今注目のニュース
「パカパカ」や「アンテナ伸ばし」も再現!懐かしのガラケーがまさかの「カプセルトイ」になって発売!!
【神対応】路上をさまよっていた犬。飼い主と再会させてあげた2人の見事な連携が話題に!
夫と実家に帰宅すると数年ぶりに会う親戚の姿 言われた言葉に「厳しすぎる」

天鳳名人戦単語

テンホウメイジンセン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

天鳳名人戦とは、選ばれた出場者が一年を通して、天鳳で対局し、優勝者を決める大会のことである。

概要

現在稼働するネット麻雀サイトにおいて、最もレベルが高いといわれる『鳳凰』を擁するオンラインネット麻雀天鳳。登録ID130万人中、鳳凰卓で打つ資格を有するはわずか0.003 それが精鋭中の精鋭「鳳凰」。
彼らが鎬を削る鳳凰卓という名の急斜面を制した者のみが名乗ることを許される現代最強称号。それが「天鳳」である。初代天鳳位『ASAPIN』、第二代天鳳位『(≧≦)』。ネット麻雀会の頂点を極めた2人の天鳳位に6人のプロ士たちが挑む!

の強者を決めるために…

天鳳名人戦公式ページexitflash動画より) 

天鳳位にプロ士が挑むというコンセプトの下、2011年から天鳳名人戦が開催されている。また、第二期からは、天鳳位以外にも参加するチャンスが与えられている。なお、大会の模様は、ニコニコ生放送生放送されており、譜も公式ページ外部リンク参照)にて全て開されている。
現在登録ID200万人をえている

(第一期)天鳳名人戦

挑戦者を迎撃せよ 天鳳位の牙を死守せよ

2011年6月26日(日)より(第一期)天鳳名人戦exitが開催された。 

参加者

ルール

※対戦席はランダム
※上記したルール催者側の意向により変更となる場合があります
※観戦は5分遅れて開始します

日程

第1節 2011年6月26日(日)
  解説者 新津 潔(最高位戦日本プロ麻雀協会
  解説者 五十嵐 毅(日本プロ麻雀協会)

第2節 2011年8月7日(日)
  解説者 片山まさゆき漫画家
  解説者 佐藤聖最高位戦日本プロ麻雀協会Aリーグ

第3節 2011年9月3日(土)
  解説者 井出洋介(麻将連合)
  解説者 村上淳最高位戦日本プロ麻雀協会

第4節 2011年9月25日(日)
  解説者 木原浩一(日本プロ麻雀協会Aリーグ天鳳八段)
  解説者 渋川難波日本プロ麻雀協会C天鳳十段

第5節 2011年11月3日(木) ※下位2名敗退
  解説者 巻渉(最高位戦日本プロ麻雀協会Aリーグ
  解説者 綱日本プロ麻雀協会Aリーグ

第6節 2011年12月4日(日)
  解説者 ASAPIN天鳳位)
  解説者 渋川難波日本プロ麻雀協会C天鳳十段

第7節 2012年01月09日
  解説者 石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会 現最高位)
  解説者 福地日本ゴロ協会)

第8節 2012年1月29日(日) ※下位2名敗退
  解説者 吉田太(最高位戦日本プロ麻雀協会
  解説者 渋川難波日本プロ麻雀協会)

第9節 2012年3月2日
  解説者  太賢(日本プロ麻雀協会Aリーグ所属 野口恭一郎賞受賞)
  解説者 佐藤 最高位戦日本プロ麻雀協会Aリーグ所属 現王位

最終節 2012年3月20日(火)
  解説者 石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会:現最高位)
  解説者 須田良規(日本プロ麻雀協会所属)

優勝者

289.0ポイント小林剛優勝となった。その他の出場者の成績については、公式ページexitを参照。

第二期 天鳳名人戦 鳳凰卓代表選抜戦

覚 悟 ア ル 者 一 名 ヲ  ム

2012年5月第二期天鳳名人戦鳳凰卓代表選抜戦exitが行われた。鳳凰卓東南戦4人打ち喰ありありで最も優秀な段位効率だった者が参加権利を得ることが出来るというもので、これに優勝したcoa天鳳位ではないユーザー代表として、第二期天鳳名人戦に出場することとなった。段位効率の結果はこちらexit

※段位効率
現在の順位取得回数が限に続いた場合に到達することができる段位を「段位相当」としてランキングしています。 数字が大きいほど、段位を上げるために効率が良い打ち方をしているということになります。 「段位相当」の計算は「安定段位」と同じですが、対戦数が少ないため呼称を変えています。
その他詳細はこちら→http://tenhou.net/man/#RANKINGexit

第二期 天鳳名人戦

驕りを打ち砕け 誇りを取り戻せ

2012年6月4日)より第二期天鳳名人戦exitが開催された。今期から、ウマが「ラス時のマイナスが大きい」という天鳳の特徴を反映したものに変更された。

参加者

ルール

※対戦席はランダム
※上記したルール催者側の意向により変更となる場合があります
※観戦は5分遅れて開始します

日程

第1節 2012年6月4日
  解説者 須田良規(日本プロ麻雀協会Aリーグ所属)
  解説者 木原浩一(日本プロ麻雀協会Aリーグ所属)

第2節 2012年7月30日
  解説者  太賢(日本プロ麻雀協会 Aリーグ所属)
  解説者 渋川 難波日本プロ麻雀協会 CⅠリーグ所属)

第3節 2012年8月20日) 
  解説者 木原浩一(日本プロ麻雀協会 Aリーグ所属)
  解説者 渋川 難波日本プロ麻雀協会 CⅠリーグ所属)

第4節 2012年9月10日
  解説者 村上 最高位戦日本プロ麻雀協会Aリーグ所属)
  解説者 井 茂文(RMU A級ライセンス

第5節 2012年10月15日) ※下位2名敗退
  解説者 綱 日本プロ麻雀協会Aリーグ所属 天鳳八段)
  解説者  恵利(日本プロ麻雀協会 天鳳七段)

第6節 2012年11月19日
  解説者 小林 剛(麻将連合-μ- 第一期天鳳名人位)
  解説者 福地 日本ゴロ協会ダンス部)

第7節 2012年12月17日
  解説者 石橋 伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会
  解説者 鈴木 たろう(日本プロ麻雀協会)

第8節 2013年1月7日) ※下位2名敗退
  解説者 多井 (RMU S級ライセンス
  解説者 井 茂文(RMU A級ライセンス

第9節 2013年2月4日
  解説者 武則(麻将連合 認定プロ 天鳳七段)
  解説者 渋川難波日本プロ麻雀協会Bリーグ 天鳳十段

最終節 2013年3月4日
  解説者 鈴木たろう日本プロ麻雀協会 王)
  解説者 福地日本ゴロ協会 天鳳ダンス部)

優勝者

535.0ポイントで前大会に続き、小林剛優勝となった。その他の出場者の成績については、公式ページexitを参照。

第三期 天鳳名人戦 鳳凰卓代表選抜戦

になるまで闘う覚悟はあるか?

第二期に引き続き選抜戦が行われた。選抜方法は第二期と基本的に同じだが、今選抜戦では十段及び元十段のみが対となった。参加プレイヤー100戦以上を戦った結果、びりびりビリーが第三期天鳳名人戦の出場権を獲得することとなった。

第三期 天鳳名人戦

魔神参戦 大蛇進撃 闘演舞

2013年6月17日)より第三期天鳳名人戦が開催。一部、出場者が入れ替わり天鳳十段であり名人戦の解説としてもお染みの渋川難波日本プロ麻雀協会)と第三代天鳳位の独歩が出場することとなった。ウマは前期と同じく天鳳の特徴を反映したものとなっている。

参加選手

ルール

第二期と同様。また、これまで問題視されていた順位決定の判定や当日の試合が困難な場合の対処法なども規定された。

日程(一部予定)

第1節 2013年6月17日
  解説者 須田良規(日本プロ麻雀協会)
  解説者 河野高志(RMU)

第2節 2013年7月8日
  解説者 五十嵐毅(日本プロ麻雀協会)
  解説者 木原浩一(日本プロ麻雀協会)

第3節 2013年8月12日
  解説者
  解説者

第4節 2013年9月2日
  解説者
  解説者

第5節 2013年10月7日
  解説者
  解説者

第6節 2013年11月18日
  解説者
  解説者

第7節 2013年12月16日
  解説者
  解説者

第8節 2014年1月6日
  解説者
  解説者

第9節 2014年2月17日
  解説者
  解説者

最終節 2014年3月10日
  解説者
  解説者

関連動画

 

放送チャンネル

関連項目

外部リンク

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2013/10/25(金) 07:41:13 ID: fqzyMi1PxZ

    まさか記事ができていたとは……。制作です。

    天鳳名人戦では、実の打ち手が毎回絶妙な闘を魅せてくれるので、是非多くの麻雀ファンに観てもらいたいですね。

急上昇ワード

最終更新:2020/01/27(月) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/27(月) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP