天魔・大獄単語

テンマオオタケ

2.2千文字の記事
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

戦士ならば挑んで見せろ。

 それが黄泉路へ続く坂だとしても」

天魔・大獄とは、lightより2011年9月30日に発売されたPCゲーム神咒神威神楽』に登場する架の人物。CV:左高蹴。

なお、専門用に関してはwikipediaに詳しくのっているのでそちらを参照のこと。

概要

ネタバレ注意 この項は、大量の厨二成分とネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任でごらんください。

穢土に君臨する大天魔都賀波岐の一柱。大という名称はあくまで西側が便宜的につけたものであり、真名は異なる。

300年前の東征においては、東征軍と交戦することはほとんどなかったものの、それでも西側の記録に名を残した大天魔い甲冑に身を包み、虎を模したで常に顔を隠すの人物。寡黙な性格であり、必要なこと以外は喋らない。戦闘ではに次ぐ、実質的な都賀波岐のナンバー2であるが、とは反している上に東征軍に対する迎撃も積極的ではないという都賀波岐の中でも特異な立ち位置に立つ人物。そのため、仲間からも一歩引かれており、その意はにもわからない。また、宿儺とはまた別の意味での裏面に属する存在であり、その宿儺とは相性が悪く反しあう仲。

都賀波岐の中においての実に次いで高く、東征軍のよりも絶大なを持つ正正銘の化物。特殊な武器は何も用いず、ただ己の体と無双の体術のみで戦う誇り高き戦士。太極の戦闘に特化したものであり、そのの下にある素顔に隠されているようだが・・・。

二度の東征の際は、不二にてその存在を限りなく薄くした影同然の状態で覇吐たちと戦うも、明の登場によって何も言わず撤退する。夷での決戦においては、宿儺と共に出し、自身を宿敵と定めた夜行と対峙し、即死合戦の応酬を繰り広げた。

(以下、ネタバレ反転その正体は、かつての波旬との決戦の際に呼び出され、残にも散っていった旧世界英雄マキナことゲッツ・フォン・ベルリッヒンゲンその人。こと藤井蓮が波旬の流出に対抗する際に何とか彼の魂を集め、太極によって姿形を固定化された残滓とも呼べる存在である。そのため、太極位にあるのはの太極の影によるものであり、あくまで擬似的な格に過ぎない。旧世界ではと敵対する関係にあったが、大自身がと魂を分けた言わば兄弟のような存在であったために、軍勢変生の際に取り込まれた。元々は二の死を追いめた誇り高き武人であり、他者とのれ合いは好まない孤高の存在であったが、自身が戦友と認めるが未だ戦い続けている中自分だけが眠るわけにはいかないという想いと、またそんな彼との戦いで得た至高の死を穢されることを認めないという想いのために、都賀波岐の一員となることを選び、今でも戦い続けている。ネタバレここまで)

なお、大とは御伽子に登場する・大丸が元ネタであろう。酒呑童子玉藻前と並ぶ日本中世における三大妖怪の一人とされ、様々な神通や妖術に優れ悪事を働いた。鈴鹿山に住んでいたが、坂上田村麻呂によって敗れ、その後宝によって甦るも、再び坂上田村麻呂によって敗れたとされる。

戦闘能力

等級

『太極・肚処地獄(たいきょく・むげんこくとしょじごく)』相手は死ぬ

二の死を得たい」というかつての彼が抱いていた渇望を具現化した大宇宙。その『その拳に触れたものが誕生して一でも時間を経ていたものならば、物質・非物質を問わず、例え概念であろうともあらゆるものを消滅させる』こと。どんなものであれ、歴史を刻んでいれば強制的にその幕を引くというご都合主義の体現である。よって、彼の拳に耐えうる物は、誕生してから時が止まっている状態の存在、大同様に死そのものである存在、そしてを上回るの持ちのみであり、それ以外の物は彼の攻撃を防ぐことは不可能。また、普段は隠している斬首された頭部はかつて旧世界と戦った際に失ったものであり、大め焦がれた「二の死」の徴であるため、それを見た者は前述の例外であってもを上回るの持ち以外は即死してしまうという悪なを隠し持つ。マッキースマイル相手は死ぬ

前述の通り、大自体は本来は格の器ではなく、間大地獄による軍勢変生によって格の域まで押し上げられた擬似的な太極にすぎない。しかし、旧世界では最も太極に近いレベルまで達していたために、都賀波岐のよりも強いを得ている。随相は三つ首の巨大な虎。

なお、肚処地獄とは仏教における地獄の一つであり、八大地獄の最にある地獄に属する十六小地獄の一つ。に属する物品を喰ったり自分のものとした者たちが落ちる地獄であり、罪人たちは自分のすら喰らってしまうほどの飢餓とが罪人を足の甲から喰う苦しみに苛み続けるとされる。

関連動画

すごく・・・一撃必殺です・・・。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 9  

    2012/03/12(月) 06:47:05 ID: aC82LLzgTS

    「肯定しよう。確かに、今のんでいる」
    「それでも、捨て置けなかったというだけのこと」
    「戦友がまだ戦っている。ならばだけ眠るわけにはいかんだろう。この身もまた、にとってき(せつな)と言ってくれるならなおさらに」
    の意志はの意志」
    「そして己のため」
    「あれは見がちな男だったよ」
    「そして、はそんな男の挟持だからこそ、心安らかに敗北(納得)したのだ」
    「そんなが、認めぬと言う。ならばも認めんよ。らの戦を汚す結末など許さない」
    かっこよすぎるだろ濡れちまう・・・もうその拳でをry

  • 10ななしのよっしん

    2012/03/16(金) 21:09:51 ID: vBG08NStvz

    咒組も普通に好きだし、話も面かったんだが、
    なんだかんだ一番感動したシーンは何処って言われると>>9の部分だったな
    熱い戦闘シーンなのに不覚にも元が潤んだわ

  • 11ななしのよっしん

    2012/11/05(月) 14:35:00 ID: INVFxFNQU3

    戦友のために持を曲げて残留したことにガチで感動した

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/24(日) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/24(日) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP