大谷の15球 単語

2件

オオタニノジュウゴキュウ

2.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

大谷の15球とは、2016年10月16日に行われたプロ野球パ・リーグクライマックスシリーズファイナルステージ北海道日本ハムファイターズ福岡ソフトバンクホークス札幌ドーム)、および2023年3月22日(日本時間)に行われた第5回ワールドベースボールクラシック日本アメリカ合衆国ローンデポ・パーク)における大谷翔平投手)の全投球である。

2016年10月16日の試合経緯

パシフィック・リーグ クライマックスシリーズ第5戦 札幌ドーム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ソフトバンク 4 0 0 0 0 0 0 0 0 4 5 1
日本ハム 0 1 1 3 2 0 0 0 × 7 8 1
勝利 アンソニー・バース:1勝
セーブ 大谷翔平:1セーブ
敗戦 東浜巨:1敗
ホームラン 松田宣浩(ソ):2号
中田翔(日):2号

2016年10月16日パ・リーグクライマックスシリーズファイナルステージ第5戦。日本ハムアドバンテージの1勝を含む3勝で日本シリーズ進出まであと1勝。対するソフトバンクもここまで2勝で、この試合に勝てば逆王手という状況であった。

試合は日本ハム先発ルーキー加藤貴之が1回にホークス打線に捕まり、松田宣浩の3ランなどでいきなりの4失点を喫する、日本ハムにとっては苦しい立ち上がりとなった。
しかし2回裏。4番中田翔ソロホームランを口火として、日本ハムの反撃が始まる。3回裏には、この日不調の田中賢介に変わってCS初スタメンの杉谷拳士が、3回表の守備で見せたファインプレーの勢いそのままにタイムリーを放ち2点差。さらに4回裏には1アウト満塁から代打岡大海が2点タイムリーツーベース。続けて中島卓也カウント1-1からスクイズを決め、ついに日本ハムが4点差をひっくり返して逆転する。その後5回裏にも5番近藤健介の2点タイムリーが生まれるなど、スコアを7-4とした。
投げては、2回からマウンドに上がったバースが4回を投げて被安打2と好投。6,7回は谷元圭介が回を跨いで打者6人で抑えるパーフェクトピッチング。8回は宮西尚生ランナーを出すも、併殺三振で3人で抑えた。

そして9回。栗山英樹監督が選手の交代を告げに審判の元へ。リリーフの要であるバース元、宮西を既に使い切り、守護マーティンも足首痛を再発させてしまってこの日はベンチに入っていない。抑えとしてを送り出すのかという空気の中、き渡ったのは驚くべきアナウンスであった。

ファイターズ守備の交代をお知らせいたします。指名打者大谷ピッチャー。3番、ピッチャー大谷翔平!」

DHからPへと変わる電掲示板球場全体に起こる地鳴りのような大歓、そしてチームメイトに見送られてマウンドへと向かう大谷翔平
まさに今シーズン徴するかのような劇的な逆転からCSを制覇するべく、DH解除でマウンドへと上がった大谷の姿に、球場内のボルテージは最高潮へと達していた。そしてその援に後押しされるかのように、大谷驚愕ピッチングを披露する。

大谷の15球

本多を打ち取ったことで、日本ハムの4年ぶりの日本シリーズが決定。レギュラーシーズンではないため記録には残らないものの、大谷は初セーブ記録した。

打者3人に対し15球。そのうち8球が160km/h台という圧巻な投球を展開した。

2023年3月22日の試合経緯

ワールドベースボールクラシック決勝戦 ローンデポ・パーク
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカ合衆国 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2 9 0
日本 0 2 0 1 0 0 0 0 × 3 5 0
勝利 今永昇太:1勝
セーブ 大谷翔平:1セーブ
敗戦 リル・ケリー:1敗
ホームラン トレイ・ターナー(ア):5号
カイル・シュワーバー(ア):2号

村上宗隆(日):1号
岡本和真(日):2号

2023年3月22日ワールドベースボールクラシック決勝戦。日本はあと1勝で14年ぶりの世界一奪還というところまで来ていた。

試合は日本先発今永昇太が2回にトレイ・ターナーに先制ソロホームランを浴び、1点を先制された。
しかし2回裏。ここまで不振に陥っていたが準決勝のメキシコ戦でサヨナラタイムリー記録した村上宗隆がすぐに同点ホームランを放ち、岡本和真源田壮亮ヒットで繋ぎ、中村悠平四球を選んで満塁とすると。ラーズ・ヌートバーのゴロで2点をとって逆転。

4回に岡本和真ソロホームランを放ち2点差とするが、8回表にダルビッシュ有カイル・シュワーバーソロホームランを打たれ1点差とされた。

そして9回。かつて日本ハムで共に戦った栗山英樹監督が選手の交代を告げに審判の元へ。ブルペンで肩を作っていた大谷翔平を告げた。

大谷の15球

打者3人に対し15球。まさかの2016年再現となり、日本世界一を奪還した。

関連動画

2016年

2023年

募集中

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/21(日) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/21(日) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP