今注目のニュース
この看板を見て「安い」と思った人は、心が汚れています 
オチが最高のボカロ曲『盗み出せ!アンティークのチキン』が面白い! 宝を守る探偵のぶっ飛んだ策とは…【家の裏でマンボウが死んでるP】
外出時にかならず腕時計をする? 「時間確認ならスマホで十分」との声も

天候(ポケモン)単語

テンコウ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(17)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ゲームポケットモンスターシリーズにおける「」とは、ポケモンバトルに様々な影を与える気の状態である。

※この項は現行最新バージョンである第七世代に準拠します。

※この項では「ひざしがつよい」や「ひざしがとてもつよい」状態のことを便宜的にそれぞれ「晴れ」や「猛暑」という言葉を使用して記述しています。

概要

の原となるものは第二世代(ポケットモンスター 金・銀)の時点で既に存在したが、第三世代(ポケットモンスタールビー・サファイア)からが一つの独立したシステムとして確立された。

普通ストーリー攻略するだけではによる影・恩恵がわかりづらいが、現環境ポケモン対戦ではを支配できる者が勝つと言われるほどに重要なシステムであると言える。

を変化させて活用することを前提に組まれたパーティのことを「パ(パーティ」と呼ぶ。特定下において強化される特性・技・タイプを持つポケモンを中心に組み状態を保つことでバトルを有利に進めやすくなる。逆にを上書きされるなどの対策を相手にとられると不利になってしまうことが多い。また、の恩恵を直接受けるポケモンばかりで固めるとポケモンタイプや攻撃範囲が偏ってしまいがちで特定ポケモンに弱くなりやすいので、バランスや相性補を考える必要がある。

例外はあるが多くの場合戦闘開始時のは「し」で、ポケモン特性や技によって初めてが「発生」することになる。当然だが二つ以上のが同時に発生することはなく、を変化させるとそれまでのに上書きされることになる。「晴れパ」vsパ」など異なるパがぶつかると、上書き合戦でころころ気が変わるカオス異常になることも稀によくある

また「」というと屋外に限定されそうなイメージを受けるが、屋内外を問わず、室内でも洞窟内でも地下でも中でも異次元間でも構わず日差しが照りつけたり大大嵐に見舞われたりする。あまり気にしてはいけない。

天候を変化させる手段

ユキノオー
(あられ)パの御大ユキノオー。弱点が多すぎる上に鈍足で種族値も並程度とデータだけでは一見ひ弱そうに思えるが、実際は屈強な伝説ポケに混じって前線で戦う詐欺ポケモン。その一因に、「登場しただけでを降らせる」という強特性を持つことが挙げられる。

天候によって効果が変化する技

ウツボット
下の超スピード植物ウツボット。左の本文中に挙げているような「ソーラービーム」「ウェザーボール」「せいちょう」といった晴れのときに強化される実用的な技をいくつも習得する上に、何と言っても特性晴れ専用特性の「ようりょくそ」でシナジー抜群。

晴れ」でほのおが強くなり「」でみずが強くなるなどタイプそのものに影があるものも存在するが、ここではタイプによらずの影ダイレクトに受ける特殊な技を以下に挙げる。

天候に関連する特性

ゴルダック
特性ノーてんき」により場にいるだけで一時的に効化することができるゴルダック晴れていても気兼ねなくみず技を打つことが出来るほか、砂嵐ダメージによる相手の補正を効化することが出来る。

※「ひでり」「あめふらし」などの変更特性に関しては前述の「を変化させる手段」を参照。

※「ようりょくそ」「すいすい」などの特定のときに効果が現れる特性に関しては後述の「一覧」をそれぞれ参照。

天候一覧

晴れ(ひざしが つよい)

ワタッコ
元祖晴れ要員のワタッコさん。S110からの「にほんばれ」で後続をサポート、自身も特性「ようりょくそ」によって更なる速さを得る。ダブルバトルではグラードンとのシナジーが高く、GSルールで化けるポケモンの一匹。晴れワタッコ
主な天候始動要員

特性ひでり」を持つポケモンか、技「にほんばれ」を使用することで晴れ状態にすることができる。

天候の恩恵を受ける特性

雨(あめが ふりつづいている)

キングドラ
パの知的な優等生キングドラ金銀時代からの旧友ニョロトノくんとは「トノグドラ」というコンビを結成するほど大の仲良し。ただし巻き起こすのは爆笑の渦ではなく恐怖の渦。特性「すいすい」によるスピードからの、火力アップアイテムにより底上げされた高火力技は驚異。
主な天候始動要員

特性あめふらし」を持つポケモンか、技「あまごい」を使用することで状態にすることができる。

天候の恩恵を受ける特性

砂嵐(すなあらしが ふきあれる)

ガブリアス
600属ドラゴンガブリアス。「すながくれ」「ひかりのこな」「みがわり」などで相手の攻撃を避けつつそのスキに「つるぎのまい」で火力アップを図る通称「砂ガブ」の存在は、第五世代まで砂パが恐れられる要因の一つだった。
主な天候始動要員

特性すなおこ」を持つポケモンか、技「すなあらし」を使用することで砂嵐状態にすることができる。

天候の恩恵を受ける特性

霰(あられが ふりつづいている)

トドゼルガ
限戦術を得意とするパの要塞、トドゼルガ特性アイスボディ」に加えて「たべのこし」と「みがまも」も合わせてずぶとく生き残り続ける。対策できていないと簡単に3タテされてしまう。
主な天候始動要員

特性ゆきふらし」を持つポケモンか、技「あられ」を使用することで状態にすることができる。

天候の恩恵を受ける特性

霧(きりが ふかい)

ダイヤモンドダスト

猛暑(ひざしが とても つよい)

強い雨(つよい あめが ふりつづいている)

乱気流(なぞの らんきりゅう)

ダークウェザー

天候に似た場の状態

ではないが、と似た扱いをすることが出来る場の状態・戦術を以下に挙げる。

トリックルーム

第四世代から登場。使用してから5ターンの間、素さの遅いポケモンから先に行動できるようになる。ではないので重ねがけが可

トリックルームを使用することが前提のパーティのことを「トリパ」と呼ぶ。

詳細は「トリックルーム」の項を参照。

じゅうりょく

第四世代から登場。使用してから5ターンの間、重力が強くなる。ではないので重ねがけが可

じゅうりょくが発動している間は両者の技の命中率が大きく上昇する。また、ひこうタイプポケモン特性ふゆう」のポケモンが宙にいられなくなりじめん技が当たるようになり、更に「そらをとぶ」や「とびひざげり」などの飛んだり跳ねたりする技を選択することができなくなる。

じゅうりょくを使用することが前提のパーティのことを「重力パ」と呼ぶ。

詳細は「じゅうりょく」の項を参照。

『ポケモン不思議のダンジョン』シリーズにおける天候

ポケモン不思議のダンジョンシリーズでは、として、「はれ」「くもり」「ゆき」「ひざしがつよい」「あめ」「すなあらし」「あられ」「きり」が登場する。

「はれ」は通常の。「くもり」はノーマルタイプ以外の技によるダメージが減少し、「ゆき」はこおりタイプポケモンの移動速度が倍になる。「ひざしがつよい」「あめ」「すなあらし」「あられ」はポケモン本編シリーズと似通った効果だが、「きり」はゲーム本編のそれとは効果が大きく異なり、こちらはでんき技によるダメージが減少するというものである。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/29(水) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/29(水) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP