大山康晴単語

オオヤマヤスハル

  • 7
  • 0
掲示板をみる(73)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

大山康晴とは、将棋棋士である(故人)。十五世名人・永世十段・永世棋聖・永世王位・永世王将

系譜

木見治郎門下。

兄弟子は、村上一、中井捨吉、大野一、角田三男、上田三三、升田幸三山中和正、西本橋本三治、二見敬三。

子に、市川伸、有吉道夫中田功(更にその子に佐藤天彦)、行方尚史がいる。

概要

1923年生まれ。十五世名人タイトル80期。棋士番号26。岡山県倉敷市出身。

あまりの強さ故、書き出すとキリがないので詳しい成績などについてはwikipediaexitなどで確認して下さい。

記録は破られる為にあるが、この人の作った記録はどれも異常
その中でも下記2の記録は当面破られないと思われる。

・連続A級以上在位44
(現在継続中の記録では羽生善治22期。現役棋士での最長記録は谷川浩司32期。(73現在))

・連続タイトル戦登場50期(10年以上に渡って全てのタイトル戦は大山かだった)
(2位羽生善治23期、3位中原誠が11期。)

・A級在位最高年齢69歳
 しかもそのまま病没したので、A級に上がってからは一度も陥落していない。

・最年長タイトル奪取(56歳)、最年長タイトル保持(59歳)、最年長タイトル挑戦(66歳)

更にタイトル占有率は羽生善治以上であり、当時7大タイトルがあったらとっくに100期以上タイトル保有したともいわれている。

また、棋士としての強さ以上に凄まじいのが、棋士活動をしながら、有吉道夫九段、行方尚史八段など優秀な子を何人も育て、更に将棋界普及のために連盟会長も務めていたことである。倉敷という女流タイトル戦は大山康晴の活躍に因んで開催されているものであるなど、将棋女性への普及活動にも貢献している。

その一方でささやき戦術などの盤外戦術も得意としており、勝負に対する貪欲さ、狡猾さもあった(中原誠にはそれが通じなかったらしい)。

趣味囲碁麻雀などあらゆるゲームを嗜んだ。更に知られていないが、チェス日本チャンピオンになったこともあり、シャンチーの普及も務めていた。

棋風

相手に攻めるだけ攻めさせ、受けきってしまう「受け潰し」が棋として有名。そして、振り飛車党史上最強棋士でもあり、特に大山流四間飛は難攻不落の戦法として脅威となっていた。そのため、振り飛車=守り重視の受け将棋というイメージが付いてしまったぐらいである(特に氏が得意としていた四間飛については、ガチガチの守り将棋と言われていた)。そして、終盤も卓越しており、NHK杯の解説では、盤面を全て頭に記憶した上で、鮮やかな攻め筋を解説していたなど全てにおいて規格外であった。

受け潰しが顕著に現れる棋譜を動画にしたものが投稿されると、見たで重々しい手の数々が、逆に絶妙の奇手となり、めて評価されている。

に飛をためらいなく打つなど、持ち駒を惜しげもく投入する様は「大山建設」とも形容され、
受けきった時には受ける前より硬くなっていたこともしばしばである。

大山のテーマ

ある投稿者の棋譜動画にて、受け潰しが始まる際に特定デジタルミュージックが流れていた。
テクニカルな曲調に、テクニカルな受け潰しがマッチしたのか、いつしか「大山のテーマ」と
呼ばれるようになっていった。

その動画は、2012年日本将棋連盟による棋譜動画の大量削除騒動によって削除されたため、
現在ではテーマの認知度は低下しているが、この音フリーであるため、下記の
関連リンク先より、現在も試聴することは可である。

関連動画

対局や解説など

目薬のCF

関連商品


関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/24(土) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/24(土) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP