大場なな単語

ダイバナナ

  • 28
  • 0
掲示板をみる(52)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(28)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

大場なな

大好きなみんなのこと、私が必ず守ってあげるね

大場ななとは、ミュージカル×アニメで展開するメディアミックスコンテンツ少女☆歌劇レヴュースタァライト」の登場人物であり、アニメ版第7話のタイトルでもある。

もしかして大場奈々

人物像

NANA DAIBA
は「あの時の舞台が、また出来たらいいな」
音楽学園 99期 俳優育成科 出席番号15番
学年 2年
誕生日 7月12日
きなこ カエルグッズ集め/料理お菓子作り
苦手なこと ひとりになること
好きな食べ物 豚汁
嫌いな食べ物 激辛全般
第99回 絶望女神
武器(日本刀) 輪(めぐり)/舞(まい)
CAST 小泉萌香

スタァライト九九組』と呼ばれるキャラ9人の一人。劇中で「ばなな」という 場合によってはイジメと誤解されそうな あだ名で呼ばれており、本人としても大いに気に入っている模様。

「甘くて美味しい、バナナ最強

性格は穏やかで にこやか。にでも分け隔てない優しさを向ける包容の持ちであり、料理上手で同期生たちの胃袋ガッチリ掴んでいる。 周りの事をよく見ており、器用で世話焼き。人にもよく頼られ、いつもそれに嬉しそうに応えている99期生のお母さん的存在。

親しみやすいが慣れ慣れしすぎない、丁寧交じりのやわらかくお上品な喋り方をする(かわいい)。

中学時代にも演劇部に所属していたが、周りは他の部活との掛け持ちで辛うじて部として成立しているような状態で、満足に演の上演も出来なかった。そんな過去もあってか自身にとって初めて“みんな”で作り上げた舞台となった1年生の頃の祭(学園祭)の演スタァライト」によりも強い思い入れを持つ。

仲間たちの事をとても大切に思っており、折に触れてはスマホを構えてシャッターを押し、大好きなみんなとの日々をカメラに収めている。

劇中随一の長身で 芝居、歌、踊りのいずれも高い実を持ちながら、同時に舞台演出や脚本に関しても優れた才を見せたりと、名門校の選抜メンバーであるキャラたちの中でも相当なハイスペックを誇る。が、真矢とクロディーヌが同期の2トップとして圧倒的な存在感を放っているせいもあってか、実に関して触れられる事は多くない。

見純那とは寮のルームメイトで仲が良く、純那が作中序盤から名前呼びしている数少ない相手である。

舞台版

『二層展開式少女歌劇』と銘打たれている通り舞台版の展開はアニメ版と連動しており、例えば舞台#2の内容は#1の続編と言うよりは、両作の間に放送されたアニメ版の内容を踏まえたストーリーとなっている。

―The LIVE― #1

私は過去に決別なんてしない

レヴュースタァライト』の物語が初めて描かれた舞台版の第一弾。根本的な設定は後のアニメ版とも共通しているが、媒体や尺の違いもあってか、展開およびキャラクターの与える印は一部異なる。

華
光

音楽学園99期生が2年生へと進級した神楽ひかりの転入により、大場ななは「あの8人の舞台」が崩れる可性に危機感を覚える。

その後迎えたレヴューオーディンションでは普段の穏やかさとはうってかわった情を見せ、『孤独』のレヴューで露崎まひると、『孤独 再演』のレヴュー愛城華恋と対戦。

当初は「もう一度あのスタァライトを」という願いのために戦い抜く覚悟だったが、きらめきを奪い合うレヴューの在り方を否定したに感化され、みんなと舞台を作るため、みんなとくためにより先にに協調した。

―The LIVE― #2 Transition

2018年10月13日から21日にかけて上演された第二弾。第一弾の直接の続編ではなく、後述のアニメ版を経たその後を描いたストーリーとなっている。

華
光

100祭を終えた99期生の面々は、の学年主任より『青嵐総合芸術院』との交流プログラムを通達される。現れたのはを代表する3人の舞台少女。その中の1人、穂波
彼女中学時代ななの演劇部と関りを持ち、しかし共に舞台に立つ事はわなかった相手だった。

一つの過去にそれぞれ複雑な想いを抱くななと氷雨。幕を開けた2校対抗のオーディションの中で、ななは純那と共に『初雪』のレヴューで氷と向き合って行く。

テレビアニメ版

まるごとバナナ2018年7月から9月にかけて放送された初のアニメーション作品。「ばなな」というあだ名にバナナ形のツインテールバナナ尽くしの手作りスイーツという圧倒的インパクトで序盤から視聴者に強な印を残す。

また舞台版にはなかった日常描写が増えた事により普段の人柄や他者との接し方がより掘り下げられ、「お母さん属性価を発揮した。

各話の活躍

以下はアニメ最終話までのネタバレを含むため、要スクロール

届かなくて、まぶしい……

第1~6話

物語中盤までは転校生である神楽ひかりを気にかけたり、脚本・演出に興味を示して役者と裏方の掛け持ちを始めたりといった普通演劇学生としての描写が中心で、他のキャラが次々とキリンレヴューでぶつかり合い自分のの在り方と向き合って行く中、常に物語の中心からは一歩引いた立ち位置におり、本格的な出番は最も遅い部類に入る。

にも関わらず、3話時点で開示されたレヴューの暫定的順位では2トップ真矢とクロディーヌに次ぐ第3位に食い込んでいたり、本編では明らかレヴュー描写を避けられている割にOP映像では二刀流手なアクションを見せていたり、視聴者の深読みを誘うどこか達観したような言動が多かったり、他の面々がカラフルレヴュー衣装う中で ななの衣装が妙に存在感を放っていたり、笑顔の裏に闇の気配を感じさせたり、ばなナイス♪ だったりで 一部の視聴者からはしばしば注されており、「絶対強キャラ」「ラスボス説」「正体はキリン」等々の考察や憶測や妄言が飛び交っていた。

そして、香子と双葉メイン回をもって なな以外の大方のキャラレヴューでの活躍を見せた事になる第6話のCパートで唐突に描かれたのは――

キリン以外もいないレヴュー舞台制服のまま々と寝そべり、いつもの朗らかなトーンで意味深な事をななの姿であった。

今回の再演どうしちゃったのかなぁ…初めての事ばっかり
やっぱり…台本通りじゃなくっちゃね

第7話 「大場なな」

かくして幕を開けた 「だいななわ」だけに「だいばなな タイトルからして異色な第7話。

冒頭は1年生の頃に演じた第99回祭『スタァライト』の回想から始まり、その打ち上げを経て ななの心に「あの舞台」が何物にも代え難いものとして刻まれていく過程、すなわち舞台少女『大場なな』の原点がられる。

時は進み本編1話の時間軸を迎えた「回想」で描かれるのは、神楽ひかりの転入して来ない2年生の生活。新学期を迎えた。来るべき100演への意気込みを胸に登校したななは、そこで同級生の2人が退学した事実を知る。

を追う者が大勢いる中である種の必然とも言える脱落者の存在に複雑な想いを抱え、それでも先を見据えて進もうとする同期生たちとの間にギャップを覚える中、届いたのは1通のメール

お持ちなさい あなたの望んだその

キリンレヴューの誘いに対し、“永遠の役”などには興味ないと一蹴しながらも、望むなら「どんな舞台」にも立つ事が出来るというキリンの言葉に 参加を決意する。

ひかり不在のまま開幕するレヴューオーディション。そして本編えた時間軸で、同期生の首席として絶対的頂点に君臨していた真矢すら圧倒し、トップスタァとなったなな。

そんな彼女が望む“運命の舞台”として答えたのは、「“あの”スタァライト

…気が付くと、なながいたのは見慣れた教室。しかしそれは「今」のななが居るはずの2年生のそれではなく、1年前の4月17日入学直後の99期生が担う祭の演が「スタァライト」に決定した日の教室だった。

こうして大場ななの運命の舞台第99回 祭への1年』の“再演”が始まる。

あの日体験した最舞台をもう一度実現するため、幸福に満たされていた最高の1年間を再び過ごした なな。しかし、あれほど渇望したあの日の「スタァライト」を迎えても、あの体験を取り戻す事は出来なかった 。

そして迎えた2度の2年生。再び始まったレヴューオーディションに再び挑んだ ななは、再び頂点に立ち、再び『第99回 祭への1年』を“再演”した。

「再演を、」
大切な仲間、大切な舞台、大切な日々の再演
私の再演の中に居れば何も怖くない
成長することも、大人になることもない
自分を追い込む苦しみ、新しい事に挑む辛さ
傷ついて、を諦める悲しみから
みんなを 守ってあげる

そんな事を何度も繰り返し、それでもあの日感じた舞台に届くことはなく、何度かわからないトップスタァになった ななはどこか虚ろな様子でキリンに尋ねる

「ねぇ、どうして…どうしてこんなことをしてくれるの?」

キリンは答える

舞台少女トップスタァになる間。奇跡キラめきの融合が起こす化学反応。永遠のき 一の燃焼。にも予測できない運命の舞台。私は、それが見たいのです」

それを聞いたななは

にも予測できない、運命の舞台…」

その間、の短ななの前を一し―― 神楽ひかりが現れた。

大場ななが繰り返した永い舞台の先で辿り着いたアニメ本編の時間軸。ななにとっては全に未知の存在となるひかりの登場に戸惑う素振りを見せていたが……やがてもいない夕暮れの廊下で、あたかも第四の壁を越えてり掛けるかのように宣言する。

が来ても私の再演は変わらない
神楽ひかりちゃん、あの子も―
私の舞台に欲しくなっちゃいました

第8話「ひかり、さす方へ」

“再演”における異分子である神楽ひかりの存在すらも、大切な仲間の一人として受け入れる事を選んだななは、空気を読んだキリンマッチングによりオーディション6日にて『孤独』のレヴューひかりと対峙する。

アニメでは初となる ななの本格的なレヴューシーンで描かれたのは、対戦相手のひかりにも闘志ではなく慈を向ける姿。

かわいそう、そんな小さなで…

きっと、辛い事がたくさんあったのね
でも、もう大丈夫
私が、全部…受け止めてあげるから!

言葉だけなら優しさに溢れたななのセリフの数々。しかし普段の明るい色とはうって変わった低音の淡々とした口調や、かと思えば突如ハイテンションに叫ぶようにりかけるというしいギャップ、何より上記のセリフ日本刀りかかりながら訴えているというあまりにもクレイジサイコバナナで、前回とは違う方向性から視聴者衝撃を与えた。

怖がらないでひかりちゃんはもう、私たちの仲間なんだから!

を言うな

ななが抱く純な願いと、それを果たすために選んだ常軌を逸した手段。延々と繰り返した時間の中で、満たされる事のい心を独りで抱え込んできた複雑な内面が表れた濃密な『孤独レヴュー』は ななの圧倒的優位で進行する。

しかし挫折と喪失、への途上で陥った絶望的なジレンマに苦悩しながら、そこに一筋の希望を示してくれたの言葉を胸に何度でも立ち上がるひかりレヴューの中で失われたはずのキラめきを再生産。「かわいそう」と評された短を開させたその間、レヴューは前代未聞の第二幕『、ひらくとき』に移行し、舞台装置を全に味方につけたひかり一気に優勢に転じる。

劇的な対決の末にひかり勝利を収めレヴューの幕が下りた直後。なながっ先に見せた感情は 負けた悔しさでも、再起したひかりへの驚きでも、再演が遠のいた焦りでもなく――

いいの? ちゃんと…
いつかあのと、戦う事になっても

勝利を手にしたひかりの先に待ち受けるであろう悲劇に対する、心からの哀れみであった。

第9話「星祭りの夜に」

レヴューオーディションを通して成長していくA組 俳優育成科に感化されたB組 舞台創造科の手により、第100祭に向けた『スタァライト』の新たな脚本が書き上げられる。

ひかりの転入以降、加速度的に変化を遂げていく仲間たち。自身の知らない“第100回”祭に向けてひたむきに進んでいく皆の姿に、ななの心は追い詰められていく。

そんな中、学内の一室に仕舞われた99回演の大具を寂し気に見つめるななの元に、ふと訪れた友人見純那。ばななの事情など露知らず、共に大具を眺め 当時のかしい思い出を懐かしむ純那の言葉に対し――

ふふ…すぐまた始まるよ、第99回 祭の『スタァライト

孤独だった過去、初めて出来た最高の仲間、大切な思い出、全てを守るために選んだ再演という。自らが抱える想いと置かれている状況の全てを、最後にはを浮かべながら吐露した なな。

友人からのあまりの告白然とする純那を他所に、レヴューオーディション7日の通知を受けた ななは、地下劇場へと向かいながら自問する。

何故、今回の再演はここまで変わってしまったのか。

始まりは、確かに神楽ひかりの転入だった。

しかし、それによって最も劇的に変わっていったものは。

ひかりを含めた8人でスタートしたはずのオーディションへの乱入者。

私の再演を変えたのは、…ちゃん…?

一つの結論に達したななは 空気を読んだキリンマッチングによりレヴュー』でと対峙する。

大切な友との別離を描いた戯曲『スタァライト』の悲劇的結末を拒絶し、別れも終わりも訪れない永遠の再演の中で皆を守ろうとする ななと、日々進化し、日々燃え尽きていく一、生まれ変わり、二度と同じものなど訪れない一度きりの舞台こそを尊ぶ

互いにしい思いをぶつけ合うも、の揺るぎない意志に対して次第に焦燥を募らせていったのは ななの方だった。

ちゃん…どうしてそんなにキラめいてるの
どうしてそんなに、しいの!?

ひかりに続いてにも敗北を喫し、いよいよ次の再演が非現実的となり、学園の中庭に独り座り込むなな。そこへ現れたのは、先刻ななの告白を聞かされたばかりの友人の姿。

告白偽を疑うでも、ななのした事を責めるでも問い質すでもなく、消沈するななにそっと寄り添う純那。

が見せたしさに敗れ、再演という願いは潰え、今までしてきた事の是非を自問するななの心をらしたのは、新たな日々の中で変わっていった“知らない純那ちゃん”の言葉だった。

変化に怯え、再演に拘りながらも今までにない「新たな舞台」をめていた自身の矛盾した胸中を見つめ直したななは、そんな自分を「舞台少女」の在り方として肯定し、一緒に次の舞台へと手を差し伸べてくれた純那の腕の中で感極まり、糸が切れたように泣きじゃくる。

1年以上の付き合いになる友人が初めて見せた一面に、純那は優しく笑みをこぼした。

知らなかった
ななって、こんな大きいのに
怖がりで、泣きで――

こどもみたい

10話~12話

9話での一件以降、憑き物が落ちた様子で舞台少女として思いを新たにしている。

11話では再演を終えて迎える未知の季節を噛み締めながら、第100祭に向けて演者と裏方の二刀流舞台に取り組んでおり、ひかり失踪の相を知ってからは ひかりを迎えに行ったを他のオーディション参加者と共に「舞台で待ってる」という言葉で見送った。

最終回となる12話ではひかりが実現した第100祭にて、クレールをめて立ち上がったフローラを導く9人の役として出演。

9話にて、8人で行われるはずのオーディションにおける9人乱入者であるに対し、その“役”をしく問うた なな自身が、『スタァライト』の脚本を覆す9人の役どころに辿り着くという数奇な結末となった。

華
光

人物像(再演)

スタァライト九九組』と呼ばれるキャラ9人の一人。「甘くて優しくて栄養満点」なバナナに例えてが付けた「ばなな」という称を大切にしている。

性格は繊細で臆病。何度でも燃え尽き、生まれ変わり、成長していく舞台少女たちの「再生産」を描いた本作において、成長に伴う痛みや不確かな未来への怖れに最も敏感に反応し、傷ついていた思期の少女。その結果として主人公愛城華恋とは逆の方向に振り切れた行動を起こした、ある種のアンチヒーローでもある。

長身の出で立ちや世話焼きで頼り甲斐のある振る舞いから大人びて見られる事も多いが、本質的には純で傷つきやすい寂しがり屋。悩みを打ち明けた友人の腕の中で泣きじゃくる姿はまさしく「こどもみたい」であった。

寝相がだらしなく、アニメではおを出してよだれを垂らしながら布団を足蹴にする邪気な寝姿が度々描かれている(かわいい)。

一貫してひかりの運命を軸に描いている『レヴュースタァライト』という作品において、当初は単なるサブキャラの一人……というか、なんならインパクトのあるあだ名からネタキャラともされていたため、第7話おける設定の開示は多くのファン衝撃を与えた。

これらの設定はスタァライトプロジェクト初期から存在したものであり、アニメ内での伏線はもちろん、先行した舞台版でのセリフや なな担当曲の歌詞、歌唱パートの歌い分けに至るまで、プロジェクトを通して仕込まれてきた大仕掛けがアニメ版7話にて結実した形となる。

ななが背負っていた意外性に満ちた背景物語上の重要な立ち位置、破れた仲間に向けた純な優しさ、願いをえるため頂点にまで上り詰めた強さ、共に未来へ進もうと寄り添ってくれた純那との関係性、また「めちゃくちゃ強い長身二刀流使い」というシンプルな格好良さなど魅的な要素の数々により、一躍作品を代表する人気キャラの一人となった。

見純那とは入学当初からの友人一自らの事情を全て打ち明けた存在として、同じ1年を延々と繰り返してきたななが初めて迎える日々、新たな季節が訪れる喜びを共に分かち合っていく、かけがえのない親友となる。

劇中での役割

その非常に独特な立ち位置から、「中盤で遭遇した裏ボス」と評される事もある。

それまで抽的な説明しかされていなかった、レヴューオーディションの合格者が手にするという『永遠の役、運命の舞台』について、「時間をえて舞台を実現する事すら可」という具体例を初めて示した存在でもあり、またななが再演を始めなければひかりレヴューに参加する事もなかったと考えると、演出上においても物語上においても作品の根幹に関わる役割を担っていると言える。

にも関わらず、世界を半永久的なループに閉じ込めていた事それ自体が作品の題になったわけではなく、ななを取り巻く物語は第9話にてひとまず決着した点、更に言えばこれほど大それたことを成しながら、主人公をはじめキャラの大半は最後までその詳細を知ることはなく、一人の友人に胸中を告白するに留まった点なども特異である。

あまりにも強存在感を放ったキャラだけに、9話の時点で実質的な役割を終えた事を惜しむや、ラスボスとして君臨するばななを見たかった というような感想も少なからず聞かれる。もっとも、その場合終盤の展開の意味合いや作品の趣旨が大きく変わってしまうため、構成の出来不出来というよりは作の好みの範疇と言えるだろう。

ちなみに、テレビアニメ版 初回の放送日である7月12日ななの誕生日であり、最終回の放送日ある9月27日誕生日である。
深夜アニメなので厳密な日付は翌日だが、公式の放送情報では「7月12日25:28」「9月27日25:43」と扱われている)

ななの再演の果てに生じた変化が物語の始まりであり、その再演の幕を下ろしたのがだった本編の展開を考えると興味深い一致と言える。

アプリゲーム版

2018年10月リリースされた『スタリラ』にも当然ながらキャラの一人として実装されている。

ゲームシナリオの時間軸はアニメ版のその後だが、ネタバレへの配慮からか なながアニメで辿った末について直接的には触れられていない。

またストーリー内では99期生に真矢が居なかった場合、席は西クロディーヌ、次席は大場ななとなっていたであろう事が示されている。

本作では同一のキャラでも演じる役柄ごとに別個の舞台少女として入手する形となっており、それぞれに新規のストーリーボイスが備えられている。以下はその一覧である。

出演歴
▼次の項へ飛ぶ▼

聖翔音楽学園  大場なな【☆☆】

紹介
音楽学園 99期生 俳優育成科2年。
料理やお裁縫はお手の物、99期生のお母さん的存在。舞台に立つだけでなく、演出や脚本など、舞台作りでも非な才を見せる。あだなは「ばなな」。
解説
高いACTパワーを持ち、ダメージを与えるのが得意。クライマックスACTで敵役単体に強ダメージを与えることができる。
ステータス
属性 立ち位置
総合 3011 COST 6
HP 7367 ACTパワー 992
通常防御 342 特殊防御 347
すばやさ 731 ACTタイプ 通常
※才していない状態での最高値
基本ACT
AP1 前から1番の敵に威(小)の攻撃
キラめきの AP2 前から1番の敵に威(小)の攻撃 自身のキラめきを(小)回復する
弛緩の独奏 AP3 前から1番の敵に威(中)の攻撃を行い、通常防御ダウンを付与する
クライマックスACT
輪舞 AP2 前から1番の敵に威(大)の攻撃
ユニットスキル
なし
オートスキル
RANK 1 [永続]与ダメージアップ 2%
RANK 4 [永続]奇術師特攻 50%
RANK 9 [永続]被ダメージダウン 5%
フィニッシュACT
白銀のパレード 敵全体に属性の通常ダメージ

華
光

舞台アニメでもおなじみのレヴューを着た大場なな。

舞台少女としては最低レアリティである2として初期実装されている。

同じ2属性アタッカーである見純那とべると、同格のパワー値やキラめき回復を備えたACT2、防御ダウンを備えたACT3など共通点が多いものの、後衛の全体攻撃持ち特殊アタッカーである純那と中衛の単体攻撃専門通常アタッカーの ななでは有用な場面がやや異なる。

聖翔音楽学園  大場なな【☆☆☆☆】

紹介
音楽学園 99期生 俳優育成科2年。
料理やお裁縫はお手の物、99期生のお母さん的存在。舞台に立つだけでなく、演出や脚本など、舞台作りでも非な才を見せる。あだなは「ばなな」。
解説
多数の敵役に対して攻撃し、弱体化効果を付与するACTを多く所持した舞台少女
ステータス
属性 立ち位置
総合 4941 COST 12
HP 14993 ACTパワー 1412
通常防御 518 特殊防御 836
すばやさ 1121 ACTタイプ 特殊
※才していない状態での最高値
基本ACT
AP1 前から1番の敵に威(小)で攻撃
キラめきの AP2 前から1番の敵に威(小)で攻撃 自身のキラめき(小)回復
の輪舞曲 AP3 前から3体の敵を威(中)で攻撃を行い、ACTパワーダウンクリティカルダウンを付与する
クライマックスACT
輪舞 AP2 敵全体を威(大)で攻撃を行い、後ろ3体の敵に通常防御ダウン、特殊防御ダウンを付与する
ユニットスキル
音楽学園かつ、属性舞台少女の最大HPアップ50%(※) 通常防御アップ30%(※) 特殊防御アップ30%(※)
スキルLv MAX
オートスキル
RANK 1 [永続]すばやさアップ 3%
RANK 4 [開幕時]回避獲得 1回
RANK 9 [永続]クライマックスACTアップ 10%
フィニッシュACT
白銀のパレード 敵全体に属性の通常ダメージ

華
光

2020年3月18日実装された『才覚醒』により、初期レアリティ4まで強化された元2ばなな。衣、関連ボイス、モーション等は変わらないが、イラストスタリラ1周年記念のものに差し替えられ、レヴューにおける性はほぼ全くの別物となっている。

具体的に言うとACTタイプは通常→特殊となり、CAは単体対→全体対となり、オートスキルは丸ごと入れ替わり、強ユニットスキルを獲得した。

覚醒したレヴューの共通仕様として、4としては低めなスペックと引き換えに、上昇率の高いユニットスキルを有している。

ユニットスキル定している学校属性4レヴュー純那と同様だが、攻撃面を強化するあちらと違い、ななは耐久面に特化しており、本人のステータスもそれに準じた形で攻撃の純那と耐久のななに差別化されている。

本作の基本的な傾向は“攻撃は最大の防御”であるため、単純に火力で勝る純那の方がやや魅的に映りやすいが、なな単体で考えても自前の回避や複数体を狙える基本ACTなどそれなりに扱いやすい性は備えているので、生存高めのアタッカーとして割り切って運用したいところ。

最大の強みという意味で価を発揮するのはやはりユニットスキルを引き上げてパに組み込む事だが、育成においても編成においてもかなりのハードルを越える必要がある。

太陽の国の騎士 大場なな 【☆☆☆】

紹介
太陽小隊をまとめる隊長。降りそそぐ火矢をものともせず、隊を揮して先を切って相手へと駆ける
「別れの戦記」より
解説
高いACTパワーを持ち、ダメージを与えるのが得意。属性のため全ての属性に対してダメージボーナスが発生する。育成した役と一緒にユニットを組みたい。
ステータス
属性 立ち位置
総合 3885 COST 9
HP 9672 ACTパワー 1267
通常防御 444 特殊防御 469
すばやさ 912 ACTタイプ 特殊
※才していない状態での最高値
基本ACT
AP1 前から1番の敵に威(小)の攻撃
渾身の一 AP2 前から1番の敵に威(中)の攻撃
奮起の合奏 AP3 敵の前グループに威(中)の攻撃を行い、自身にACTパワーアップを付与する
クライマックスACT
斜陽の多重奏 AP2 敵の前グループに威(大)の攻撃を行い、一定確率でスタンを付与する
ユニットスキル
立ち位置中の舞台少女が2人以上編成されているとき自身のACTパワーアップ 10%(※) クリティカルアップ 10%(※)
スキルLv MAX
オートスキル
RANK 1 [永続]被ダメージダウン 2%
RANK 4 [永続]与ダメージアップ 2%
RANK 9 [永続]クライマックスACTアップ 10%
フィニッシュACT
カラフルドリーマー 敵全体に属性の通常ダメージ

華
光

の9人が、対立する二それぞれの騎士を演じる中世の戦記物『別れの戦記』における大場なな。

スタリラ サービス開始当初から実装されており、マリアヴェーラ・イルソーレ(演:真矢)の率いる『太陽騎士団』の騎士、ルイーザ・バッハマンに扮している。 ばなナイト♪

本来は純ガチャ舞台少女のため、背景となっている『別れの戦記』という演に関する情報は関連ボイス及びメモワールにて断片的にられるのみであったが、2020年6月1日より開催されたゲームイベント『再演 別れの戦記』にて初めて物語概要劇中劇として演じられた。

なお、ルイーザという役名も当該イベントストーリーが初出であり、それまでの1年半の間は単に名無し騎士として(またユーザーの間では“なな”という名の騎士とも)扱われていた。

本人く「“守るために戦う”という点で騎士は自分に向いているかも」との事だが、特に味方をったり補助するスキルは持っていない純なアタッカーなので、(味方が)殺られる前に(敵を)殺って皆を守るスタイルと思われる。 わかります

準最高レアリティである3舞台少女の中で、初期実装一の属性という、やはりというべきか中々特殊な性で登場。なお、初期実装属性を持っているのはこの3ばなな4やちよの2種のみであった。

属性ゆえに敵役の属性を選ばない上、3としては高いパワー値と複数体の敵を捉えらる基本ACTを備える等アタッカーとしてシンプルに扱いやすく、特にスタリラ最初期においてはNPC戦・対人戦を問わず重用された。

光役柄

太陽騎士団の新兵の一人として登場。
エイラサントラム(演:愛城華恋)、テレサアルベルト(演:露崎まひる)、ロイス・クライン(演:石動双葉)らとは士官学校を共にした旧知の仲らしく、エイラとは同じ遠征部隊に所属している。
穏やかな気性や口調は概ね演者そのままで、友人を気遣うセリフも多い温和な女性だが、太陽獅子の合同軍事演習では果敢な進撃で太陽騎士団の勝利に貢献した。

新兵ながらその団長マリアヴェーラにも見込まれており、カタリーナ・レオパルド(演:香子)が獅子ので起こした革命に乗じ、太陽騎士団が同に攻め込んだ際には団長から直々に揮を託され、精鋭で編成した小隊を自ら率いて突撃を敢行。 奇しくも、それぞれの団長に後を託された者同士として獅子の軍略ハンナリヒター(演:見純那)と戦場で衝突する。

光VSレヴュー

2019年初頭より全体攻撃による即殺戦法が本格的に環境し始めると、グループCAという相手の役を潰さなければ本丸に切り込めない挙動の遅さを抱える騎士ななは、3という耐久ぶりもあいまって上位環境から淘汰されてゆく。更に運営方針の変化から4舞台少女の入手難易度が徐々に下がっていき、編成コストという概念事実上撤されるなど逆は強まる一方かと思われたが…。

グループ攻撃不遇の時代が訪れると、新規実装舞台少女ACTには「前からx体の敵に攻撃」といった人数定のものが流となり、環境の高速化や状態異常の複雑化も合わせ、次第に「前衛の」という存在の重要度も従来より薄くなってゆく。

19年11月にはスタァ演にて開幕前に互いの編成を確認した上で制限する「BAN&PICK」機実装
更に味方の立ち位置を定してステータスを底上げするユニットスキルを持つ舞台少女も増加し、中衛(または後衛)に偏重した編成のメリットが大きくなった結果、密かにグループのCAを通しやすい環境が整う事となる。

グループは全体対べてダメージ計算の上昇値が大きく、また騎士ななは属性の有利補正とAS3のCA威アップも加わるため、3相応のステータスに反してダメージソースとしてのポテンシャルは非常に高く、上位環境耐久を前にしても見劣りしない火力を発揮し得る。
…とはいえそこまでお立てしたとして、依然として吹けば飛ぶような耐久ぶりは視できない弱点であり、敢えて3ななを登用する事がどれほど勝率に寄与するのかと言えば難しいところだが…。
4ですらインフレの中でしく淘汰されゆくVSレヴューという人外に、初期実装3が食らいつく余地を見出すというのは浪漫のある話ではある。

ファントム  大場なな【☆☆☆☆】

紹介
オペラ座の地下に隠れ住むファントムは、するクリスティーヌをプリマドンナにするため音楽を教え導く。しかし幼馴染をした彼女の姿を見て嫉妬に狂い、次々と恐ろしい事件を起こしていくのだった。
解説
高いACTパワーを持つ。な単体対ACTで敵役を退場に追い込む。グループを付与するACTも強オペラ座に潜む強敵に大ダメージを与える。
ステータス
属性 立ち位置
総合 4954 COST 12
HP 11745 ACTパワー 1615
通常防御 472 特殊防御 759
すばやさ 1292 ACTタイプ 特殊
※才していない状態での最高値
基本ACT
AP1 前から1番の敵に威(小)の攻撃
キラめきの AP2 前から1番の敵に威(小)の攻撃 自身のキラメキを(小)回復する
AP3 敵の前グループに威(中)の攻撃を行い、を付与する
クライマックスACT
ファントム AP2 前から1番の敵に威(大+)の攻撃
ユニットスキル
立ち位置中の舞台少女が2人以上編成されてるとき自身のACTパワーアップ 30%(※) クリティカルアップ30%(※)
スキルLv MAX
オートスキル
RANK 1 [永続]有利属性ダメージアップ 6%
RANK 4 [開幕時]回避獲得 1回
RANK 9 [永続]与ダメージアップ 7%
フィニッシュACT
フルムーン エニタイム 敵全体に属性の通常ダメージ

華
光

2018年11月9日~20日にかけて行われた期間限定イベントエピローグ仮面の向こうに』に合わせ、『オペラ座の怪人ガチャ』に実装された。初の4ばなな

2020年4月21日をもって新規ユーザー向けの『限引き直し5連ガチャ』にも追加されたため、現在ではスタリラ開始直後から確実に入手可な1体となっている。

中学時代の演劇部先生に依頼され、なな自身が脚本を執筆した『オペラ座の怪人』の役に扮した姿。

本来は自分たちで演じるための脚本ではなかったが、結末の執筆に難航していたななのために脚本の第一稿を用いてメンバーで行われた立ち稽古にて、ななが演じた『ファントム』がモチーフとなっている。

もっとも、イベントストーリーの描写によると立ち稽古にてななが着ていたのはレヴューとして実装されているような手なものではなかった模様。あくまでこれは“ファントム”に自身を投影した“大場なな”のイメージ映像のようなものと思われ、ストーリー上は原作通り男性的に描写されていたファントムも、ななに合わせたミニスカート姿となっている。

これまで、ビジュアル面では一貫して童顔こわい かわいらしい女の子として描かれてきた大場ななとしてはしいクールイケメン路線であり、その普段とのギャップは新鮮さと同時に、の納得感を舞台創造科の胸に刻み付けた。 レイジサイコストーカー役がよく似合いますね…。

光役柄

言わずと知れたオペラ座の怪人ファントム”ことエリックその人。

本作におけるファントムは様々な行に及んではいるが、文字通りの「怪人」というより、あくまでも孤独され魂をめた等身大の人間として描かれている。

深い孤独に囚われ、その孤独故に舞台愛し、同じく孤独の中にいた一人の歌姫に惹かれていくという「ファントム」像は脚本を書いたなな自身にとってもしい感情移入の対となり、その事が結末を書く上でのにも繋がってしまう。

そんな胸中を純那に打ち明け、共に“オペラ座の怪人”に向き合いながら紡がれた脚本のラストシーンにて、大場ななの“ファントム”は原作小説とも舞台版とも映画版とも違うエピローグへと辿り着く。

ファントムの代名詞である、醜い素顔を隠す仮面は顔の右周辺を覆うに留まっており、劇中ではその仮面こそがエリックの本来持つ美しい魂を覆い隠していた醜悪さの徴としても扱われている。

関連ボイスはとにもかくにも歌姫クリスティーヌ(演:見純那)への熱情が凄まじく、ゲーム内のあらゆる場面で執拗に囁きまくっている。

光

非常に攻撃的な属性特殊アタッカー
初めて威(大+)に設定されたクライマックスACTである『ファントム』は4回というhit数の多さにより、相手が備えた回避や不屈を剥がしながら息の根を止めにかかる殺意の塊っぷりが特徴。を流すのは相手の方では?

VSレヴューにおいては、4の役が限られていた実装当時、鉄板にして鉄壁として君臨していた『太陽軍団真矢』の弱点を突けるアタッカーとして注された。アニメ版7話の再現も出来る

が、『ヘラクレス ミチル』や『弁財天』など高性役の増加に伴い『軍団真矢』対策の有用性が薄れた事に加え、2019年1月の『アマテラス ひかり』の登場を契機に、以前よりあった全体攻撃クライマックスACTによる速攻制圧戦術に拍がかかり、特に上位環境になる程ファントムななを始めとした単体アタッカーは次第に姿を減らしていった。

とはいえ、論単体アタッカーであるという点はNPCボス戦においては長所であり、育成すればストーリー攻略イベント戦など様々な場面で立な戦となり得る事は間違いない。

光余談

令嬢 エレナ 大場なな【☆☆☆】

紹介
マフィアボスに持つ少女は、お気に入りに囲まれて至福の時を過ごしている。外出時はもちろん、屋敷の中であろうと命を狙われる彼女にとっては、かけがえのない大切な時間だ。
解説
バランスの良いステータス。自身のHPが低いほど威の上昇するACTを複数持つ。イベント「交錯のマフィアファミーリャ」でユニット全体のを向上させる。
ステータス
属性 立ち位置
総合 3674 COST 9
HP 9882 ACTパワー 1162
通常防御 427 特殊防御 433
すばやさ 831 ACTタイプ 通常
※才していない状態での最高値
基本ACT
AP1 前から1番の敵に威(小)の攻撃
渾身の AP2 前から1番の敵に威(中)の攻撃
逆襲の独奏 AP3 前から1番の敵に威(中)の攻撃を行う この攻撃は自身のHPが低い程威が増加する
クライマックスACT
こっちにこないで! AP2 前から1番の敵に威(中)の攻撃を行い、通常防御ダウンを付与する この攻撃は自身のHPが低い程威が増加する
ユニットスキル
立ち位置後の舞台少女が2人以上編成さているとき自身のACTパワーアップ 10%(※) クリティカルアップ 10%(※)
スキルLv MAX
オートスキル
RANK 1 [永続]有利属性ダメージアップ 6%
RANK 4 [開幕時]敵全体に挑発を付与 2ターン
RANK 9 [永続]混乱耐性 100
フィニッシュACT
疾風の十字路 敵全体に属性の通常ダメージ

華
光

2019年3月20日4月3日にかけて行われた期間限定イベント『交錯のマフィアファミーリャ』のイベント報酬として実装された。初のガチャ産ではない無料ばなな

音楽学園の実発表会で演じられるマフィアもの『漆黒のオメルタ』における役。マフィアボスエレナに扮したななの姿。

当初ななはエレナを護衛する元殺し屋メイド メリッサ役にキャスティングされていたが、衣作りのための採寸データの取り違えから本来の配役とは別の演者のサイズに合わせた衣が作られてしまうという事が発生。

しかし結果的にはそれが各々にとって より深い共感と興味を抱く役となったため、そのまま配役を入れ替えて演じられる事となった。そうして爆誕したのが、九九組最高身長が演じる10歳女児である。

カードイラストや関連メモワールでは寝そべったりしゃがんでいる姿で描かれており、元が童顔な事もあって全く違和感いものの、キャラ身長差リアルに現れるLive2Dグラフィックではそれなりの存在感を放っている。
マフィアボスよりだいぶ背高くない?

光役柄

マフィアファミーリャ』における役、エレナブリオスキ。

マフィアブリオスキ・ファミリー」のボスの嫡女であり、父親や二人の、屋敷の者たちからもよと可がられて育った爛漫な10歳の少女

お付きのメイドであるメリッサ(演:真矢)の過去の因縁も絡んだ二つのマフィア間の抗争に巻き込まれ、邪気で非力少女に過ぎなかったエレナもまた、裏社会生きる者として自らを手に取る事となる。

光

ステータスパワーがやや高めのバランス

敵対組織に常に命を狙われ、追い詰められながら裏社会生きる覚悟を決めて牙をむく少女…という役柄を反映してか、オートスキルの挑発付与による敵の攻撃の集中と、HPが少ないほど威が上がる攻撃ACTという特徴的な性となっている。

被ダメによる威増強はどうしても敵の挙動に左右される部分が大きく、最大限に威を発揮できるタイミングが限られているという問題点があったが、エレナななはそれを「挑発を2ターン付与できる後衛」という特殊な立ち位置によりある程度している。

つまりは挑発により2ターンの間だけダメージを受け、挑発が切れた後は本来の前衛に役を任せて自分は高威を出せるHPを維持するというある種の美味しいとこ取りである。

もっとも、本当にそこまで「ちょうどよく」ダメージを受けられるかは結局のところ彼の戦差や相手のACT選択という不確定要素に左右されてしまうものの、逆に言えば攻撃パターンが一定しているイベントの単体ボスなどには想定通りの運用がしやすく、エレナななが実装されたイベントボスもそのようなギミックで戦えるようになっていた。

挑発という状態異常特性上「前からx体の敵に攻撃」のように人数定の範囲攻撃の場合は、周りを巻き込まずに自身のみで受けきる事が出来る仕様となっているため、2019年6月に行われたVSレヴュー特別演『3舞台少女限定』では、高スペック属性アタッカーとして活躍した『 石動双葉』への対抗策として若干された。

宮本武蔵 大場なな【☆☆☆☆】

紹介
宮本武蔵江戸初期の剣豪にして生涯敗を誇る二天一流の祖。兵法としてその思想を伝える「五輪書」を著し、また絵画を得意とする流人でもある。
解説
高いACTパワーを持つ。前から3体の敵役にダメージを与え、次のターンに味方全体のAPを減少させる強クライマックスACTを所持。
ステータス
属性 立ち位置
総合 5046 COST 12
HP 13524 ACTパワー 1618
通常防御 543 特殊防御 543
すばやさ 1204 ACTタイプ 通常
※才していない状態での最高値
基本ACT
AP1 前から1番の敵に威(小)の攻撃
キラめきの AP2 前から1番の敵に威(小)の攻撃 自身のキラめきを(小)回復する
三連撃 AP3 前から3体の敵に威(中)の攻撃
クライマックスACT
決闘 AP2 前から3体の敵に威(大)の攻撃を行い、味方全体にAP減少を付与する
ユニットスキル
立ち位置後の舞台少女が2人以上編成されているとき自身のACTパワーアップ 30%(※) クリティカルアップ30%(※)
スキルLv MAX
オートスキル
RANK 1 [開幕時]通常バリア獲得 2270 3ターン
RANK 4 [永続]毎ターンキラめき獲得4
RANK 9 [永続]与ダメージアップ 7%
フィニッシュACT
白銀のパレード 敵全体に属性の通常ダメージ

華
光

4舞台少女出現率2倍の期間限定ガチャとして当時は不定期開催されていた『キラめきフェス』にて、2019年6月8日~10日にピックアップされ、以降キラめきフェス限定舞台少女として実装された。

二刀流”の代名詞とも言える剣豪宮本武蔵』に扮した、イベントシナリオ等とは関係ない純ガチャばななキラフェス限定としては8人舞台少女にあたる。

光

最大の特徴は『AP減少』という初の効果を備えたクライマックスACT決闘』である。

これは次の1ターンに限り、AP2以上の全てのACTからAPを-1させるという強なもので、即ち次のターンはあらゆるACTが通常の倍近い密度で行える事を意味する。

ユニット全体の行動の底上げであり、VSレヴューに関して言えば「相手の倍速クライマックスACTを放てる」という非常に優位な状況を作り出せる。な防御・妨ACTが猛威を奮う環境下で、それらをかわしながら有効打を増やし得るというのは大きなアドバンテージとなった。

とはいえ、CAが非全体攻撃の3体対である以上、武蔵ユニットに組み込む事自体にダメージソースの減少というデメリットがあり、それと引き換えに得るAP減少はあくまで「攻撃の高速化」という間接的なメリットで、攻撃自体が強化されるわけではない。また高速化とは言っても最速でCAを放ったとしてその恩恵を受けられるのは3ターンとなり、必然的に2ターンの与ダメ量はむしろ少なくなってしまう点を踏まえると速攻殲滅の戦術とは必ずしも噛み合わず、上位環境で長く生き残るには至らなかった。

またCAが単体対ではないためイベントボス戦等でも微妙に優先されづらく、そもそも長期戦を想定する事が多いボス戦ではAP減少のメリットVSレヴュー程ではなく……。ステータススキルともに優良なものを備えながら、それら全てを噛み合わせて活かせる舞台には思いの外恵まれていないとも言えるが、シナリオ攻略等の通常の運用でも十二分な戦となり得る武蔵にそこまで言うのも贅沢な話ではある。

なお、この武蔵ななを経て「やはりAP減少は基本ACT向きの性と判断された…のかは定かでないが、およそ1年の間AP減少をCAに持つ舞台少女は追加されず、一方で基本ACTユニット内の3体対というコンパクトAP減少を備えた『白雪姫 』と『妖精パック 石動双葉』はいずれもVSレヴューにて大きな存在感を放った。(もっとも、その両者ともAP減少以外の強スキルを色々搭載した結果ではあるが)

また後に実装されたAP減少付きCAは、AP3という重さと引き換えに敵へのAP増加をも備えた『舞台少女 香子』や、開幕挑発持ちの役という、本来ダメージソースとしての役割が必要とされていない『イニシャル ベース 代晶』など、調整の跡が見て取れる。

天海もも 大場なな【☆☆☆☆】

紹介
天海ももは白鳥高校水泳部の元エース。とある事情から水泳をやめていたが、あひるとの対決を経て、再びプールへと戻ってくる。
白鳥村の人魚姫とは――アタイのことさ!』
解説
みんなを守る役。通常ダメージに対して非常に高い防御を誇る。敵役を挑発し、ダメージを自身に集めることができる。イベントキラめきスプラッシュシンクロガールズ1950」で特攻を持つ。
ステータス
属性 立ち位置
総合 5192 COST 12
HP 23769 ACTパワー 880
通常防御 1257 特殊防御 809
すばやさ 1004 ACTタイプ 通常
※才していない状態での最高値
基本ACT
AP1 前から1番の敵に威(小)の攻撃
キラめきの AP2 前から2体の味方に通常バリアを付与し、自身のキラめきを(小)回復する
煽動の協奏曲 AP3 敵全体に挑発を付与し、自身に回避を付与する
クライマックスACT
マーメイド スプラッシュ AP2 敵全体に威(大)の攻撃を行い、味方全体にACTパワーアップを付与する
ユニットスキル
属性舞台少女の最大HPアップ 30%(※) 通常防御アップ15%(※) 特殊防御アップ 15%(※)
スキルLv MAX
オートスキル
RANK 1 [永続]被ダメージダウン 4%
RANK 4 [開幕時]不屈獲得 1回
RANK 9 [永続]属性からの被ダメージを減少 10%
フィニッシュACT
魅惑の 敵全体に属性の通常ダメージ

華
光

2019年7月25日8月4日にかけて行われた期間限定イベントキラめきスプラッシュシンクロガールズ 1950』に合わせ、シーズンガチャきらりブルーガチャ』にて実装された。初のばなな
同じくガチャ産の4のまひるイベント報酬の3純那と並び、スタリラ初の水着でもある。

共に100年の歴史を誇る「営しらとりプール」と「音楽学園」による特別共同演『シンクロガールズ』に登場するツンデレヤンキータイに扮した姿。

口調からしてこれまでで最もなな本人とのギャップがしい役柄のため、不良少女という役作りに悩んだななは、性の悪である 香子に取材を行い、結果として普段の双葉を誇したイメージで役作りに臨んだ。

光役柄

古典的スポ根テイストで送る『シンクロガールズ』における、「実はあるが部を離れていた、つきの不良ポジション役の水泳部長 黒沢あひる(演:露崎まひる)や、あひるを支える副部長 みなも(演:見純那)に次ぐキャラの一人。

かつては「白鳥村の人魚姫」と持て囃された期待の白鳥高校水泳部員だったが、2年次の区大会で所詮は井の中のであった自身の実を思い知り、周囲には何も告げずに水泳を辞めた。

何事にも反抗したいお年頃で、「もも」という可らしい名前を嫌って「MM(エムエム)」を自称したりと若干おかしな方向に荒んだ日々を送っていたが、3年の、村営白鳥プールの存続を賭けてシンクロナイズドスイミングに挑むことになったかつての水泳仲間あひるに巻き込まれる形で、共に最後のシンクロげることとなる。

色々あってひねくれてしまってはいるが根本的には友達想いの単純な性格であり、限の体限のしつこさ、そして無敵の“話を聞かなさ”を誇るあひる相手には根負けしてしまいがち。

光

太陽軍団真矢』の類とも言える、基本ACTに挑発付与を持つ前衛

挑発スキルを持つ役柄には、他者の視線・注を集めるようなタイプと、文字通り相手を挑発し意識を引き付けるタイプがあるが、スンクロナイズドスイミングのパフォーマーであり、同時に不良少女でもある天海ももはその両方と言えるかもしれない。

人数定攻撃の増加で「挑発」の有用性が注され始めた頃に実装されており、近い時期に実装された挑発である『チェシャ猫 恵比寿つかさ』とはそれぞれ「の通常防御」と「の特殊防御」という形で差別化されている一方、後に実装された『モナ・リザ 神楽ひかり』とは全く同じ「の通常防御 挑発」であり、オートスキルユニットスキルまで丸被りしているが、一応CAの性は攻撃サポートのなな、耐久キラめきサポートひかりという違いがある。

役としては堅実に高性なので、入手出来たならとりあえず育成しておいて損はない。

野獣 大場なな【☆☆☆☆】

紹介
今宵は二人だけの舞踏会。軽快な音楽に乗って繰り広げられる、美女と野獣ダンス。心を開いた野獣は、とても晴れやかな顔をしていた。『オープンキャンパス記念演』より
解説
バランスの良いステータス。暗闇状態の敵役に大ダメージを与えるクライマックスACTを所持。暗闇を付与する舞台少女ユニットを組むとよりを発揮する。
ステータス
属性 立ち位置
総合 5159 COST 12
HP 13609 ACTパワー 1620
通常防御 499 特殊防御 776
すばやさ 1233 ACTタイプ 特殊
※才していない状態での最高値
基本ACT
AP1 前から1番の敵に威(小)の攻撃
キラめきの AP2 前から1番の敵に威(小)の攻撃 自身のキラめきを(小)回復する
暗闇の AP3 前から1番の敵に威(大)の攻撃を行い、暗闇を付与する
クライマックスACT
ローズガーデン AP2 前から3体の敵に威(大)の攻撃を行う この攻撃は暗闇状態の敵役に特攻
ユニットスキル
属性舞台少女ACTパワーアップ 15%(※) クリティカルアップ 15%(※)
スキルLv MAX
オートスキル
RANK 1 [永続]与ダメージアップ 5%
RANK 4 [開幕時]不屈獲得 1回
RANK 9 [永続]有利属性ダメージアップ 10%
フィニッシュACT
フルムーンエニタイム 敵全体に属性の通常ダメージ

華
光

2019年10月18日11月3日にかけて行われたスタリラ1周年記念イベント『とつげき! となりのお稽古!』に合わせ、シーズンガチャ1st Anniversaryガチャ』にて実装された。音楽学園のオープンキャンパス演『~シンデレラ美女と野獣アマテラス~ここは躍る高天原!~』における野獣に扮した姿。

元より挑戦的な趣向の強いオープンキャンパス演だったが、今年度は脚本より先にキャストを選出し、キャスト自身の提案した役柄に合わせて脚本を執筆するという大胆な試みが行われる。

コンセプトを聞き、以前シークフェルトで観劇した『美女と野獣』に着した純那とななは、のレッスンルームが修期間に入った事もあり、シークフェルトへと直接導を受けに出向く事となる。

シークフェルトでの演当時に使っていたものを純那・なな用にアレンジした特別レッスンメニューという厚遇を受け、持ち前の表現からすぐに野獣という役を形にしながらも、自分が演じるべき「野獣」に今一歩足りないものを感じていたなな。 そんなとき雑談の中でシークフェルト版『美女と野獣』の稽古中に学園に迷い込んだチワワの逸話を聞いた事から、一つの閃きに至る。

ちなみに、非常にドレッシーなこの野獣には例によってやちよも関わっている。

光役柄

美女と野獣』というか全に『美女美女』なビジュアルとなっているのは元になったシークフェルト版の通りだが、そのキャラクター性は大きく異なる。野獣という醜い容姿は「自分の内面の表れ」という着眼点から、臆病で幼稚な内面を抱えた本作の野獣は、らしい子犬の姿となった。

それだけでも一般的な「野獣」とのギャップは中々のものだが、演じているのが子犬と呼ぶにはあまりに立な体の持ちであるななであるという点や、メタ的な視点を挟めば大場なな自身、大人びた体と大人になりきれない心というギャップを中核に据えられたキャラクターである点なども踏まえ、色んな意味でななにしか演じられない「独自の野獣」像に仕上がっている。

元々は使用人たちにも怖れられる傲慢だったが、魔女に姿を変えられたせいもあるのか野獣としての言動はほとんど幼い少年そのものである。一人称は「」。

胆で聡明なベル(演:見純那)と出会い、彼女に弱い自分をも受け入れる事を諭されながら、“優しくて、時々怖い”ベルの事を「お姉さんみたい」と次第に慕っていく。

姿形に囚われないを描いた「美女と野獣」であるが、そのの形もまた本作では恋愛に限らず友愛姉弟になぞらえているのかもしれない。おねショタいいぞ。

光

元になった『野獣 代晶』との共通点は属性ぐらいのもので、立ち位置、ACTタイプスキルまで全くの別物。

敵の状態異常に応じて特攻を得るというCA『ローズガーデン』は、むしろ4ヶほど先行して実装されていた特攻の『パンドラ 』に近く、自身では最前の1体までしか状態異常を付与できないが、CAでは最前3体までを対としているところも含め、「パンドラの暗闇版」と言えるスキル設計となっている。

単なるスリップダメージである「」と違い、「暗闇」は相手のhit率を70%下げる強マイナス効果ではあるのだが、その分複数体の敵に暗闇を付与する手段は少なく、また継続ターン数も短い傾向にあり、野獣ななのように他の舞台少女とのコンボを想定した性価を発揮するのはそれなりの難易度となる。

最前から3体以上に確実に暗闇を付与できるACTを持つ舞台少女には『 珠緒』と『ポルトス 露崎まひるアクセサリー装備)』がおり、どちらも属性シナジー含めてすこぶる相性がよい。

クリスマスのお七 大場なな【☆☆☆☆】

紹介
お江戸を駆け巡り、河で仕入れたを売りさばく腕のいい屋。西洋かぶれの格好をしてはいるが、彼女は生江戸っ子。お酒好きなのが玉に瑕。演クリスマス寄席 SHIBAHAMA』より
解説
クライマックスACTで自身に必中を付与し敵役全体を攻撃、一定確率でスタンを付与できる。攻撃に特化した舞台少女
ステータス
属性 立ち位置
総合 5081 COST 12
HP 13209 ACTパワー 1560
通常防御 604 特殊防御 765
すばやさ 1345 ACTタイプ 特殊
※才していない状態での最高値
基本ACT
AP1 前から1番の敵に威(小)の攻撃
キラめきの AP2 前から1番の敵に威(小)の攻撃 自身のキラめきを(小)回復する
勝利の歌 AP3 前から3体の敵を威(中)の攻撃を行い、味方全体にクリティカルアップを付与する。
クライマックスACT
バナナ号、発進! AP2 自身に必中を付与し、敵全体に威(大)の攻撃を行い、一定確率でスタンを付与する。

華
光

2019年12月13日~27日にかけて行われたクリスマスイベント『SHIBAHAMA ~少女たちのクリスマス落語~』に合わせ、シーズンガチャHappy Xmasガチャ』にて実装された。なお、「お七」は「おなな」と読む。

スタリラ1年の『サンタクロース 露崎まひる』『鼻のトナカイ 愛城華恋』に続き、2年クリスマスとして『クリスマスのお結々 田中ゆゆ』と共にサンタに身を包んだ姿。サンタまひる特定の演に則った衣というわけではなかったが、サンタゆゆ子・ななには明確な役柄が存在する。

友達付き合いにもあまり縁がなく、「クリスマスプレゼント」というものを人に送った経験のないゆゆ子が明館の面々への恩返しとして考えた、「自らが打つ落語の一席」というサプライズプレゼントに協する事になったななが、ゆゆ子、純那、まひると共に創り上げたクリスマス寄席『SHIBAHAMA』。

その名の通り人情物の古典落語として有名な『芝浜』を元にしたもので、等身大の自分たちで演じられるよう、役の夫婦姉妹という設定に変更された他、クリスマスに因んだアレンジも加えられており、ゆゆ子とななの二人芝居形式で上演された。

ちなみにゲーム内で実装された「三太九朗」の衣のお七がに浮かれて着込んだもので、に返った後は「このナリはなんだい! が着せたんだい? あたいだ! あたいの大馬鹿野郎っ!」と、わりとボロクソに言っており、本人的には立黒歴史である。でもかわいいので実装された。

光役柄

西洋趣味で伴連かぶれな江戸っ子で、棒手ふりの屋 お七。頼れる親や親戚もおらず、の お結々(演:田中ゆゆ子)と二人、江戸で細々と暮らしている。

屋としての腕は立つが、好きが災いして仕事をしくじった事から最近では勤めも投げやりで、の量と借ばかりが増える有様にも手を焼いている。

の事はとても大切に想っており、っ当な人生に戻りたいと考えつつもと怠け癖から抜け出せず、自堕落に過ごしていたあるクリスマス叩き起こされてに仕入れに出かけ、行き違いから持て余した時間を芝ので一して過ごしていた折、ふと見た辺で大の入った財布を拾ってしまい……人生の大きな転機が訪れる。

ちなみに役名である『お七』はゆゆ子が名付けたもので、「七転び八起き」という意味が込められている。

光

4アタッカーとしては特段高いとは言えないACTパワー値だが、オートスキルがひたすら威増強に特化しているため攻撃は高い。

ACT3『勝利の歌』によるユニット単位でのクリティカル率の底上げは、ユニットスキルによるクリティカルアップとも噛み合っており、パの要ともなり得る。

イベントシナリオには影も形も登場しない出所不明のバナナソリ(“伴連特製”らしい)で突撃するというのCA『大バナナ号、発進!』はコミカルな見たに反して普通に強

VSレヴューでは登場以来 敵全体への暗闇付与という悪性で猛威を奮った『 珠緒』へのメタを意識したような『必中』持ちの『属性』アタッカーであるが、を抜きにしても3hitの必中攻撃と言えば相手が重ね掛けした回避も容易に剥がしきる普遍的に有用なスキルであり、また2020年に入ってからも回避率や命中率に干渉する状態異常の台頭で必中の重要度は増すばかりであり、ついでのように備えている一定確率のスタン付与も中々いやらしい

とはいえ端的に言えばその性は「純なアタッカー」であり、強な妨スキルや防御スキルをねじ込み合う修羅VS上位環境において、やや地味な印は否めない。

マーリン 大場なな【☆☆☆☆】

紹介
アーサー王の助言者であり、卓越した魔と知識を持つ魔術師トリスタンの陰謀をいちく感知するも、彼の悲しみを知り苦悩。逡巡の末、黙過してしまう。
『失われた聖杯』より。
解説
高いACTパワーと高い威クライマックスACTを所持し、味方をサポートするACTも所持するバランスの良い舞台少女
ステータス
属性 立ち位置
総合 5012 COST 12
HP 11463 ACTパワー 1697
通常防御 652 特殊防御 445
すばやさ 1320 ACTタイプ 特殊
※才していない状態での最高値
基本ACT
キラめきの快気 AP2 味方全体の火傷を解除 火傷効を付与し、自身のキラめき(小)回復
キラめきの独奏 AP2 前から1番の敵に威(小)の攻撃 ACTパワーが高い2体の味方のキラめきを(小)回復する
気絶の輪舞曲 AP2 HP割合が低い敵2体に威(中)で攻撃を行い、一定確率でスタンを付与
クライマックスACT
二頭のの予言 AP2 ACTパワーが高い敵1体に威(大+)の攻撃 味方全体に毎ターンキラめき回復、毎ターンHP回復を付与
ユニットスキル
属性舞台少女ACTパワーアップ 15%(※) クリティカルアップ15%(※)
スキルLv MAX
オートスキル
RANK 1 [開幕時]味方全体に火傷効を付与 3ターン
RANK 4 [永続]有利属性ダメージアップ6%
RANK 9 [永続]クライマックスACTアップ 10%
フィニッシュACT
千億光年ソネット 敵全体に宙属性の通常ダメージ

華
光

2020年3月6日より開催された『チャレンジレヴュー応援キラめきフェス』にて新登場し、以降キラめきフェス限定舞台少女として実装された。劇中劇『失われた聖杯』におけるアーサー王の助言者 マーリンに扮した姿。

当該演に登場する円卓の騎士たちは皆チャレンジレヴューメダル報酬として実装されているため、関連キャラクターガチャ舞台少女となったのは『アーサー 愛城華恋』に続いて二人である。

背景となる演『失われた聖杯』と、その上演当時にで起こった『バウムクーヘン事件』なるエピソードは、イベントシナリオなどではなく、関連舞台少女たちのストーリーを通して描かれるという独特の形態を取っている。

光役柄

アーサー王(演:愛城華恋)からも厚い信頼を寄せられる、恐るべき眼と純な優しさを持つ魔術師マーリン

自らの水晶トリスタン(演:真矢)の邪悪な謀略を知ったマーリンは、しかし同時に彼が抱える深い悲しみに触れ、魔術理に制する事も言葉で説得する事も出来ないまま、ただ傍観にしてしまう。その憎悪の矛先が、が王へと向けられていると知りながら…。

これまでななが演じてきた役の中でも特に理知的で大人びた格を漂わせているが、一方で情に脆く、仲間の悲しみに寄り添うあまり冷静な判断が下せず苦悩していく姿は、やはりなならしい役と言うべきか。

騎士たちが役となる物語の中で、を扱えない代わりに魔術を奮う偉大なる魔術師…という設定なのだが、ゲーム的に言えば基本ACTの攻撃モーションは他の大場ななと共通のため、レヴューでは両手に構えたで直接敵に殴りかかるというかなり快な戦闘スタイルを見せる事になる。

キャラの動向を一歩引いて見守るイレギュラーな存在という立ち位置は、どこか第100祭『スタァライト』の『の導き手』を彷彿とさせる。

光

チャレンジレヴュー応援ガチャ出身だけあって、同時に実装された「チャレンジレヴュートリスタン編」の攻略を意識した性となっており、中でもオートスキルACT1により火傷をほぼ完封できる点は属性ウェイン相手の勝率の向上に大いに役立つ。

CAの『二頭のの予言』二刀流だけに) は大+の単体攻撃な上、ユニット全体へのキラめき/HP回復までついてるという至れり尽くせりぶりで安定したフィニッシュACTへの突入をサポートしており、チャレンジレヴューは元より長期戦を想定したボス戦全般で非常に優秀な性

基本ACTは3つともAP2という取り回しの良さで、AP2にもかかわらず2体同時に攻撃できるACT3や高パワーの敵を狙い撃ちするCAなど、取り巻きがくっついてるタイプボス戦でも器用に立ち回れるあたりなんとも気が利いている。

ちなみにこの宙属性マーリン実装で、大場ななは全7属性全てでレヴュー実装された初の舞台少女となった。

舞台少女 大場なな【☆☆☆☆】

紹介
演者と裏方、どちらにも非な才を発揮する舞台少女。99期生みんなのことが大好きで、手作り料理を差し入れることも多い。特にバナナを使ったスイーツが絶品。
解説
ターゲット固定や挑発、無敵などを視する強な全体攻撃クライマックスACTを所持する舞台少女
ステータス
属性 立ち位置
総合 5593 COST 12
HP 18360 ACTパワー 1503
通常防御 1189 特殊防御 516
すばやさ 1004 ACTタイプ 通常
※才していない状態での最高値
基本ACT
AP2 前から1番の敵に威(中+)の攻撃
奮起の AP3 前から1番の敵に威(大)の攻撃を行い、味方全体にACTパワーアップを付与する
呼応の AP3 前から1番の敵に威(大)のを行い、味方全体のキラめきを少し回復する
クライマックスACT
私が守るの、ずっと何度でも AP2 敵全体に威(大)の必中攻撃を行う この攻撃はターゲット固定、挑発、バリア、反射、無敵視する
ユニットスキル
音楽学園のACTパワーアップ 50%(※) クリティカルアップ 50%(※)
スキルLv MAX
オートスキル
RANK 1 [永続]ストップ耐性100
RANK 4 [開幕時]不屈獲得 1回
RANK 9 [開幕時]味方全体にACTパワーアップ 20% 3ターンを付与
フィニッシュACT
ゆけばヘヴン 敵全体に属性の通常ダメージ

華
光

2020年6月1日開催の『キラめきフェス』にて6月15日までピックアップされ、以降キラめきフェス限定舞台少女として実装された。

同じタイミングで開催されたイベント『再演 別れの戦記』のボス戦にて特効が与えられていたが、イベントシナリオにこの姿のななは登場せず、関連ボイスでも当該イベントへの言及は特にい。強いて言えば「再演」というキーワードぐらいのもの。

背景となる演イベントストーリーを持たない、舞台少女自身をモチーフとした『舞台少女 〇〇』シリーズの第一弾。 4レヴューとはなんだったのか。

3Dモデル及びLive2Dモデルレヴューのものと共通だが、イラストや各種ボイスは一新されており、もちろんゲーム内での性も大きく異なる。

関連ボイステレビアニメ版や実装時点までのスタリラストーリーを踏襲したものとなっており、アニメ版の名シーン再現したCA演出など、大場ななという舞台少女の集大成といった趣が強い。

実装されたのが、新型コロナウィルスの影で延期となってしまったテレビアニメ版の再生総集編ロンド・ロンド・ロンド』の開予定日の3日後だったことを考えると、本来は映画の宣伝に絡めて登場予定だったのかも知れない。

実際8月7日に『ロンド・ロンド・ロンド』が開された際には、めてピックアップガチャが開催された。

光

ゼウス 真矢』や『桃太郎 珠緒』という、相手の継続プラス効果を解除しながら強な全体攻撃を叩き込む舞台少女VSレヴュー環境を席捲して久しい中実装され、それらとは似て非なる性のCA『私が守るの、ずっと何度でも』を備える。

ゼウスらの弱点であったターゲット固定や命中率ダウンしている一方で、対抗できるプラス効果が名しになっているため、カウンターヒールや退場回避といった延命策には対応できない他、状態異常の「解除」ではなく「視」であるため、後に続く攻撃を同じように通す事も出来ない(バリアや回避を剥がす事は出来るが)。また、ゼウスらと同様に自身がスタンや混乱などを付与されていた場合には普通に不発してしまう事もある。

突破に関してはゼウスらより優れた部分があるものの、やはりあらゆる継続プラス効果をに帰すゼウスらの圧倒的な汎用性とべるとやや見劣りする感がある。とはいえ舞台少女ななのもう一つの特性は、所属校のみを参照するゆる対に最大でACTパワーアップ50%という破格の強化を施すユニットスキルを始め、AS3やACT2も合わせた特盛バフであり、ゼウスと競合するというよりは並べて一緒に殴らせる方がシンプルに向いているかもしれない。

それにしても「私が守る」と言いつつ、防御の事など一切考慮せずゴリゴリを研いでいく姿はなんとも…。

幸福の王子 大場なな【☆☆☆☆】

紹介
逝した王子を悼んで作られた像は、短くも豊かだった彼の生涯を現し『幸福の王子』と呼ばれた。だが像に宿った王子に映るは、不幸に溢れていた。
幸福の王子』より
解説
サポートに特化した舞台少女状態異常を解除し味方の攻撃をスムーズに発動させ、HP回復できる。
ステータス
属性 立ち位置
総合 5468 COST 12
HP 16234 ACTパワー 1574
通常防御 589 特殊防御 899
すばやさ 1345 ACTタイプ 特殊
※才していない状態での最高値
基本ACT
キラめきの AP2 前から1番の敵を威(小)で攻撃 自身のキラめき(小)回復
ルビー AP3 前から1番の敵に威(大)の攻撃を行い、後ろから3体の味方の継続マイナス効果を解除する
サファイア AP3 前から1番の敵に威(大)の攻撃を行い、HP割合が低い2体の味方のHP回復する
クライマックスACT
幸福の使者 AP2 前から3体の敵に威(大)の攻撃を行い、後ろから3体の味方にマイナス効果耐性を付与する
ユニットスキル
立ち位置中の舞台少女ACTパワーアップ 30%(※) クリティカルアップ 30%(※)
スキルLv MAX
オートスキル
RANK 1 [開幕時]不屈獲得 1回
RANK 4 [開幕時]回避獲得 1回
RANK 9 [開幕時]味方全体に特殊防御アップ 20% 3ターンを付与
フィニッシュACT
魅惑の 敵全体に属性の通常ダメージ

華
光

ななの誕生日である2020年7月12日~15日にかけて開催された『大場なな Happy Birthday プレミアムガチャ』にてピックアップされ、以降プレミアムガチャ限定舞台少女として実装された。

キャスト自身が提案したテーマに合わせた衣実装する2020年誕生日企画の13人にあたる。

以下は提案した本人からのコメント

なちゃんのレヴューが以前からよく王子様っぽいよねと言われていたんですが、せっかくならちゃんとズボン姿の王子様がみたいと思い選びました!

純那と共に臨む朗読劇の課題演幸福の王子』で役を演じる事となったなな。

バッドエンドは大嫌い」でお染みの大場ななは幼い頃からこの物語を苦手とし、遠ざけていたが、純那と共に原典を含めた物語に深く触れる中で、慈の心を分かち合った王子ツバメの間には確かに幸福と救いがあった事に気付き、めて幸福の王子を演じ切る意思を固める。

また、苦手と言いつつも人々の幸福の為に身を削って尽くす王子の在り方そのものには尊敬を抱き、自らもその精に近づきたいとすらっている。頼むからその辺は程々にしてほしい。

光役柄

人知れず生前の王子本人の魂が宿った、煌びやかで奢な『幸福の王子』の像。

その瞳に映る井の現実の胸を痛めながらも自ら動く事が出来ない王子は、友達となったツバメ(演:見純那)の協で自らを飾る宝飾品を貧しい人々に分け与える。そんな事を繰り返し なんとか一部の人間を救う事は出来たが、引き換えにかつてのかしい王子像とはかけ離れたみすぼらしい姿となり、の寒さで死んだツバメの後を追うように人々の手で解体される。その後、の遣いにより楽園へと導かれた王子ツバメは幸福の時を過ごすのだった。

淡々と落ち着いたり口はどこか非人間的な雰囲気を感じさせるが、それが像に魂を宿した結果なのか生前からのものなのかは不明。

落ち着いた物という意味ではマーリンに近いものがあるが、彼とべるとやはり少々幼げである。

光

基本ACTサファイアき』と『ルビーき』によるHP回復マイナス効果解除、クライマックスACT『幸福の使者』によるマイナス耐性の付与という継戦の高さが特徴。

長期戦向きの性を考えると一部の状態異常を駆使するボス戦でこそ価を発揮しそうだが、どんな状態異常ブチこまれるか分かったものではないVSレヴューにおいてもサポート役としての採用は一考に値する。

また『属性』『特殊』『中衛』『』というスペックユニットスキルの参照対として汎用性が高く、自身も中衛攻撃強化のユニットスキルを備えているため、様々なテーマ編成での出番が見込める。

映画版

2020年8月7日より開された映画第1作の再生総集編ロンド・ロンド・ロンド』ではプロモーションの中心に据えられており、劇中ではある種 物語外の存在として、ストーリーラーのような役割を務めている。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 50ななしのよっしん

    2020/08/22(土) 21:34:43 ID: 3hAz5e596f

    黄色くてお姉さんで強くて暴走すると厄介……
    もしかして:

  • 51ななしのよっしん

    2020/09/01(火) 18:55:24 ID: i7s1gF66Bt

    >>25
    まひるの場合は途中から依存心の方が強くなったからじゃないかな?

  • 52ななしのよっしん

    2021/04/15(木) 19:13:50 ID: Q4j70lsehq

    職場で「バナナイス♪」って言いまくってるけど反応ないんだよなぁ…

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/18(火) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/18(火) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP