今注目のニュース
就職氷河期世代の限定求人で16人が就職決定 「運輸」「卸売・小売」「サービス」など
「か、かっけぇぇ……!!」 ポルシェが「スターウォーズ」とコラボ 劇中世界の宇宙戦闘機をマジで制作
中学生のスマホ所有率、関東で8割 小学生の保有率は?

天威単語

テンイ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

天威とは

この記事では3について記述する。

概要

2019年4月25日発売の”RISING RAMPAGE”(RIRA)の幻テーマ

効果を持たないモンスターサポート軸にした特徴を持ち、幻族のサポートも兼ねた出張の高いカテゴリである。

族のカテゴリ通常モンスター等を扱うデッキで幅広く運用可な他、幻族の通常モンスターが存在する、【メタファイズ】や【幻煌】も選択肢として挙げられる。また、「効果モンスター以外のモンスター」には裏側守備表示の効果を持っているかどうかも非開の状態となっているモンスターにも対応し、「リバースモンスター」の絡むデッキにも応用できる。

「天威」はインド哲学の思想の「五大」がモチーフになっていると思われ、「地」の5つの要素により成り立つとするもので、チャクラにもそれぞれに対応する元素があるとされる。

ストーリー

Vジャンプから引用

世界中を流れる自然エネルギーである”気”の流れ。ある者はそれをに例え”脈”と呼び、それが集まり活性化した土地を”脈の地”と呼んだ。

ある日、脈の地から気を引き出し操る流”天威流”を極めるために日々鍛錬を積んでいた師に異変が起こる。修行のために洞窟に籠っていた師が闇の気に囚われ、密かに抱いていた野心が暴走。闇の気と体が同化した《天威の》と化し、武を以って覇を成す「天威無双」を唱えだしたのだ。

」と化した男の子である天威流希代の才女《天威の仙女》とその子《天威の拳僧》は師の変貌に戸惑いながらも説得を試みるが、野心が異常なまでに増大した師に言葉は届かず定は決裂。

師の暴走を止めるべき天威流を操る者たちの戦いが幕を開けた!!

カード紹介

以下、遊戯王カードWikiから引用

天威龍

全て効果モンスターがいない場合に特殊召喚出来る効果と、フィールドに効果モンスター以外のモンスターに関わる手札・墓地から除外して発動出来る効果を持っている。モンスターがいないというだけでも特殊召喚が可であるため、初手の展開手段としても利用可の他、リンクモンスター活用すると連続で天威モンスターを特殊召喚も可で、初手から高リンクモンスターを用意できる。

天威-アーダラ/Tenyi Spirit - Adhara(RISING RAMPAGE
チューナー・効果モンスター
1/地属性/幻族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、
手札・墓地のこのカードを除外し、このカード以外の除外されている自分の幻モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

族の除外ゾーンからのサルベージを行う固有効果を持っており、【天威】や【メタファイズ】であれば除外ゾーンや発動条件の用意は容易い。また、レベル1のチューナーである点でも柔軟性が高く、シンクロ召喚の利用の他《リンクリボー》のリンク素材ハリファイバーからのリクルートモンスターとしても有用で、幻族としても利用しやすい。

天威-シュターナ/Tenyi Spirit - Shthana(RISING RAMPAGE
効果モンスター
4/属性/幻族/攻 400/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):効果モンスター以外の自分フィールドの表側表示モンスター戦闘・効果で破壊された場合、
手札・墓地のこのカードを除外し、その破壊されたモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、相手フィールドモンスター1体を選んで破壊できる。

破壊された効果のないモンスターを復活させてから相手のモンスターを1体破壊する固有効果を持っており、破壊されたモンスター墓地にいる必要もない。相手のモンスターを減らすために自爆特攻することの手段の一つにもなりえる。

天威-マニラ/Tenyi Spirit - Mapura(RISING RAMPAGE
効果モンスター
4/炎属性/幻族/攻 600/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):効果モンスター以外の自分フィールドの表側表示モンスターを対とする
相手の魔法モンスターの効果が発動した時、
手札・墓地のこのカードを除外して発動できる。
その発動を効にし破壊する。

相手の効果を効にして破壊する固有効果を持っており、相手の抑制に貢献するため扱いやすいカードの一つだろう。ただし、効果モンスター以外を対にした効果に限られるため、効果のない打点の高いモンスターを出している時に有効的に使えるだろう。

天威-ナハタ/Tenyi Spirit - Nahata(RISING RAMPAGE
効果モンスター
4/属性/幻族/攻 800/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):効果モンスター以外の自分の表側表示モンスターが相手の表側表示モンスター戦闘を行う攻撃宣言時に、
手札・墓地のこのカードを除外して発動できる。
その相手モンスターの攻撃ターン終了時まで150ダウンする。

打点コントロール効果を持っており、効果のないモンスター戦闘サポートするカード1500という差は決して小さくはない。

天威-ヴィシュダ/Tenyi Spirit - Vishuda(RISING RAMPAGE
効果モンスター
7/闇属性/幻族/攻1500/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、
手札・墓地のこのカードを除外し、相手フィールドカード1枚を対として発動できる。
そのカードを持ちの手札に戻す。

相手カードバウンスさせる固有効果を持ち、その発動条件も効果内容も狙いやすい。また、レベル7であるため、困った場合でも《七星の宝》等のコストにも出来る。そのためレベル7であることを活かした構築にすることも可で、【メタファイズ】や【真紅眼】等で活躍が見られると思われ、アーダラと共にこちらも柔軟性が高いと言える。

天威アシュナ/-CHAOS IMPACT
効果モンスター
7/属性/幻族/攻1600/守2600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、
手札・墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「天威アシュナ」以外の「天威」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は幻モンスターしか特殊召喚できない。

同名以外の天威のリクルートが可で、このカード1枚で召喚権なしで《天威の仙女》に繋ぐことが出来る。さらに手札次第ではそのままシンクロ召喚リンク召喚を可にする。

効果を持つエクストラデッキのモンスター

天威の仙女/Shaman of the Tenyi(RISING RAMPAGE
リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/幻族/攻1600
リンクマーカー:左下/右下】
モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨て、自分の墓地の幻モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「天威」モンスター以外のEXデッキから特殊召喚されたフィールドモンスターの効果を発動できない。
(2):効果モンスター以外の自分の表側表示モンスター戦闘を行う攻撃宣言時に、
相手フィールドカード1枚を対として発動できる。
そのカードを破壊する。

初の幻族2体素材の汎用リンクモンスター

(1)効果で墓地の幻族を生出来、【天威】に限らず様々な幻デッキで重宝するだろう。また、EXデッキから出したモンスターの効果を発動出来ないデメリットがついているが、効果の発動の順番を考えて処理すると影を抑えることも出来る。また、墓地から生すれば竜星シンクロモンスターなどの効果の活用も可

(2)効果では、効果モンスター以外のモンスターの攻撃宣言時がトリガーであるため、効果の持たないシンクロモンスターや(1)効果で生した幻族の通常モンスターを利用したりも可

工夫次第で柔軟性が非常に高まるカード

天威の/-CHAOS IMPACT
シンクロ・効果モンスター
8/闇属性/幻族/攻3000/守 0
チューナーチューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
そのモンスターを除外する。
(2):このカードの攻撃で効果モンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
このカードの攻撃は破壊したモンスターの元々の攻撃アップする。
このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけモンスターに攻撃できる。

シンクロ素材縛りがなく、ダメージで攻めるモンスターとしてこのカード完結している。攻撃上昇も相手が効果モンスターではないことが稀なので容易。

天威からもこのモンスターアクセスすることが出来、レベル7モンスター2種とレベルチューナーのアーダラが用意されている。

(1)効果は効果発動に対して発動するが、効にはせず除外するだけなので注意。また、(2)効果の2回攻撃モンスターに対してもう1回攻撃なのに注意が必要。

天威の/Tenyi Master of the Dragon FistVジャンプ2019年9月付録
リンク・効果モンスター
リンク3/属性/幻族/攻2600
リンクマーカー:左下/下/右下】
リンクモンスターを含むモンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは効果モンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):自分フィールドに他の効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
自分の墓地及び自分フィールドに表側表示で存在する、
効果モンスター以外のモンスターの数まで、
相手フィールドの効果モンスターを選んで破壊する。

幅広いカードで出せる素材定になっており、ハリファイバーからチューナーを1体呼ぶことに成功しても直接このモンスターリンク召喚が可。他にも手段はある。

戦闘破壊耐性を実質的に持ち、効果モンスター以外の数まで対の取らない破壊を行える。

効果を持たないリンクモンスター

天威の拳僧/Monk of the Tenyi(RISING RAMPAGE
リンクモンスター
リンク1/地属性/幻族/攻1000
リンクマーカー:下】
リンクモンスター以外の「天威」モンスター1体

基本的には何も効果のない打点の低いモンスター。効果を持っている「天威」たちを効果を持たないモンスターに変える手段として使うのが基本か。

天威の/Berserker of the Tenyi(RISING RAMPAGE
リンクモンスター
リンク3/闇属性/幻族/攻3000
リンクマーカー:上/右上/右下】
リンクモンスターを含むモンスター2体以上

こちらもリンク素材が幅広く運用可な状態で定されており、《天威の》と素材定は同じ。このため、純に効果のない攻撃3000として運用可。ただし、効果のないリンク3は他にも存在し、このモンスター打点の高い代わりに相手フィールドリンクマーカーを向けてしまう恐れがある。状況によって採用・召喚を考えよう。

魔法・罠

虚ろなる輪/Vessel for the Dragon Cycle(RISING RAMPAGE
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから幻モンスター1体を墓地へ送る。
自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、
さらに墓地へ送ったそのモンスターとはカード名が異なる「天威」モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。

族汎用の墓地肥やしカード。効果のないモンスターフィールドにいれば、ついでに「天威」をサーチし、更なる展開に繋げることも可

天威無双の拳/Fists of the Univaled Tenyi(RISING RAMPAGE
カウンター
(1):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在し、
モンスターの効果・魔法カードが発動した時に発動できる。
その発動を効にする。
(2):セットされたこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
EXデッキから効果モンスター以外のモンスター1体を特殊召喚する。

効果のないモンスターがいれば発動効にして破壊するカウンター。発動条件満たせない場合でも、EXデッキの効果を持たないモンスターを出すことも可。ただし、相手に依存することに注意。現在はこの効果で呼び出すのに最も使いやすいモンスターは《青眼の究極竜》であろう。

天威崩の地/Flawless Perfection of the Tenyi(RISING RAMPAGE
フィールド魔法
(1):このカードフィールドゾーンに存在する限り、
効果モンスター以外の表側表示モンスターは、モンスターの効果を受けない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドに効果モンスター以外のモンスターが存在し、
相手が効果モンスターを特殊召喚した場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

効果を持たないモンスターの耐性付与を持ち、相手が効果モンスターを特殊召喚すれば1ターンに1度だけ2枚ドローできる。一気にアドバンテージを稼げるため、有用なカード

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/05/05(日) 00:45:17 ID: flGYwWeL7R

    か「メタファイズ」作成よろ

急上昇ワード

最終更新:2019/12/16(月) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/16(月) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP