大魔王バーン単語

ダイマオウバーン

6.5千文字の記事
掲示板をみる(1,916)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(17)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

大魔王バーンとは、「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の登場キャラクターである。
アニメ版の声優内海賢二(1991)、土師孝也(2020)→子安武人(2020版大魔王)。

人物

ダイの大冒険世界には「界」「地上界」「魔界」という3つの世界が存在しており、バーンはその中の魔界における最強の実者とされており、魔界のという異名をも持つ。

一人称は「余」であり、常に威厳と余裕を感じさせる雰囲気を持っている。また、弱肉強食の考えを地で行っており、強い者には種族を問わず敬意を払っている。事実、本来ならば敵対関係にあたりそうなバランや、勇者アバン子でもあるヒュンケルすらも仲間に取り込んでいる。

一方で非常に用心深い人物であり、普段見せている余裕の表情とは別に、入念な準備や警を怠らない一面も併せ持っている。特に未知のの類には強い警心を抱いており、自分が信じる強さとは異質な強さを持つアバンを「地上一の切れ者」としてっ先に殺しようとしたり、騎士遺伝子を持つバランがどんな戦いを仕掛けてくるか分からないために、そのリスクを避けようと仲間に引き入れたりといった対策を講じている。

強き魔族を魔界の闇に押し込め、一方で脆弱な人間に地上界と太陽を与えた"々"をバーンは強く憎んでいたため、魔界の上に存在する地上界を消滅させ、魔界に太陽を降り注がせようと考えた。そこで魔界で数千年に渡ってを蓄え、地上界を消滅させるための準備を整えてたと発言している。

その地上消滅計画を進める上で、バーンは自らの手駒として動いてくれる人材を集め、魔王軍として組織させた。その大半の構成員は地上界で集めたものだが、ミストバーンキルバーンピロロ)といった面々に関しては魔界で先に出会っている。

戦闘について

バーンは作中内において、3タイプの姿を見せている。ここでは各々について記述する。

老バーン

バーンは限りなく永遠に近い命を手に入れるために、自らの体を2つに分けた。「知と魔力」のみを残した体をベースにして「若さ」をもう一つの体に分離させ、その分離させた体に「凍れる時間の秘法」を掛け続けることによって何千年もの間、全盛期体を封印し続けてきた。

普段はベースとなっている「知と魔力」のみを残した体で活動しており、それがこの老バーンにあたる。この状態ですら「々を明らか越した」を持っている。

前述の通り全盛期の強さは封印状態にあり、身体そのものは並程度になっているため、基本的にはその高い魔力を用いた呪文を使って戦闘を行う。しかし、カイザーフェニックスと呼ばれるバーンのみが操れるメラゾーマをはじめ、ポップメラゾーマすら寄せ付けないメラ、あらゆる呪文を跳ね返すマホカンタ、イオナズン級の破壊を有するイオラガトリング砲の如く連射するなど、呪文だけでも驚異的な強さを誇る。

バーンが放った火の玉に対してメラゾーマを連発しても押し負けたポップが「大魔王メラゾーマだ」と発言した直後の「今のはメラゾーマではい… メラだ…」という台詞は、その絶望的戦差を一発読者叩き込む名言として名高い。フリーザ名言「私の戦闘力530000です。」と並び、よく引き合いに出される。

さらに、状況によっては魔界の名工であるロンベルク作の武器魔のを使う。魔のDQ実在する装備「りりょくのつえ」(攻撃すると使用者のMPを一定数削る代わりに、通常より大ダメージを与える)の強化版。使用者の魔力を一定MPと言わず尽蔵に吸ってに代えるがあるため、絶大な魔力を持つバーンが手にした時に限り史上最悪の破壊を有することになる。

バーンはその大な魔力から、カイザーフェニックス級の呪文であっても「溜め」をせずに即座に呪文が放てると言う特徴も持つ(人間その他では魔力の容量の関係で、一定時間「溜め」によって魔法を増幅しなければ十分な威呪文が使えない)。
つまり相手が1の動作をしている間に2回の呪文が使えるという事であり、作者はこれを「RPGボスがよくする1ターン2回行動漫画なりに表現したもの」としている。

真・大魔王バーン

普段はミストバーンに預けた状態にある「若さ」を体と老バーン融合し、再び一つに戻ることで、本来の姿を取り戻した状態がこの・大魔王バーンである。

2020年アニメ版での声優子安武人。上記の設定からミストバーンとの兼役として担当している。
なお1991年アニメではバラン編の途中で打ち切られた関係上、この形態以降が登場しないまま、声優不明のままで終わってしまった。参考までにミストバーン難波圭一が担当していたので、こちらも設定準拠ならば同氏が担当していたことになるのだろう。

この状態での最大の特徴は、攻撃、防御、魔力の3つの同時使用を可にする「天地魔闘の構え」である。これはRPGにおける1ターン3回攻撃を体現したものであり、・大魔王バーンの代名詞とも言える。
余談だがドラゴンクエストIXには「地の構え」という義が登場し、技説明が「通常攻撃を100%受け流しつつ反撃する攻防一体の技」となっている。 "魔闘"の部分、つまり呪文へのカウンターいだけで、どう見てもバーン様のアイデアが十数年越しの採用です、本当にありがとうございました。

その他、呪文を弾き返すフェニックスウイングを使い、老バーン時には魔のなしでは使えなかったカラミティウォールを素手で放つことができ、自らの手刀伝説武器べても遜色のない破壊があるなど、全ての面において規格外の強さを持っている。ただ、本来の「若さ」を取り戻したなのかは分からないが、老バーンの頃よりもよく言えば饒舌かつ大魔王らしい自信と万感に溢れた姿勢を、悪く言えば慢心したり感情的な側面を度々見せるようになっている。

ちなみに、・大魔王バーン時に心臓が3つあることを明かしているが、これが老バーン状態や眼王状態でも同様であるかどうかは不明である。

鬼眼王

眼の解放し、自らの体に上乗せした姿。イメージ的にはミルドラースの第2形態みたいなもの。
不可逆の形態であるため、バーン自身もこの姿については推測でしか知識を持っていなかった。中盤戦の巨大移動要塞「岩城」は、自分から成ることは決してないであろう(と思っていた)、この自らの最終形態をイメージして作らせたものであったとか。

非常に巨大な姿となり圧倒的な強さを誇っているが、登場期間が短い上に他の形態時と較してインパクトが決定的に不足している為か、ファン記憶にはあまり残っていない

主な武器・技など

作中でも圧倒的かつ別次元の強さを見せ付けたバーンであるが、使用した呪文の数は5種と意外に少ない。
また、バーンの技は基本的に予備動作が恐ろしく短く速射性の高いものが多い。特筆するものは以下に列挙する。

魔の
ロンベルク製作した魔法エネルギーに換え、を形成する
先述したとおり魔法尽蔵に吸収する特性を持ち、更にエネルギーを噴射させ、それにより障を作る事であらゆる呪文だろうが闘気であろうとも防ぐ事が可となっている。
但し、このに関してロンベルクは一言も触れていないため、の機なのかバーンが応用した結果によるものなのかは定かではない。
大な魔法を誇るバーンが操る事で、オリハルコン製のダイの剣さえ容易にへし折るほどの攻撃を有し、ロンベルクをして「最強の武具」と言わしめる武具であるが、使用中は呪文の威弱体化するほど魔法を消費してしまう、という欠点も存在している。
メラ
初歩的な攻撃呪文の一つ。
本来は小さな火の玉をぶつける呪文だが、バーン程の使い手になるとこれですら絶大な威を持つようになる。
一見すれば極小の火の粉に過ぎないが、相手に命中すると巨大な火柱が上がる程の威を持っている。
初歩呪文が必殺の威を持つ、という点からも、バーンの圧倒的な強さを見せつける要素の一つとなっている。
カイザーフェニックス
大魔王メラゾーマ
火炎が不死鳥の形を持っているのが最大の特徴で、本人によればその姿と想像を絶する威から魔界で「カイザーフェニックス」と呼ばれるようになったとの事。
もはや超必殺技の域に達している呪文であるが、これを溜めしで連発可というのが、バーンバーンたる所以である。
カラミティウォール
「闘気に近い衝撃エネルギーの壁」を前方になぎ払うように放つ技。
バーンの時は魔のから、バーンの時には素手から放たれる。
速度の調節が可で、全で放った時にはほぼ一で前方範囲を削り取ってしまうほどの威がある。
なお、バーンの技ではこれが最も動作が大きい。
ちなみに、本作の作者が後に執筆する「冒険王ビィト」の登場人物グリニデがこれに近い技を使用している。
マホカン
呪文返し。作中において、呪文としてマホカンタを使用したのはバーンのみとなっている。
使用者の魔法に応じて呪文の反射率が変化するという独自の設定が存在しており、バーンほどの者が使用した場合、反射率100%で跳ね返せる、といわれている。
フェニックスウィングと効果が被るためか、の姿になったときは使用しなかった。
ベホマ
老体時、ダイとの初戦時に使用。ストラッシュをまともに受けたダメージ時に回復した。
バーンになって以降は回復呪文を受け付けない闘気によるダメージになったことに加え、最初の決定的ダメージとなる左腕切断以降はずっとダイの剣が胸に突き刺さって心臓を潰したままになっていたため、ベホマに限らず回復行為が行われることは一切かった。
凍れる時間(とき)の秘法
古代の秘術の一つで対の「時間」を凍結させる封印術。
年に一度訪れる皆既日食の時のみ使用が可。この秘術を掛けられた対は「時間」が凍り付き、永続的に動けなくなる代わりに、如何なる衝撃も受け付けなくなる。アストロンと似ているが、異なる点は生命活動そのものも停止してしまうことにある。
バーンは限りなく永遠に近い生命を得るために、この術法を分離したもう一つの体に掛け続けることによって何千年もの間、「若さ」を保った全盛期体を封印し続けていた。
作中では他にアバンもこの秘術を使用しているが、量不足だった為か自分も巻き込まれた上に1年程度しか効果が持続しなかった。また、ミストバーンの身体の秘密を推理する際、「完璧な凍れる時間の秘法をかけられるのは一人しかいない」と言う理由で結論に至っている事から、全な形でこの秘法を行使出来るのはバーン以外にはいないものと推察される。
ちなみに現実世界での皆既日食は周期が数十年単位となっており、その都度見られる場所が異なる。
バーンの額にある第3の眼で魔力となっている。
作中で判明しているは以下の通りである。
生物進化
眼の生物に与える事で原形を留めないほどの怪物進化させる事が出来る。
作中ではドラムーンのゴロア眼王バーンの2名がこのにより誕生した存在となっている。
なお、眼王バーンの項にもある通り、自身に進化を施した場合は不可逆の変化となり、二度と元に戻ることが出来ないらしい。
「瞳」化
眼の閃光を受けた者を「瞳」と呼ばれる宝玉に閉じ込める事が出来る。
但し、対となるのは「バーンと戦う資格い者」に限られている。
ここで言う資格とは戦闘の事で、根本的にレベルが足りない者は言うに及ばず、ダメージを負って瀕死になった者も戦闘の途中で瞳になる。
「瞳」に閉じ込められた者は、「見る・聞く・考える」の3行動しか許されない。
そこそこ頑丈だが、カラミティウォール級衝撃を受ければ壊れる(作中では瞳が壊れて失われる事はかったが、カラミティウォールに巻き込まれそうな位置に落ちていたチウの瞳を見て「削れ散る」とバーンが言及した)。
バーンが解除するか、バーン魔力を断つ事で「瞳」状態から開放することが可となっている。
天地魔闘の構え
バーン義。
相手に先手を打たせて、フェニックスウィング・カラミティエンドカイザーフェニックスの3大超必殺技を一度に叩き込む、という究極のカウンター技。
原作者によれば、「RPGいて痛恨の一撃を連発してくるボス」を漫画で体現すべく考案したとの事。
フェニックスウィング・カラミティエンド解説については「天地魔闘の構え」の記事にて解説されている為、ここでの解説割愛する。

大魔王語録

作中でもそのスケールの違いを見せつけたバーンであるが、その発言も他のキャラとは重みが違うものとなっている。ここではその一部を抜、列挙する。

  • 褒美をとらせよう…と思ってな(中略)
    そこで余は考えた おまえたちが一番欲するもの…それはおそらく……余の生命…であろうな…?
  • 知らなかったのか…?大魔王からは逃げられない…!!!
  • おまえたち人間は面くはないのか?
    鍛え上げて身に付けた強大なで弱者を思うようにあしらう時 気持ちよくはないのか?
    優越感を感じないのか?
  • ”ほど純で単純(シンプル)で美しい法律はない
    生物すべからく弱肉強食 魔族も皆そうだ
    人間だけが気取った理屈をつけて そこにをそむけておる
    ……こそがすべてを真理だ!
  • ……おまえたちは知らぬのだ…!!その平和とやらもより強大なによって支えられていることを…!!!
    そう!々のによってだ…!!
    らが故郷 魔界はおまえたちの大地のはるか地底に存在する世界
    マグマがたぎるみわたすかぎり不毛の大地
    なにより魔界には すべての生物たる太陽い…
    ……太陽素晴らしい
    いかに魔力が強大でも 太陽だけは作り出すことができん…
    だが々は人間に地上を与え 魔族を魔界におしこめた!!
    人間らより脆弱であるというだけの理由でだ!!
    だから余は数千年にわたってを蓄え 地上を跡かたもなく消し去る準備を整えてきたのだ
    間もなく地上は消えてくなる…!!そしてらが魔界に太陽がふりそそぐのだ…!!
    …その時余は に魔界のとなる
    かつての々が犯した愚行を余が償うのだッ!!!!
  • だがで余は殺せぬぞ…!
    おまえの正義を余に説きたくば 言葉ではなくあくまでれっ!!!
  • 騎士というのはどうも代々女を不幸にする存在らしいからな…ふふっ……!どうでもよい事であったな…!
  • ……余の部下にならんか……?
  • 人間最低だぞダイ
    おまえほどの男がを貸してやる価値などない連中だ
  • …賭けてもいい
    余に勝って帰ってもおまえは必ず迫される…!
  • …そういう連中だ人間とは
    らが泣いてすがるのは自分が苦しい時だけだ
    平和に慣れればすぐさま不不満を言いはじめよる
    そして…おまえは英雄の座をすぐに追われる…
    勝った直後は少々感謝してもも純人間でない者に頂点に立って欲しいとは思わない…!
    それが人間どもよ…!
  • …それはよ…そなたがダイに個人的好意を抱いているからにすぎん
    それではバランの時と変わらん
    たった一人の感情で〝〟などという得体の知れないものはどうしようもない事は
    事にたずさわるそなたなら ようわかろう…?
  • ……だが余は違う!余はいかなる種族であろうとも強い差別はせん!
  • 己の強さに酔う…!どんな美を飲んでも味わえない極上の気分だぞ………
  • 叫べ!!!地よ!!!唸れ!!!!今ここに!!!魔の時代 来たる!!!!
    さあッ!!!刮せよっ!!!!
  • ………明日の…あの太陽は魔界を照らすために昇る…!
  • 余は大魔王バーンなり!!!!
  • だが!!!敗北よりは良い!敗北よりは…!!大魔王バーンの偉大なる名だけは守り通す事ができるッ!!!
  • いかんいかん奇蹟は起こる何度でも…!!ダイ死骸を粉々にせぬ限り終わりはないのだった……!
  • た…太陽…っ!!?

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1914ななしのよっしん

    2023/01/14(土) 00:23:32 ID: ADk26pdpdU

    地上と魔界の移動自体は地上を訪れたことがあればリリルーラなんかで簡単にできるらしい
    考えてみればあの秘法って日食が必要だから地上でしかできんのだろうな

  • 👍
    1
    👎
    0
  • 1915ななしのよっしん

    2023/01/14(土) 01:04:56 ID: VY0Mmnyj9v

    そう考えるとバーン様が地上を消したかったのはこの先も安定して秘法使えるようにっていうのもあったのかもなぁ
    毎回毎回秘法の為だけにコソコソ地上に上がってくるのもリスク高いだろう

  • 👍
    1
    👎
    0
  • 1916ななしのよっしん

    2023/01/14(土) 23:18:11 ID: ADk26pdpdU

    ってか太陽にまだまだ秘密があるって可性もあるかと
    調べれば太陽を利用した魔法が他にも存在してバーンの狙いはそこだったとか

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/03(金) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/03(金) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP