大学 単語

724件

ダイガク

3.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

大学とは、日本人に与えられた、最後のモラトリアム期間である。

所属し教育を受ける者は学生大学生とも呼ばれる。生徒ではない[1]

定義

学校教育法第83条には、「学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的を展開させることを的とする」学校となっている。

また第83条第2項には、「その的を実現するための教育研究を行い、その成果を広く社会提供することにより、社会の発展に寄与するものとする」と書かれている。

このことから大学の基本的役割は「教育」、「研究」、「社会貢献」の3つが挙げられるだろう。

入学

大学へ入学するためには試験を受けなければならない。

入学試験には様々な方法があるので、よく考えておくべきだろう。

試験は一般入試推薦入試に分けることができる。また最近ではAO入試という新たな入試方法もある。

一般入試

多くは筆記試験などを行うが、学部学科によっては実技を課す場合もある。

公立大学では、センター試験が必要となり、センターの結果により二次試験に進めるか否かが決定してしまう場合がある(通称:足切り)。

私立大学では、多様な入試方法が取られているが、3教科入試理系だと4教科もあり)が一般的である。

それ以外であると1~2教科もあるが、一部からは軽量入試批判されることもある。

また私立大学でもセンター試験を導入しているところがある。というよりほとんどの大学でセンター入試を導入していたりする。これはセンター試験の点数の結果で合否が決定するものである。センター試験を導入していない大学で有名なところというと上智大学学習院大学が挙げられる。

推薦入試

推薦入試では大きく分けると指定校推薦募制推薦がある。

推薦入試においては、必ずといってよいほど、基準が設けられている。

具体的には定校だと「評定均値4.0以上」などがそれである。

募制推薦の具体例としてはスポーツ推薦や一芸入試などがある。

とある分野に秀でた人間を募るもので、スポーツ推薦は体育系大学だけでなく、有名私立大学でも取り入れている。

大学生活

大学は一般的に4年間である(医医は6年)。もちろん留年しなければの話だけどね・・・

大抵は18~19歳の人間が大学1年生になるが、浪人社会人を経て入学した人間の中には、30代で入学といったケースもある。

部活動サークルに精を出す者や学業に専念する者、資格や就職のための勉強をしたり、ボランティア活動といった社会的活動をしたりする者など様々である。

大学3年頃になると、いと頃から 就職活動 を開始する学生が出てくる。または進学のための準備などもこの頃から本格的になってくる。

自由

とにかく大学は自由である。
(条件さえ満たしていれば)から授業に出たり欠席しても問題ない。

しかしその自由ゆえに、自分で考えや行動を示さなければならないというのが出てくるだろう。

基本的に「在学中は、大学の授業をいくら受けても追加料は取られない」ため「単位取得さえすればいくらサボってもOK」と勘違いしていると大損しているかもしれない。もちろん出席日数が足りなければ…お察しください。

一般的に文系理系大学生活は大きく異なる。

文系

一部の大学や学部学科を除き、較的授業のコマ数が多くなく、残りの時間をサークル活動やアルバイトなど、自分のために費やすことができる。こうして彼らは人生夏休み謳歌するのである。

しかし、あまりにも学業以外のことに費やし過ぎると、単位を落とすはめになるので注意が必要。

学系は較的厳しい傾向にある。一方法学部経済学部など社会科学系の学部は較的楽と言われている。論大学にもよるので一概には言えないのだが。

理系

実験やそのレポート、それから課題など、学業に費やす時間が多くなる。これらに試験が重なると遊ぶ時間はおろか寝る時間もないような状態に陥ることがある。

卒業研究においては、研究室によっては8時~9時から深夜11時12時まで籠ることがあり、場合によっては研究室に寝泊まりすることもある。また進級の基準が厳しく、容赦なく留年させられるケースも生じる。

特に医系は厳しいことで知られている。

現状

現在大学を取り巻く状況は厳しい。

大学進学率自体は増加しているが、その人数が少子化ので減少しているからである。

有名・難関と言われる大学は研究学生集めで内外の大学との競争を強いられ、名校・小規模校・新設校は、学生の多くを大規模校や有名な学校に取 られてしまうため、学生集めや大学の運営が難しくなり、定員割れに陥ったり、最悪の場合募集停止に陥ることもある。

詳しくは大学全入時代を参照されたし。

犯罪・トラブル

友人元・地元を離れて一人暮らしなど、孤独な新入生に妙に優しく接近してきたり、無知な新入生を狙った詐欺、怪しい組織団体、新興宗教の勧誘・洗脳もあるため要注意。孤独人間の心の隙間に入り込んでくるのは常套手段である。大学によっては注意喚起が行われている。(偽装サークル

もはやサークルなどどうでもよく、女の子を飲ませて性行為に及ぶ事例もある。(ヤリサー

単位が欲しいからと他人に出席記録の偽装を依頼する代返も問題になっている。

その他、SNSの普及によってバイトテロバカッター、迷惑行為でバズるどころか炎上特定されて人生を台しにする方々もいる。(大学生に限らないが…)悪い意味で顔や名前が有名になってしまい、採用してくれる企業い、採用取消しなど。

アルバイト就職活動においては、若者無知を最大限に利用する悪徳企業も多く、事前情報収集や相手の言い分をみにしないといった対策が必要となる。単純に名前だけで役に立たない資格も盲点になりがち。

近年は簡単に大が手に入ると謳う闇バイトに手を出し自滅する学生も出てきた。

※詳細はそれぞれ該当項目を参照

その他

広い敷地面積や講堂、多数の教室数をもつ大学においては各種イベント・講演・資格試験などの会場に使われたり、災害時においては避難場所として利用される場合もある。

一部の大学図書館は在校生以外でも一定の条件の上で入館可な場合もある。

名大学・難関大学を卒業したので、実社会一流企業で通用するか?といえば別の話であるが、有名大学卒というだけで周囲が勝手に評価がめられてしまう(優秀だと勘違いされる)ものは「ハロー効果」とも呼ばれる。(→認知バイアス[2]

フィクションにおける大学

高校生以下が主人公な場合など、兄弟姉妹先輩(年上キャラ)が在籍している設定として用いられる場合も多い。また基本的には制服がないため私服センスが出やすい。

給料が出る大学

警察大学校、消防大学校、防衛大学校自衛隊)、上保安大学校(海上保安庁)など
授業料(学費)が不要どころか給料がもらえる大学もある。

…ただし圧倒的に自由がない、むしろ地獄のような毎日(組織の幹部育成が的のため)

卒業すれば初期段階から階級・給与のある国家公務員&幹部要員になれるといったメリットはある。

日本国における平均的な大学生の生活

平均的でない例

彼らは四年という長いようで短い期間を有意義に過ごした、尊敬すべき人々であるといえよう。

関連コミュニティ

関連項目


小学校 / 中学校 / 高校 / 大学 - 専門学校 - 大学院 / 就職活動

脚注

  1. *学校教育法では、高等教育を受けている者、大学・高等専門学校に在籍する者のこと
  2. *優秀ならできて当たり前、「××卒なのに」など、勝手にハードルが上げられてしまうデメリットがある。
この記事を編集する
関連記事

子記事

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/19(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/19(金) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP