今注目のニュース
どんなクリーチャーが迫ってくるかと思えば...猫がぬいぐるみをくわえて運ぶ様子があまりにもシュール
昨年12月に「お葬式」を迎えたゲーム『勇者ヤマダくん』は、いかにしてNintendo Switchで復活したのか? Onion Gamesが語るスマホ版からの転生秘話
お金がないけど借金すれば… 破天荒な金遣いをする人の割合

大麻単語

タイマ

掲示板をみる(1,030)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

大麻

大麻(たいま)とは、植物の一種、アサCannabis sativa)のこと。またそれをを原料とする物のこと。マリファナ。

大麻(植物)の植物学的性質および物以外の用途についてはアサの記事を参照のこと。

曖昧さ回避
  1. 大麻(おおあさ)徳島県鳴門市にある地名。大麻町。
  2. 大麻(おおあさ)北海道江別札幌寄りにある地名。
  3. 大麻(おおぬさ)符の一種。大幣とも。伊勢神宮で授けられる宮大麻(これの読みはじんぐうたいま)が有名。

概要

大麻は、日本では大麻取締法で所持や栽培及び譲渡に関して規制されているが、これは農作業での栽培などに関して免許という形で免許を持たない人を取り締まるべく規定されている。

大麻取締法では、個人栽培の場合最高で懲役5年、営利的の場合は10年という処罰がなされるが、免許が取得されているのであれば不問とされる。ただし、新規免許はまず認可が下りないことから、個人による免許取得は事実不可能であり、神社相撲などの文化的用途のために細々と生産されているのが現状である。

なお、所持や栽培、譲渡といった罰則は刑法二条日本人外で罪を犯したときに罰則を適用する)の例に従うとされているので、大麻が合法のに行って使用するのも法律違反である(使用は禁止されていないとはいえ、使用のためには所持が必須なため)。陶酔成分はTHC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれ、日本では麻薬及び向精神薬取締法により規制の対になっている。

大麻の現状

大麻

最近では、インターネットなどで種子を購入し栽培する学生がいたり、所持で大相撲の現役力士逮捕されるなど、日本国内における大麻の検挙が多発して問題になっている。

厚生労働省管轄下の麻薬取締官による捜強化や「ダメ絶対」で有名な財団法人麻薬覚せい剤乱用防止センターなどが啓活動を行っているが、規制に関する根拠・出典がない、もしくは数十年前の物と言うことで一部有志団体から反論がされており(参考動画exit_nicovideo)、諸外などと同様に研究成果を反映し現在の厳罰志向をめるように訴えているが、個人レベルでは厳罰及び解放それぞれのスタンスから論争も多く起きていた。

しかし、2016年7月相模原市で大麻常習者による障者施設での大量殺人事件が発生、実際の事件の原因は大麻に限らず様々な物や障者施設での環境など様々な要因が絡んでいるものの、容疑者が(厳罰していた)ゲートウェイドラッグ理論を見事に体現してしまったことによって解放は急速に世論への説得を失っている。

医療大麻

アメリカカナダ欧州では医療用としての大麻活用を見いだす動きも出ており、多くので医療大麻の利用解禁や大麻からの成分抽出品などが開発されている。既存品などにある強い副作用を伴わずにして、疼痛を抑える作用(HIVやガンなど)や特定の症例(難病定されている多発性硬化症など)に劇的な善作用を及ぼす、とする報告もある。

2012年現在、医療的の大麻合法化は17州となっている。大麻の処方には、医師許可の元でライセンス発行が必要になるが、禁止されている州に持ち出せば罪に問われる。

なお、合法の州においても連邦法では違法状態であり、DEA(麻薬取締局)と販売業者との取り締まりによる衝突がしばしばくり返されており、現地の州警察麗なスルーしているのに、DEA職員がマジギレしながら摘発する姿は実にシュールである。

大麻の医療用途を初期から解放したカリフォルニア州などでは医療用途とは別に、課税をした上での嗜好品的としての大麻に関してどうするべきか議論が進められており、アメリカ政府が行った革調でも大麻に関する議題が上位に加わっている。

嗜好目的の合法化

大麻

2012年11月大統領選挙と併せてオレゴン・ワシントンコロラド州での嗜好品利用の合法化について住民投票が行われた。ワシントン州、コロラド州では可決され、州法で2ヶ以内にアメリカ初の嗜好利用の合法化がなされる見込みである(1オンス=28gまでの所持を合法、一定の規制条件下での販売店も認める)。

しかし、依然として連邦法としては違法であることから、DEAによる摘発が行われる可性が高い物と考えられ、大麻を過去に吸った事があるとった再選のバラク・オバマ大統領の動向にも注される。

野生大麻

大麻

北海道青森周辺には野生大麻が自生している地域があり、不正採取が後を絶たない。もともと戦時中に石油が不足しパラシュートなどの繊維を必要とした事から栽培が奨励された経緯があり、それらが野生化したものであるとされている。その他にも長野栃木も同様に野生大麻が存在していると言われている。

なお、偽の程は定かではないが、雑草駆除の野焼きの際に大麻まで燃やしてしまい周辺が愉快なことになったことから駆除活動が始まったとされている。毎年保健所や自治体警察などがその駆除を行っており、パトロールも重点的に行われているが、強な生命のため全な撲滅は出来ていない。

利用方法

嗜好や医療用途での利用では、未受精の雌であるシンセミアと呼ばれる部位が一番効が強いとされ、利用のどがこの部位になる。一般的には喫煙が多いが、近年ベボライザーと呼ばれる燃焼を伴わなずに有効成分を摂取できる方法も開発され、これにより有なタール分などを摂取せずに有効成分のみを利用できることから、医療分野では利用が広まるきっかけとなった。

その他、バターチョコレートなどの油脂成分においてTHCが融解することから加熱調理品を経由した食用でも利用することが可であるが、効きが遅いので量の調節が難しいという面もある。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP