大母音推移単語

ダイボインスイイ

1.1千文字の記事
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

大母音推移(英語Great Vowel Shift)とは、オットー・イェスペルセンによって命名された現で、英語史上において、15世紀初頭から16世紀にかけて、即ち中英語期の末期から近代英語期に、イングランド内の全方言で起こった音韻変化である。中英語期に長音だった音がこの期間に一斉に上げ(rising)を起こし、これ以上上がりようのない長挟音は割れ(breaking)を起こした。

なお、この変化が進行している間に、活版印刷が普及してり字の固定化が始まり、現代英語りにおける不規則性の最大の要因となっているとされる。

概要

英語において長音は短音と対応する形で、/iː eː ɛː aː ɔː oː uː/の七つが存在していた。これらの内、三角形の上部/iː uː/が最初に割れを起こし、次いで、その下段にあった半挟音/eː oː/が上昇を起こした。この二つは1550年頃までに変化を終えた。その後数十年して下段の/ɛː aː ɔː/が変化を開始し、18世紀に至るまで変化が継続した。

14世紀 15世紀 16世 17世紀 現代
i(i) /iː/ /ɪi/ > /ei/ /ɛi/ > /əɪ/ /aɪ/ /aɪ/ rise
ee /eː/ /iː/ /iː/ /iː/ /iː/ keep
ea /ɛː/ /e̞ː/ /eː/ // // eat
a /aː/ /aː/ /æː/ > /ɛː/ /eː/ /eɪ/ cake
oa /ɔː/ /ɔː/ /oː/ /oː/ /oʊ/ > /əʊ/ boat
oo /oː/ /uː/ /uː/ /uː/ /uː/ foot
(o)u /uː/ /ʊu/ > /ou/ /ɔu/ > /əʊ/ /aʊ/ /aʊ/ out

また、北部方言スコットランドではこれとは少し違った変化が進行した。北部においては、/oː/が前舌音化して/øː/となりこの状態で大母音推移が起こった。このため、/iː/は割れを起こしたが、/uː/は割れを起こさず、/eː/ /øː/が続いて上昇を起こして、/iː/ /yː/となった後、/yː/は/iː/に合流している。このため、中英語期に後舌音であったに関して南部方言と出結果が異なる状態となっている。

eaのりに着すると、clean, teach, steam などは/iː/となっているのに、break, great, steakは上昇が/eː/で止まった後、/eɪ/となっているなど、単によって差異がある。

こうした差は方言間でも見られるほか、方言内でもどの単が変化を起こしているのかが一定でないこともある。

関連動画

大母音推移に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

大母音推移に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

大母音推移に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2020/12/09(水) 01:51:13 ID: BSbWKKzAC7

    英語版Wikipediaかなんかで、これが起こった理由の説として
    フランス語っぽく聞こえないように良した」とか書いてあるのを見て吹いた覚えがある

  • 2ななしのよっしん

    2021/06/17(木) 20:25:48 ID: uUVssB6WIA

    正しい発音は~って英語を持ち出してくるやつ多いけど、大抵の場合そのままローマ字読みした方が大抵ので正しい発音だよな
    英語が一番異端なんよ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/21(火) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/21(火) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP