奪三振単語

ダツサンシン

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

奪三振とは、投手が打者を三振に仕留めることで付けられる記録である。ここでは投手の記録について挙げる。

概要

具体的な概要三振を参照。

打者が三振を記録されるのに対し、投手には奪三振が記録される。奪三振が多い投手は「ドクターK」とも呼ばれる。振り逃げの際は奪三振が記録されるが、打者はアウトにならない。このため1試合で4奪三振を記録する場合もある。
シーズン中で奪三振が最も多かった投手には最多奪三振タイトルが与えられる。

ちなみにアメリカマイナーリーグでは、9回27奪三振を記録した投手ロン・ネッチアイ)がいる。ノーヒットノーランだが完全試合ではなく(失策振り逃げによる出塁を許している)、毎回3三振も達成していない(2回は遊ゴロと2三振、その代わりに9回に4三振達成)が、漫画のようだが実話である。


奪三振率と呼ばれるものもあり、次の方程式で出せる。

  • 奪三振率=奪三振数×9÷投球回

主な日本記録

記録

シーズン記録

日本プロ野球 メジャーリーグベースボール
順位 選手名 所属 奪三振 年度 順位 選手名 所属 奪三振 年度
1 江夏豊 阪神 401 1968 1 ノーラン・ライアン CRI 383 1973
2 稲尾和久 西鉄 353 1961 2 サンディ・コーファックス LAD 382 1965
3 金田正一 国鉄 350 1955 3 ランディ・ジョンソン BAL 372 2001
4 江夏豊 阪神 340 1970 4 ノーラン・ライアン CRI 367 1974
5 杉浦忠 南海 336 1959 5 ランディ・ジョンソン ARI 364 1999
6 稲尾和久 西鉄 334 1958 6 ルーブ・ワッデル OAK 349 1904
7 梶本隆夫 阪急 327 1956 7 ボブフェラ CLE 348 1946
8 稲尾和久 西鉄 321 1959 8 ランディ・ジョンソン ARI 347 2000
9 杉浦忠 南海 317 1960 9 ノーラン・ライアン CRI 341 1977
10 金田正一 国鉄 316 1956 10 ランディ・ジョンソン ARI 334 2002

通算記録

日本プロ野球 メジャーリーグベースボール
順位 選手名 奪三振 順位 選手名 奪三振
1 金田正一 4490 1 ノーラン・ライアン 5714
2 米田哲也 3388 2 ランディ・ジョンソン 4875
3 小山正明 3159 3 ロジャー・クレメンス 4672
4 鈴木啓二 3061 4 スティーブカールト 4136
5 江夏豊 2987 5 バート・ブライレブン 3701
6 梶本隆夫 2945 6 トムシーバー 3640
7 工藤公康 2859 7 ドン・サットン 3574
8 稲尾和久 2574 8 ゲイロードペリー 3534
9 三浦大輔 2481 9 ウォルタージョンソン 3504
10 村田兆治 2363 10 グレッグ・マダックス 3371

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/28(水) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/28(水) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP