夜神月単語

ヤガミライト

  • 23
  • 0
掲示板をみる(831)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(23)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

夜神月(やがみ ライト)とは、漫画DEATH NOTE』の主人公である。

テレビアニメ版の宮野真守実写の配役は、映画版が藤原竜也ミュージカル版が井健治澤勇人テレビドラマ版が窪田正孝(幼少時は石川)。アメリカ実写映画では名前がライトターナーに変更され、Nat Wolff(ナット・ウルフが演じ、島崎信長日本語吹替を担当。

概要

高校の全模試で1位を取り、後に東応大学現実世界東京大学に相当)へ首席入学するほどの頭を持つ。また、中学テニス大会で二度優勝するほどスポーツも万

作中人物や原作者、アニメファンブックなどに「イケメン」「特に整った顔」「端整な顔立ち」などと評されるようにかなりの美形で、原作者によると当時の山ピーこと山下智久のルックスをイメージして作画をしてもらったとか…。また、社交性に優れることもあって非常にモテる。

全てにおいて並外れたスペックの持ちだが、それゆえに退屈な高校生活を送っており、犯罪が後を絶たない腐った世の中に絶望していた。そんな折、他者をルールに則って殺できる死神ノートDEATH NOTE」を偶然拾ったことで世界を変革する使命感に覚め、次第に狂気的な青年へと変貌していく。

原作開始時点では高校生だが、その後、大学入学大学院(書類上)を経て、第二部に社会人となり警察庁へ入庁。情報通信局・情報管理課の技官となる。

家族・総一郎、幸子・粧裕。

ノートの所有者となってからは死神界のルールにより、特定時期を除いて死神リュークが常に憑りついている。おやつリンゴを与える他、2人でマリオゴルフを楽しんでいるらしい(ゲーム名が出るのは原作のみ)。

性格とその変貌

ノート入手前は、人間家族世界を持ち合わせていた正義感の強い好青年で、原作く「本当にいい子」だったという。原作者がインタビューで「ノートを手にする前のなら、純な気持ちで『を見てくれ!』というんでしょうね。」と発言している。しかし、ノート入手後は、他者への見下しや自己顕示欲が増大していき、表面上は穏やかな優等生を演じつつ、裏ではドスい思念を巡らせるというしい二面性が生まれていく。

原作者からは13巻などで元々、やはりどこかんでいたこと、負けず嫌いかつ自惚れしている部分があるという性格や、女性は感情的なので好きになることはないという考えの持ちとは摘されており、キラになる素質はあったとも解釈できる。

生まれながらにして柄も良く、容姿端麗、文武両の彼は自分の優秀さに絶対的な自信があり、他人に迷惑をかける悪人や、人の幸せを奪う者たちが許せないという元々の性格もあり、その性質がデスノートと、自己顕示欲も重なってんだ正義に変化したともいえる。

ノートを使い始め、キラになってからは表向きの性格は優しく家族想いの好青年、内面の性格は非常にプライドが高い傲慢腹黒と化した。どんなにリスクが高い策でも実行に移す度胸と、それを成功させるという自信を持っている。反面、自身と同等の頭を持つLの登場以降は(Lく自分にそっくりな)負けず嫌いで幼稚な性格、煽り耐性がないという内面が露呈していく。

女性を見下す節も多々見られ、学生時代は計画に利用するだけの的で複数の彼女キープしていた。自分への好意も「扱いやすい女」「女なんて簡単なもんだ」「女を殴りたいと本気で思ったのは生まれて初めてだ」「まったく女というのは…」などとしか思っていない。原作者からは直々に「彼は女性を好きにならない、なぜなら見下しているから。」と言われている。ヨツバ編ではフェミニスト的な一面も見せたが、根本では女性を見下しているため、どちらかと言うとレディーファーストに基づいて女性に優しくしていたと思われる。

時にはんだ正義感を優先するあまり善人すら犠牲にする冷酷さを持つ。本人やLくいざとなったら家族すらも殺すつもりでいるが、原作者によると「家族人間への情はあり、友達も多い」。親を殺す必要性に迫られた際も(保身優先かつ散々した末に「殺したら自分が疑われる」という考えから)最後まで殺さなかった。

作中の流れ

高校の授業中に落下するノート撃し、『馬鹿らしい不幸の手紙のような類のジョークグッズ』だと思いつつ持ち帰る。その後二度の検証によりノートの効果を確信し、死神リュークと出会う。

ノート天才的な頭、整った容姿、優れた人心握術、抜群の演技を駆使し、犯罪者を意図的に同じ死因心臓麻痺)で大量に殺。世間に心臓麻痺で人を殺せる者、俗称「キラKIRA」の存在を認知させ、新世界の神になろうと企むが、探偵Lの挑発や居場所の摘を受け、Lを敵と認定し「正義」をかけた戦いを始める。

Lと敵対することで段々と傲慢な性格に変わっていき、犯罪者だけではなく、Lなどのキラ向かう者や、キラにとって将来の邪魔・障になる者も容赦なく殺としていった。特にLとの勝負に区切りをつけた第二部以降は、たとえ協的な人物でも、不要となれば足がつかないよう容赦なく殺している。

単独で活動していた時は最後まで確を握らせなかったキラことだが、終盤にはその慢心する性格と殺してきた人たちがとなり、ニアに確たる拠を突き付けられる。最期は、普段のスマートな振る舞いからは想像できないほど見苦しく、みっともないあがきを見せ、血と泥にまみれ散々命乞いした末、リュークデスノートにより心臓麻痺で絶命する。

セリフ

その他

実写映画

デスノート(前編)

2006年6月開された前編。最初から大学生に変更されたほか、性格も原作より冷で、家族の名前を書くことをせず、人の詩織ですら利用するために気で殺している。

the Last name

2006年11月開の後編。原作の第二部に当たるが、ヨツバ関連まるごと削除高田清美との関係、Lが死ぬ経緯やクライマックスなどが大幅に異なる。藤原の(ぼそっとした)「計画通り」が登場。

L change the WorLd

2008年開された、Lが役のスピンオフ映画映像出演のみでセリフはない。

Ligth up the NEW world

2016年開の通称LNW。「the Last name」の10年後(2016年)を舞台に、原作にあったノートの「6冊ルール」を軸にしたオリジナルストーリー。死後のため、やはり映像や音の出演のみ。

Death Note(アメリカの実写映画)

2017年に配信開始した、Netflixオリジナル映画。登場人物の名前が英語に変更されたため、夜神月も「ライトターナー」という名になっている。

テレビアニメ版

実写映画前編に引き続き、2006年7月から2007年6月まで1年間放送。基本的には原作に忠実だが、本編に影しない程度に(に第二部の)細かいシーン省略削除されたり、Lが死ぬ25話「沈黙」のとLのオリジナル展開追加、ヨツバ編でのに始末された者の場面追加などがある。

の最期の流れも異なり、倉庫で捕まった魅上自殺することで周囲がそれに気を取られ、その隙に倉庫から逃走を試みるようになっている。だがやはりリュークに見放されてしまい、ノートに名前を書かれ心臓麻痺で一人孤独死亡した。

凄惨な表情で死亡した原作とは違い、命乞いせず落ち着いた表情で人知れず死亡し、の死をもって物語も終了する。

テレビドラマ版

2015年7月から9月日本テレビ系列で放送された実写ドラマでは、

など原作とは設定が大幅に異なるメディアミックスで既に原作展開が使い潰された状況下、内容の大幅変更は必然だったとはいえ(に限った事ではないが)作品の根底を揺るがす大胆すぎる変は原作ファンの間で大きな物議を醸した。特に人形にされたメロとか。

杉並経済大学に通い公務員就職を大学生居酒屋アルバイトする傍らイチゴBERRYのライブへ赴くなど、原作よりずっと人間臭さが立つ。特にミサミサこと弥海砂ファン

あるとき、高校時代のいじめっこ不良・佐古田バイト先に現れ、直後には偶然DEATH NOTEと書かれたノートを拾う。は佐古田から友人を守るため半信半疑で佐古田の名前を書くが、ノートは本物で本当に殺してしまう。自らの行為を悔やみ一度はノートを手放すも、佐古田の死を喜ぶ周囲の人間が多かった事に加え、・総一郎が犯罪に巻き込まれるなど数々のきっかけから原作同様、犯罪者に裁きを下すようになる。

幼くしてを亡くし、その死にに総一郎が来なかった事が起因となり、良くも悪くも「普通」をめる青年として育つが、原作同様、内には総一郎譲りの正義感を抱いている。テレビ越しのLの挑発に対し「犯罪がなくならないからキラが生まれた」と昂したシーンからも取れるように、原作とは違い犯罪者を裁くキラという存在を尊んでおり、それを守るために打倒Lを決意する。しかし物語が進むにつれて脚本の都合で的と手段が逆転し始め、Lが死亡した事をきっかけに原作同様「新世界の神」をし始める。

凡人設定ゆえ危なっかしい行動立ち、窮地に立たされるたびに砂や魅上の助けを借りて切り抜けていくが、それらはあくまで「運がよかった」だけ。L殺には成功したものの、死を見越して行動していたLに結果的に敗北し、倉庫で追い詰められ、逮捕を妨しようとした魅上放火警察の救出が阻されてしまい、挙げ句にの取引をリュークに拒否され、最期はノートごと焼死した。

なおを演じた窪田原作の大ファンであり、本作の演に抜された事でアニメ版・映画版を何度も見直して役作りをしており劇中でリスペクトしている。特に昂するシーンのドスの利いた音、最終回松田に撃たれた際の言い回しは一聴の価値がある。

余談だが、「凡人デスノートを手にしたらどうなるか?」というテーマは既に2本の読切漫画版で描かれており(太郎、Cキラ)、原作ニアも「まともな人間なら最初の一度以来、二度とノートは使わないだろう」と発言している。しかし、ドラマ版の場合は上記のような強いきっかけがあった上での展開であるため、一般人でもきっかけがあればでもキラになりうる、という一つの例と言えるかも知れない。

関連動画

関連商品

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 829ななしのよっしん

    2021/06/14(月) 03:20:08 ID: dshBU8gPPx

    夜神月の悪いところしか見ない人ばかりで辟易としますね。
    吐き気すら覚えます。
    夜神月は元来そんなに悪い人ではいというのに。
    原作者も頭を抱えているでしょうね。
    だからAキラ読み切りでリュークに「夜神月は凄かった」と言わせているんです。
    これは面の話ですが、性格面のフォローもちゃんとしてますし本当はもっと性格面でのフォローもしたかったんだと思います。
    ただそれをすると「犯罪者思考めが!」とかれるから出来ないだけで。

  • 830ななしのよっしん

    2021/06/14(月) 03:36:29 ID: FzDWL1mtcw

    実際魅上に任せた時にその点はちょっと気にしてたな
    キラとしての裁きが機械的にさばいてるだけだって

  • 831ななしのよっしん

    2021/06/17(木) 01:53:37 ID: dshBU8gPPx

    今思うと、夜神月ノート拾う前(記憶喪失時もここに含む)と拾った後で極端に性格が違うのは『人は環境や状況によって正義にも悪にもなれる』という事を体現したかったんだと思います。
    小畑先生が『夜神月透明』と形容したのもそういう事だと思います。
    要は夜神月は“人間性の擬人化”でしょうか。
    『絶対なんてものはない』からこそ、夜神月はやさぐれたりくなったりくなったりとまるで多重人格のように性格や態度が変わるんです。
    まぁ、ガモウ先生が言っていたので本来の気質が善人なのは間違いいでしょうが。
    絶対なんてものはないという概念擬人化である夜神月本人が、1bit白黒思考で『絶対』を重視しているというのは高度な皮でしょうね。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/22(火) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/22(火) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP