大友義統単語

オオトモヨシムネ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

大友義統(吉統)(おおとも・よしむね 1558~1610)とは、豊後の戦国大名である。大友氏22代当

概要

豊後大友氏22代当であり、大名としては最後の当

大友宗麟と共に龍造寺氏・島津氏に押され気味の中で豊臣秀吉に救援をめ、豊後1を安堵された。秀吉には相当気に入られていたようで「吉」の一字を拝領して「吉統」(読み同じ)に名している。…が、文の役で誤報による敵前撤退を犯してしまい、易されてしまった。

その後は毛利氏などの下で保護されていたが、関ヶ原の戦いで旧領を取り戻そうと西軍側で挙兵。が、黒田如水の前に敗北。またも閉の身となった。その後は秋田氏の下に預けられて常陸にて死去。

どうにも悪手が立つ人物ではあるが、関ヶ原の挙兵で旧臣団が続々集結するなど人望は篤かったようだ。大友自体は息子大友義乗が徳幕府高家として取り立てられ、幕末まで続いた。

生涯

大友宗麟(義鎮)の嫡男。

1570年、今山の戦いで大友氏は龍造寺氏に敗れ、肥前筑後へのを失い始める。こうした状況を打破するためか、1576年、が隠居して19歳で督を継いだ。と同じく「義」は足利将軍(当時は足利義昭)からの一字拝領である。
とはいっても実権は依然として宗が握っており、以降の大友は宗と義統の二頭体制となる。

……が、翌1577年、の戦いで島津氏の前に大惨敗を喫し、大友は多数の重臣を失ってしまった。ここから大友氏は本格的に苦の時期を迎えることとなり、臣たちも分裂・離反を繰り返すようになる。そして宗と義統の子間にも対立が生じていくのであった。

島津との戦い

1585年、重鎮・立花道雪が病没する。こうなると島津が本格的に侵攻を始め、翌1586年、高橋紹運が壮絶に玉砕した。志賀親度など寝返る者も続出するが、一方で志賀親次(親度の子)や利吉岡尼らが意地の徹底抗戦を見せた。こうした中、宗は独での対抗は不可能と判断、大坂へと上り豊臣秀吉に臣下の礼をとる。こうして豊臣軍による島津征伐が始まった……!!(だが戸次の戦いで盛大にコケる)

戻ってきた宗も丹生に籠もりフラン崩し』を撃ちまくり意地を見せる。こうして各地の大友軍は豊臣本隊到着を決死の思いで待ちながら戦っていたが、その頃の義統は逃げまわっていた。…と書くと情けないが、彼の名誉のために言っておけば、当である義統が捕らわれたり死んだりしたら元も子もないし、豊前で集結中の豊臣軍に救援を要請していたとも言われる。とりあえず臆病に吹かれていた訳ではない…たぶん。

その待望の豊臣本隊は期待通り島津軍を打ち倒し、九州定された(宗は前後して病死)。が、大友氏に与えられたのは豊後1のみであった。全盛期に保持していた豊後は黒田官兵衛に、筑前小早川隆景に、そして筑後臣であった立花宗茂独立大名として取り立てられ与えられたのである。……だが、大友氏は生き残った。

はずだったのだが。

改易

秀吉は義統をいたく気に入り、自身の「吉」の字を与えて吉統と名させた。更に豊臣の氏も授けられるなど厚遇されている。文の役が始まるとこの期待に応えるべく、渡して黒田勢とともに奮戦した。

ところが、小西行長が包囲された際に「行長討死」の誤報を受け取ってしまい、結果的に行長を見捨てる形で撤退してしまう。これが秀吉逆鱗に触れて易、せっかく安堵された豊後すらボッシュートされてしまったのである。人生一寸先は闇とはこのことか。

この後は毛利氏などに預けられ閉の身となった。出して宗厳と号している。なお督自体は文の役の際に既に嫡男・大友義乗に譲っていた。この後はなんとか許しを請おうとするも(以前のお気に入りからは一転)何故か全く許されず、1598年の秀吉の死によってようやく閉から脱することが出来た。

関ヶ原

こうして再び豊臣臣の身分となるが、世は関ヶ原の戦いへと向かっていた。だが当時の吉統の立場は微妙で、嫡男(現当)の大友義乗は徳川秀忠近侍を務めていたのである(大友子は一時家康に預けられていた)。だが吉統は西軍からの「豊後一の恩賞」の誘いに乗り、旧臣たちを糾合して挙兵した。

緒戦は優勢であったが、黒田如水の巧みな戦術の前に敗れ、田原吉弘統幸らは討死する。吉統は降伏を選び、今度は徳川家康から閉処分を下されることとなった。(下広しと言えども、二人の下人から易や閉くらったのは彼と織田信雄くらいではなかろうか……)

なお息子・義乗は小山評定で東軍参加を申し付けられ、これが実現していれば「豊後一の恩賞」が与えれられるはずだったのだが……なんという運命のすれ違いか。

晩年

吉統は秋田実季預かりとなった。秋田氏が常陸宍戸に移封されたためこれに従い、ここでその生涯を終えた。享年53

義乗は処分されることなく、そのまま徳に仕え、高家旗本として存続した。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 4ななしのよっしん

    2020/01/22(水) 14:27:15 ID: 4NEZEHfKap

    大友宗麟の甘言に乗せられて御起したけど、
    結局宗捨て駒にされて滅び去った大内と印かぶるんだけど
    実像はどうだったのかな義統

  • 5ななしのよっしん

    2020/02/15(土) 07:31:10 ID: uKGYuv4woo

    関ヶ原の挙兵で旧臣団が続々集結するなど人望は篤かったようだ>大友氏という九州でも歴史の長い柄がそうさせていた気がする…が義統に本当に人望があった可性もなくはない(当初秀吉に気に入られていたというし)

  • 6ななしのよっしん

    2020/08/28(金) 13:01:22 ID: OhiVcS74qs

    >>2
    正直この人は微妙ちゃいますかね・・・・
    基本的に出ると負け状態ですし、の戦いも実は大友宗麟じゃなくてこの人
    導だと言われておりますし、織田信雄みたいに史料を紐解けば
    意外と頑ってる・・・・というのもなく、むしろ戸次の戦いで
    仙石に賛同していたりと史料が出れば出るほどボロが出るタイプ

    ある意味名だけど人望は集めていた殿様、という今のままの方がマシかと・・・

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/26(木) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/26(木) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP