今注目のニュース
関わりのない人から嫌われる、という意味不明な状況 「挨拶しても無視されて憂鬱…」
「違和感全くなし」「なにしてもハマる」 木梨憲武の“職業なりきり写真”シリーズが日常に溶け込みすぎと話題に
異常な“タピオカブーム”に潜む恐怖…「腹痛」「便秘」「激太り」

大槻ケンヂ単語

オオツキケンヂ

掲示板をみる(145)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

大槻ケンヂとは、ロックバンド筋肉少女帯」「特撮」のボーカリストロッカー、作詞小説家エッセイストである。

概要

通称「オーケン」。左を軸にして、顔に縦横の割れ目のようなメイクをしているのでもお染み。

1966年2月6日東京都中野区生まれ。

1982年に「筋肉少年少女隊」(現:筋肉少女帯)を結成。ボーカル作詞を担当し、その独特の世界観から注される。また、「有頂天」「たま」「人生(後の電気グルーヴ)」らが所属していたナゴムレコードインディーズブームバンドブームに乗り、「高木ブー伝説」が自回収されるなどの注も集まったこともあって、1988年に「仏陀L」でメジャーデビューする。

インディーズブームバンドブームが去った後も固定ファンを獲得し乗り越え、小説の執筆やUFO超能力などのオカルトへの言及など様々な分野に進出した。

近年では「さよなら絶望先生シリーズのOPテーマ曲「人として軸がぶれている」「空想ルンバ」「林檎もぎれビーム!」の提供サントラへの楽曲提供小林ゆう画伯の「ご飯」など)も行っている。

影響

サブカルチャー全体に与えた影が実はとても大きい人物である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/16(日) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/16(日) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP