165ななしのよっしん

    2019/06/21(金) 06:51:34 ID: WJdRfQ0MmI

    >>164
    日本格や幽霊って人を助けると思いきや、キレたり理不尽な祟りをやったりとするけど
    性格がハッキリせず価値観人間と違うというそれも大きな魅だよね。
    そして「人間神様を扱ってる」じゃなくて「神様人間を扱ってる」ってるのを忘れてる人が多いと思う。
    神様とかは逆に人間くさいのが多いけど、それもそれで面い。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP