今注目のニュース
迷子の犬や猫を救え!アメリカのピザ屋がピザの箱に迷子ペットのチラシを貼って宅配するという試みが開始される
清水圭が吉本社長会見を猛批判、恫喝された過去も告白
猫って贈り物が好きな生き物やから...動物の死骸を持ってきた猫の侵入を防ぐ猫用ドアが開発される

天宮りずむ単語

アマミヤリズム

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

天宮りずむとは、アニメゲームプリティーリズムシリーズの登場人物である。

CV:原紗友里アニメ以降)、伊藤かな恵ゲーム初期) 

概要、充電!

初出はプリティーリズムシリーズの原点と言えるゲームの最初のシリーズプリティーリズム・ミニスカート』 。
プリティーリズム』という作品タイトルが示す通り、当初は彼女こそが主人公だった。
作品ごとに設定が大きく異なるため、本項ではそれぞれ別に取り扱う。

『プリティーリズム・ミニスカート』での概要

プリティーリズムシリーズにおける元祖伊藤かな恵キャラ
ゲーム開始当初からのプレイアブルキャラクターファッションセンスは今一つだが、運動神経は抜群。星座いて座。明朗快活な性格で、ヘオンという名前のブタを飼っている。
男子プリズムスターユニットCallingsのヒビキに一ぼれし、積極的にアプローチしているが成果は上がっていないようだ。
母親伝説プリズムスターであったが死別している。

りぼん版『プリティーリズム』での概要

りぼんプリティーリズムでは主人公。他の天宮りずむと異なり、運動音痴で人を楽しませる性の才がある、というアニメでの春音あいらに近いキャラクター設定になっている。生年日は1996年4月16日おひつじ座)。
プリズムスクール入学当初はまともにプリズムジャンプを飛ぶこともできず、「親の七り」とやっかみを受けていたが、城之内セレナ花音チームアスタリズム」を組み、徐々にその才を開させていく。
Callingsのとはどちらかというとケン友達だったが、徐々にお互いにひかれ合っていく。
母親天宮そなたはかつて「オーロラライジング」を飛んだ伝説プリズムスターで、りずむはそなたオーロラライジングを飛ぶ場に居合わせた。庭でも情をもって育てられ、りずむがプリズムスターを志したのも母親への憧れであるが、交通事故により死別している。

『プリティーリズム・オーロラドリーム』での概要

プリズムクイーン中学生
明るく前向きな性格で、運動神経抜群!でもちょっとファッションセンスがずれたところがある。

~公式サイトキャラクター紹介より~exit

当初はアニメでもりずむの単独主人公の予定だったが、天才肌の春音あいらと努のりずむのダブル主人公となった(そしてその後みおんも加わってトリプル主人公となる)

1997年9月3日生まれ(おとめ座)の、スケート座の女神の祝福を受けて生まれた少女の1人。
その運動神経滝川純に見いだされ、あいらと共に高峰みおんの代役としてプリズムショーステージに上がり、そのまま芸事務所・プリティトップ所属のプリズムスターとしてデビューすることになる。
運動神経は抜群だが、ファッションセンスは「ずれたところがある」どころではなく、あいらの教授を受けるまではろくに着こなすことができなかった。導を受けた後も自己流で組んでみおんとデートしたことがあったが、そのガッ飛んだセンスみおんを然とさせた。
さらにデビュー当初はプリズムジャンプに必要な「心の飛躍」に欠けていたため、プリズムジャンプを飛ぶこともできずにいたが、こちらもあいらとの交流で事飛べるようになった。
が大好物で、「にっくにっくー」と喜んで食べる。決め台詞ココロ、充電!」プリズムショー開始前)とガッ飛び!」(プリズムジャンプ成功時)。
あいらの才嫉妬したり、みおんの高飛車さにを立てることもあったが、次第に打ち解け、プリズムショーユニットアイドルチームMARs」を結成する。

Callingsのヒビキとはお互いに秘密を共有した仲で、かなりのバカップルヒビキ藤堂かのんとはよくヒビキ争奪戦を繰り広げている。

母親はかつて「オーロラライジング」を飛んだ伝説プリズムスター神崎そなただが、りずむが物心つく前に家族を捨てて蒸発しており、りずむは庭で育った。りずむは親の七りと見られることを嫌い、母親の事を他人には伏せている。が残したクマのぬいぐるみアンディが宝物。
自身もオーロラライジングを飛ぶことで、母親と再会することこそがりずむの夢であり、夢に向けての努は欠かさない努プリズムショー及びオーロラライジングへの情熱はよりも強いが、熱意が回りして他人と衝突することも多い。

いつでも前向きで、明朗快活な性格。だがしかし、その内面では母親情に飢えていた寂しさ、あいらへの嫉妬といった「闇」が渦巻いており、再会したそなたが自分のことを気にかけず、そなたを「マーマ」と呼ぶ少女久里須かなめを連れている姿をにしたことと、オーロラライジングの習得の過程で「命に代わるものすべてを差し出す」ことを要され、仲間との連絡を絶ったことにより、「闇」が表面化、ついにはあいらへの憎悪と敵愾心をむき出しにして勝負を挑む。
この勝負で不全なオーロラライジングを飛ぼうとしたことで全に闇に飲まれかけるが、あいら、そしてみおんの助けにより本当の自分を取り戻す。

プリズムクイーンカップではオーロラライジングのりずむなりの完成形・オーロラライジング・ファイナルを飛び、そなたへ自分の思いを伝える。そして足に会場を去って海外へ向かおうとするそなたを追い、演技を放棄して駆け出して行った。

最終話では家族の元へ帰って来たそなた、新しい家族かなめとともに、幸せな団欒を過ごしていた。

『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』での概要

オーロラライジングを飛び、
夢をかなえたプリズムスター
いつも元気で運動神経抜群!

~公式サイトキャラクター紹介より~ exit

リティトップ所属の先輩プリズムスターの1人として登場。
オーロラドリーム最終話~ディアマフューチャー第1話の間にプリズムクイーンになった。
実はヒビキとひそかに入籍しており、戸籍上の名前は堂りずむである。上葉みあく「食系人妻」。
28話でこの事実表し、最終話では仲間たちの見守る中、結婚式を挙げた。

主なプリズムジャンプ

りぼん版

アニメ版

余談

元祖主人公だが、『レインボーライブ』以降は一切登場せず、また名前が一般名詞として頻出するものであるため、
作中のセリフ歌詞で「リズム」という単が出るたびに※りずむちゃんは出ませんコメントされるのが一種のテンプレになっている。

ちなみに、あいらは『プリパラ』、みおんは『レインボーライブ』、そなたはその両方にも登場している。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2015/05/09(土) 15:10:18 ID: 22busHW3Md

    最終回から3年たってせれのんに続きりずむちゃんの記事まで
    です

  • 2ななしのよっしん

    2015/05/12(火) 01:22:17 ID: pYnB2dk7Hq

    まとめお疲れ様です。細かいようですが
    りずむが当初プリズムジャンプを飛べなかったのは心を閉ざしていたから(ダンスシーンで硬い顔だと飛べない)であいらと触れ合うことで解消して飛べるようになった・・・のだと思います。
    これだけ期間くと流石に自信ないですけどね!

  • 3ななしのよっしん

    2015/05/12(火) 01:56:17 ID: /r9LvKwn5r

    >>sm23051803exit_nicovideo

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP