天竜浜名湖鉄道単語

テンリュウハマナコテツドウ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

天竜浜名湖鉄道[てんりゅうまなこてつどう]とは、静岡県西部に路線を保有する第三セクター鉄道である。県内メディアや地元からは「天浜線」と略称されることも多い。

概要

保有している鉄道路線は、国鉄二俣線の運営を継承した浜名湖線の1路線のみ。浜名湖線は、掛川市掛川駅から町、磐田浜松市を通り、湖西市の新所原に至る。静岡県内の鉄道会社では一の第三セクターであり、また気動車を常用する路線も県内で当社だけである(静岡県内の非電化路線には他に「大井川鐵道井川線」がある【ただし途中区間の一部は諸事情で電化。当該記事を参照】。こちらは客列車)。同線の由来は第二次世界大戦中、浜名湖付近の東海道本線爆撃されることを想定した「回路」として開業した路線であったが、1987年に天竜浜名湖鉄道が保有することとなった。

もともとは国鉄だったこともあり、東海道本線と連絡している掛川駅、新所原ともにJRとの乗り換え用の連絡通路がある。また、西鹿島駅では遠州鉄道鉄道線と連絡しているが、国鉄二俣線時代の一時期、遠鉄から二俣線への乗り入れが行われていた。現在止されているが、いわゆる「平成の大合併」で旧・浜松市区となった昨今、再度の乗り入れ運転が検討事項に入っている(ただし、西鹿島から遠江二俣まで電化して直通運転を行う場合は、「建築限界」の都合上、経路途中にあるトンネル修【上面の掘り上げもしくは路盤の引き下げ】工事が必須とされる)。

現在の保有車両TH2100、TH3000、TH9200の3種類に分けられる。かつてはトロッコ列車も走っていたのだが、鉄道車両にとって致命的となる台(簡潔に言えば床下の組み)に裂の存在が判明し、修理大な費用がかかることが判明したことから処分とされている。

ほとんどの無人駅であり、バスのように乗時に整理券をとり、降時に運賃を支払うのが基本となる。有人など一部のにおいては、行先(「~円区間」)などの「口座」、連絡運輸の取り扱い区間などにもよるが、懐かしい「硬券」を発行してもらうこともできる場合がある。

2016年8月27日台湾鉄路管理局姉妹鉄道協定を締結した。

2019年7月27日から音街ウナラッピング車両の「うなぴっぴごー!」が運行している。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/29(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/29(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP