今注目のニュース
優しい救助者に感謝! 木の穴に頭からスッポリとハマって抜けなくなってしまった猫ちゃん
探索型2Dアクションゲームの名作『オリとくらやみの森』がNintendo Switchで配信決定。新規ワールドが登場する「Definitive Edition」が9月にリリース
東北道・蓮田SAでトラック運転手が立ちション 運送会社は「あり得ない」

大杉勝男単語

オオスギカツオ

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

大杉勝男(1945年3月5日1992年4月30日)とは、東映フライヤーズヤクルトスワローズに所属していた元プロ野球選手である。

通称は「に向かって打った男」「かすみ」など。

通算本塁打数歴代9位、通算打点数歴代9位。

概要

3兄弟の次男として生まれ、4歳年上のに影され野球を始めるが、のちにそのを病で亡くす。
大杉が出場した甲子園に憧れ、練習を重ねるが大杉自身は甲子園出場に出場することはわなかった。
高校卒業後、デパート丸井に就職し、午前中は倉庫番、午後はグラウンドで練習という日々を送っていたが大杉が入部して一年チームは解散、途方に暮れる大杉チーム監督の勧めで東映テストを受ける。

テストは散々だったが当時の監督原茂は大杉の獲得を決め、一年から積極的に起用した。
そして三年67年には134試合に出場し27本塁打81打点と成長を見せレギュラーを獲得、68年には後述の飯島コーチの言葉を受けてコツをつかんだ大杉はこの年34本塁打30本の大台を突破、70年には44本塁打129打点の成績で初の本塁打王打点王にく、なおこの年は打率も.339と高い値を残すが同僚の張本勲が当時の日本記録である打率.383を記録したため首位打者並びに三冠王は達成できなかった。

71年はマークもやや厳しくなりリーグ最多の18敬遠を受けるが大杉はそれすら何ともいかのように打ちまくり、5月3日ロッテ戦では世界記録となる5者連続本塁打の5人の打者として本塁打を放つなどの活躍を見せ、41本塁打で再び本塁打王いた他、リーグ最多安打も記録している。(打点王は門田博光が獲得)

72年も間15本塁打を記録するなど大暴れで三度本塁打王も確実視されていたが、ライバル長池徳二が残り1試合で39本だった本塁打シーズン終戦で2本も放ち計41本塁打40本塁打だった大杉は逆転されてしまったため、この年は101打点を記録した打点王のみの獲得となった。

73年は3年連続で続いていた40本塁打が途切れ、74年は打率.234,22本塁打90打点とそれまでの大杉べると考えられない程の不振に陥ってしまう。球団の親会社は前年オフ日本ハムに変わっており、東映カラーの払拭をフロント選手の大量放出を断行する。大杉も例外ではなく、内田順三・小田義人とのトレードでヤクルトスワローズに移籍することになった。

ヤクルト一年75年は当時の監督であった荒川博の導が合わず、打率.237,13本塁打54打点と結果を残せずにいたが、この状況を打開するために大杉は打撃投手が怯えるほどのの形相で猛練習を重ね、76年は打率.300,29本塁打93打点と見事な復活を遂げる。

77年からは新監督に就任した広達朗の元、東映時代の振り回すバッティングから確実性を意識したバッティングに変更し、本塁打こそ31本だが打率は.329と高い数値を維持、そして78年、大杉は開幕から四番に座り勝負強い打撃でチームを引っり、チームは開幕から129試合連続得点という記録を打ち立てて初優勝、大杉打率.327,30本塁打97打点という成績を残すがMVPは同僚の若松勉に譲った。
日本シリーズでは上田利治監督率いる阪急ブレーブスと対戦、大杉は第2戦・第5戦に本塁打を放ち勝利に貢献、そしてお互い3勝3敗で迎えた第7戦、大杉は6回に阪急足立光宏からレフトポール際に飛ぶ本塁打を放つがこれに阪急上田監督が1時間19分に渡る猛抗議、結局本塁打の判定は覆らなかったもののこれに怒った大杉は8回に再びレフトに、今度は文句なしの本塁打を放ちヤクルト日本一を決め、シリーズ4本塁打10打点の活躍で最優秀選手に選ばれた。

その後は本塁打は減ったが、打率は高い数値を残し、81年には.343という自己最高の数値を残している。(首位打者は.358を記録した藤田平が獲得。)
83年にはリーグ1000安打を達成、そして両リーグ200本塁打の記録まであと1本というところまで迫っていたが、持病の不整脈が悪化した他、夫人が入院生活を送っていたこともあり引退を決意(ただし引退については当時の監督であった武上四郎との確執が原因とする説もある)、引退試合のあいさつでは「あと1本と迫っておりました両リーグ200本塁打、この1本を皆様の夢の中で打たして頂きますれば、これにすぐる喜びはありません。」という言葉を残したほか、「さりし夢 宮のに かすみという句を詠んでいる。

引退後は90年に横浜大洋ホエールズの打撃コーチに就任するが、91年にガンに侵されていることが判明し退団。
大杉は将来のホエールズ(ベイスターズ監督の有補であり、もし病に倒れなければいつかは監督になっていたと言われている。

1992年大杉肝臓ガンによりわずか47歳という若さで死去、名球会メンバーで最も若くそしてくに亡くなってしまい、ヤクルト時代の同僚だった大矢明彦プロ野球ニュースにて涙を流していた。

1997年野球殿堂入り

月に向かって打て

1968年9月6日東京オリオンズ戦、この日の大杉は第4打席まで安打と結果を残せないまま試合は1-1のまま延長戦に突入、延長11回裏に打席が回ってきた大杉東映の打撃コーチだった飯島滋弥はに向かって打て」というアドバイスを送る。
このアドバイスはアッパースイングで振り遅れが立った大杉のバッティングを端正しようとしたときに出たもので、弾丸ライナーを打つのにちょうどいい位置にがあったためそのように表現したと言われている。
このアドバイスを受けた直後の打席ではライトフライに倒れるが、この言葉でコツをつかんだ大杉はこの年から30本塁打を6年連続で続ける強打者に成長し、この言葉は大杉を代表するエピソードとなる。

人物・プレースタイル

グラウンドの上では奮しやすいのかとにかく喧く、以下のようなエピソードが残っている。

大杉勝男の武勇伝?

・・・という以上のようなエピソードだけをみればただの強化清原暴れん坊であるが、普段の大杉ファンに優しくホームランを打った後に観客に向けて投げキッスをするなどのパフォーマンスで常にファンからされていた選手でもある。
またとしても知られており、大杉が生前書いていた日記のほとんどは妻にあてたもので、スランプに陥れば妻も世間から責められるからと奮起したり、ヤクルトが初優勝した時は他の選手と違い、っ先に妻の待つに帰ったりと、とても妻を大事に思っていたことがうかがえる。

東映時代の打撃スタイルは持ち前のパワーで長打を量産する代わりに三振も多い(成長途上の67年・68年は最多三振を記録)荒っぽいスタイルだったが、ヤクルトでは長打が減ったかわりに確実性を上げたスタイルに変更、東映時代の通算打率は0.281だがヤクルト時代では0.294と上昇している。

年度別成績

年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
1965年 東映
日拓
日本ハム
60 113 104 7 20 5 1 1 13 0 1 2 5 1 23 3 .192 .232
1966年 101 203 186 29 50 6 1 8 28 1 2 3 7 5 29 1 .269 .308
1967年 134 552 491 64 143 25 1 27 81 1 4 3 46 8 107 11 .291 .359
1968年 133 536 476 76 114 17 1 34 89 4 1 3 51 5 106 15 .239 .318
1969年 130 548 495 71 141 22 2 36 99 3 0 3 43 7 77 16 .285 .349
1970年 130 556 492 84 167 27 2 44 129 5 0 15 44 5 61 18 .339 .388
1971年 130 562 489 74 154 17 1 41 104 7 0 4 63 6 65 15 .315 .397
1972年 130 559 492 81 145 18 1 40 101 0 0 2 57 8 58 21 .295 .376
1973年 130 548 478 74 129 14 1 34 85 3 0 7 59 4 73 12 .270 .350
1974年 130 521 461 54 108 14 0 22 90 4 0 8 48 4 56 21 .234 .307
1975年 ヤクルト 115 431 389 42 92 9 1 13 54 1 3 4 30 5 64 13 .237 .297
1976年 121 466 423 62 127 21 1 29 93 0 0 3 35 5 43 19 .300 .358
1977年 123 505 453 62 149 19 1 31 104 0 0 8 37 7 65 16 .329 .382
1978年 125 516 462 73 151 17 0 30 97 0 0 3 47 4 51 27 .327 .391
1979年 118 456 413 46 100 18 0 17 68 1 0 2 38 3 74 10 .242 .309
1980年 118 462 425 52 128 19 1 21 82 0 0 7 27 3 42 14 .301 .342
1981年 120 453 414 59 142 21 2 20 78 1 0 4 33 2 43 12 .343 .391
1982年 88 324 298 30 84 11 0 17 59 1 0 4 22 0 39 11 .282 .327
1983年 99 349 322 40 84 6 2 21 53 0 0 1 23 3 40 11 .261 .315
NPB:19年 2235 8660 7763 1080 2228 306 19 486 1507 32 11 86 715 85 1116 266 .287 .350

文字リーグ最高。文字リーグワースト。背景NPB記録。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2017/08/04(金) 00:56:15 ID: 6RWODbLoOl

    誰だ松山って
    そんな編集者履歴にないが

  • 10ななしのよっしん

    2017/09/22(金) 23:01:18 ID: Lun3McqH22

    一撃で外人殴り倒したのってこの人くらいじゃないかね

  • 11ななしのよっしん

    2019/04/11(木) 21:48:07 ID: +/xHSLdmSA

    個人的にすごいのは有名な大門広島アレンと逃走劇の時、現役引退して持病持ちにも関わらず現役の外人選手相手に取っ組み合いやってるんだよね
    どうしても大門の逃げる顔が有名になっちゃうんだけどね

急上昇ワード

最終更新:2019/08/20(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/20(火) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP