今注目のニュース
アニメ『盾の勇者の成り上がり』舞台化決定 来春に大阪&東京で上演
怖すぎ!9月11日、ニューヨーク行きの便で「目的不明の謎の男」が勾留されていた!
家族が寝静まるとやってしまう行動に罪悪感 「今晩こそは…」

大藤直樹単語

オオフジナオキ

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「大藤直樹」(おおふじ・なおき)とは、東映スーパー戦隊シリーズ鳥人戦隊ジェットマン」の「ブラックコンドル」役や「五星戦隊ダイレンジャー」の「リュウレンジャー」役で知られるアクション俳優スタントマンである。

概要

1965(昭和40)年8月5日生まれ。

ジャパンアクションクラブ(現:JAE)に所属して、「光戦隊マスクマン」の1話限定追加戦士X1マスク」役や、続くスーパー戦隊シリーズの敵キャラスーツアクターを担当後、「地球戦隊ファイブマン」~「恐竜戦隊ジュウレンジャー」、「超力戦隊オーレンジャー」、「星獣戦隊ギンガマン」でブラック役を務めた。また、「百獣戦隊ガオレンジャー」「獣電戦隊キョウリュウジャー」では追加戦士を務めた。

ブラックコンドル」を演じた「鳥人戦隊ジェットマン」では、ブラックコンドル変身する「結城凱」役の「若松俊秀」と意気投合し、結城凱=ブラックコンドルを構成するかけがえのない人物として、若松俊秀リクエストにより最終回結城凱を刺殺するひったくり犯を演じた。

五星戦隊ダイレンジャー」では、レッドにあたる「リュウレンジャー」のスーツアクターを務め、スーパー戦隊シリーズ高難易度と言われる複雑かつ素名乗りアクション中国拳法を元にしたキレのあるアクションで、作品そのもの熱さをアップさせるのに貢献した。

そのキャラクターと最期からスーパー戦隊シリーズ一二を争う人気キャラ結城凱再登場となった「海賊戦隊ゴーカイジャー」第28話では、当初は結城凱を演じる事に悩む若松俊秀を、脚本を担当した「井上敏樹」が説得して出演にこぎつけた際に、若松俊秀リクエスト監督プロデューサーも同じ思いだった事から、当時すでにJAEを離れて舞台中心に活動していた大藤直樹がブラックコンドル役でキャスティングされ、鳥人戦隊ジェットマン当時のブラックコンドルを復活させた(直後に竹内康博にもっていかれそうになったが)。

主な出演作品

スーパー戦隊シリーズ(黒)

スーパー戦隊シリーズ(赤)

スーパー戦隊シリーズ(他)

その他の出演作品については wikipediaの関連項目参照exit

関連商品

関連コミュニティ


関連項目

関連人物
関連作品
関連作品(戦隊黒)
関連作品(戦隊赤)

 

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/17(火) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/17(火) 09:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP