奈須きのこ単語

ナスキノコ

2.3千文字の記事
掲示板をみる(2,513)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(28)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

奈須きのことは、シナリオライター小説家である。 CV.田村ゆかり

概要

同人サークルTYPE-MOON、及び有限会社ノーツ所属。
その名前から女性に間違えられる(実際に女流作家として報道された事がある)が、多分男性である。
擬人化されたきのこマスコットで、自称他称問わず「菌糸類」と言うあだ名があり、ファンの間にも浸透している。

同人サイト」では「好きなもの:密室・少年包帯ナイフ」と書かれていた。なので某エヴァのOPには狂喜乱舞したらしい。ちなみに、茄子が嫌い(理由:共食いだから)。

活躍というか経歴というか

中学校時代からの友人である武内崇と組んで同人サークルTYPE-MOONを結成し、同人ビジュアルノベル月姫』を発表。その独特の文体から、作品と共に一躍脚を浴びた。

この他、TYPE-MOONとは別に、武内崇と二人のみで構成される同人サークル」にも所属し、同人小説空の境界』を発表している。

その後、『空の境界』が講談社文庫から発売されることになり、その作家としてプロ小説家としても活動を開始、『DDD』等の作品も発表し、活動の幅を広げている。

多くの作品においてイラスト武内崇が担当しているが、小説最新作『DDD』などの一部作品ではこやまひろかずが担当している。

作風など

いわゆる伝奇モノに多大な影を受けたとっており、また若干ミステリ(特に新本格ミステリ)に影を受けている部分もある。叙述トリックを仕込んだ作品も少なからず発表している。
SFも好きらしい。逆に伝奇に影を受けるまではファンタジー一本だったとの事。

最近は減ってきているようだが、誤字が多い事でも有名。有名なものとして「コロコロコロコロココロセ」や「」「部屋をお連れしました」「いだすら」「なんたのために」など。は後にキャラクターとして登場していたりする。特に、月姫に登場する翡翠と言うキャラクターはあまりにも台詞に誤字が多く「これでは主人公洗脳しているようにしか見えない」とネタにされた。

誤字が発生する原因については、既に内に書き上がっている原稿を打ち出す作業なので、誤字があっても正しい文章に内補正されてしまって気が付かないかららしい。

文体が特徴的で、コツを覚えれば、彼の文体を真似してそれらしい文を作るのは容易。以下、2chFateスレである人がまとめた、彼の常套句をいくつか記す。

  • 「~が~ならば、~は~だろうか」
  • 「~、故に~」
  • 「~だから始末が悪い」
  • 「――」(ダッシュ。場面転換の際に頻繁に用いる)
  • 「否、~」
  • 「~なあたり」
  • 「――ああ、○○なのか」(場面転換。○○に入るのは『現実』『』『幻』など)
  • 「断じて~などありえない」
  • 上述の「コロコロセ」のようなカタカナ連呼
  • 「あはーあーあーはあーあー」みたいな呻き

以上である。これらをとにかく使うことで、いろんな文やコピペもたちまち奈須きのこアレンジできる。
また、この特徴を覚えておけば、ネットSSを読んだ友達の見せてくる痛い小説を読んだ際に、奈須の影を受けているかどうかが一発でわかる。

内に膨大な設定を作り、その設定を共有する世界観の作品を発表する。『月姫』、『空の境界』、『Fateシリーズ』等がこの世界観の作品である他、関連作、次回作の構想を漏らす事も多い(が、大概は信用してはいけない)。『DDD』も当初はこの世界観に絡めようと思ったものの途中で断念したとか。

 

逸話

元はアダルトゲームプレイしたことがく、『月姫』の製作に辺りいくつかプレイして勉強したとの事。『ONE ~輝く季節へ~』には特に影を受けたと発言している。『月姫製作時はエロいシーンを書くのが相当恥ずかしかったらしい。

嘘つき人としても有名であり、『月姫』の登場人物であるシエルカレー好きについて「カリー・ド・マルシェという死徒との因縁なのだ」と冗談で言ったら後日イラスト担当の武内崇がそれを本気にして漫画を執筆(その漫画は『月姫読本』にも収録されている)。

そして漫画を書いてる途中だった武内氏に「カリーのってこんなんでいいかな?」と尋ねられた際に「カリー・ド・マルシェ?そんな死徒いねえよ」と即答。二人の友情が本気で崩れかけたらしい(なお、2人は中学時代からの長年のコンビである。どれだけ武内氏が怒ったのか想像には難くないだろう)。この件も上記の漫画と同じく『月姫読本』で武内氏がっている。

なお、この件が影しているのか、その後初期メンバー3人がインタビューを受けていた時にカリーの話となり、奈須がカリーについて話しているとOKSGが「その話、どこまでが本当なんですか」と聞いている(OKSGく、この一言に奈須への不信感が詰まっていたらしい)。

Fate/Extra』は、製作発表当初は原作扱いのクレジットだったが、後に奈須シナリオ全文を書き直す事になり、話題を呼んだ。

作品

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 2511ななしのよっしん

    2021/09/01(水) 04:41:29 ID: US2LblQGq3

    >>2508
    レッドラやってるし出版社とトラブルとかじゃないんじゃない?

  • 2512ななしのよっしん

    2021/09/04(土) 00:45:57 ID: EIhoELwq1O

    それぞれ書いた時期が違うなんてことはそりゃあ重々承知なんだけど、それにしてもここ数ヶ放出量がエグい
    FGO二部六章もユーザーとして満足はしたとはいえライターとして見たら客観的にキャパオバーして当然の仕事量(文庫本4~5冊分)だったのに、それと並行で月姫の調整もやってたんでしょ?死ぬて。休んでくれ

  • 2513ななしのよっしん

    2021/09/11(土) 19:40:55 ID: Eoz4SG3evt

    >>2508
    自由に書けさえすればなぁ
    元々とんでもない速筆ではあるし
    それこそなろうで毎日更新できるクラス

    DDD江くんがラスボスあるいはヒロインとして宿命づけられてるから、奈須きのこの性格的に四巻完結不可能じゃないかと思うんだ・・・

    もう連載でもいいから完結して欲しいと思うんだけどねぇ。元が短編連作みたいな感じだったし。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/20(月) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/20(月) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP