大高 単語

オオタカ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

大高(おおたか、おおだか)とは、日本苗字、地名である。

苗字としては茨城県北部と秋田県能代市付近に集中して分布している。茨城県高萩市では苗字軒数ベスト10入りしている。秋田県能代市でもベスト10入り。秋田県の大高さんの内の3分の2ほどが能代市に集中している。

青森県弘前市静岡県伊東市などでも較的多めに分布している。

常陸に大高氏があった。常陸那珂大高(現・茨城県)発祥。常陸江戸氏の一族。江戸時代には秋田士となった。

安倍秋田氏(安東氏)の臣に大高氏があった。秋田氏の一族。赤穂浪士の一人大高忠雄を輩出している。また、高階氏の一族にも大高氏があった。

曖昧さ回避

人名

実在の人物

地名

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/17(水) 04:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/17(水) 04:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP