今注目のニュース
ニッチェ江上、電車内で乗客と気まずくなった理由 「早く着いてくれ!」
たむけん&紗理奈、水曜日のダウンタウンでイチャつく
また新たなダメ人間製造機が…… ベッドの上に固定できる「ベッドdeテント」がマッハでダメになれそう

奪還者単語

ダッカンシャ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

帝国483年末、巡航艦の艦長となっていたラインハルトに、一つの密命が下った。
ヘルクスハイマー伯爵の亡命の阻止と、持ちだされた軍事機密の回収。
それは、拒否することも許される困難な任務だったが、ラインハルトは……。

次回、「銀河英雄伝説外伝・奪還者」、第1話。
野望へのは、自らの手で切り拓け。

「奪還者(Die Wiedergewinnung)」とは、OVA銀河英雄伝説外伝オリジナル作品の一つである。全四話。

概要

OVAオリジナル作品三部作の第三部。中佐・巡航艦艦長となったラインハルトが受けたある「密命」と、「決闘者」以来のヘルクスハイマー伯爵との因縁の終結を描く物語時系列的には「」と「の夢、の歌」の間に当たる。

叛乱者」のように艦の揮を執るラインハルトと、「決闘者」で描かれたような貴族社会に渦巻く陰謀という二つの側面を併せ持つ、オリジナル三部作の集大成である。「決闘者」のルッツに引き続きワーレンを始めとする後のラインハルトの部下たちも多くが顔を出し、ファンには嬉しいゲストキャラとして物語りを添えている。

巡航艦<ヘーシュリッヒ・エンチェン>

銀河帝国イゼルローン要塞駐留艦隊に所属する標準巡航艦。艦名の意味は「みにくいアヒルの子」で、艦中央部側面、帝国紋章の部分にはそれをイメージしたと思われる形の紋章がある。艦載機も標準装備。

旧式駆逐艦だった「叛乱者」の<ハーメルン>とは違い、何の変哲もない標準巡航艦だが、第四話まで見終えた視聴者は「帝国の巡航艦ってこんな便利なシロモノだったのか……」と然とするかもしれない。

「奪還者」では、密命によってヘルクスハイマー伯の亡命を追い、同盟領域内に単艦で侵入することとなる。

指向性ゼッフル粒子

かつて応用化学カール・ゼッフル博士が発明した化学物質。爆発性のガスに近いが、酸素のない宇宙空間でも問題なく発火することができる。ブラスタービームなどの火気によって発火・爆発するため、もっぱら基地内などでの戦闘時にブラスターの使用を阻止トマホークと軍用ナイフによる兵戦に持ち込むために使用されている。なお、宇宙艦のエンジン排熱や金属同士の衝突による火程度で爆発することはない。

拡散を制御できないため、爆発時に巻き添えとなることを恐れて宇宙空間では使用されずにいたが、帝国科学技術総監のアントン・ヒルマー・フォン・シャフト大将の尽によりナノマシンを使用して向性を与えることに成功した。それが新兵器向性ゼッフル粒子である。そして以後何故かキルヒアイスの得意技となった。

登場人物

ストーリー

Kap.1

「了解しました。拝命します」

巡航艦<ヘーシュリッヒ・エンチェン>の艦長に任じられ、イゼルローン要塞で訓練に励むラインハルト。そんな時、彼は上であるレンネンカンプに呼び出され、守秘義務についての誓約書にサインしたのち、統帥本部から来たアーベントロート少将という人物に引き合わされる。

アーベントロート少将ラインハルトに「密命」を提示した。かつて因縁のあったヘルクスハイマー伯爵が失脚し、一家で同盟へ亡命を企てている。しかも軍事機密「向性ゼッフル粒子」と共に。ゆえに同盟領内をフェザーン回廊近くまで単艦進出し、ヘルクスハイマーを捕らえよ、というのがその内容であった。ラインハルトはしばし黙考し、これを受諾する。

「監察官」として同行することになったベンリングという少佐に警しつつ、訓練航としてイゼルローンを立つラインハルト達。ラインハルトは敢えて同盟軍の部隊に発見されて味方の警備部隊まで誘引し、交戦させることで線を突破。同盟軍部隊が交戦宙域に集まってくる隙を突き、同盟領内への侵入に成功した。

Kap.2

「後味の悪い結果ですね……」

同盟領内に入った<ヘーシュリッヒ・エンチェン>は、イゼルローンフェザーンの間の航路が閑散としていること、侵入に気づかれておらず警備が薄いことなどを利用してフェザーン周辺宙域まで到達し、ヘルクスハイマーの船を待った。フェザーン駐在武官の情報ヘルクスハイマーの出立を知った彼らは、それを追いかけることとする。

フェザーンから出立した多くの船の中からヘルクスハイマーの一行を見分け、視界に捉えた<ヘーシュリッヒ・エンチェン>。ラインハルトは奇襲を選択し、艦載機ワルキューレによって相手の武装と通信設備を破壊、同時にで私設護衛艦を撃破したのちヘルクスハイマーの船に強行接舷し、突入・拿捕を敢行する。

ヘルクスハイマーの船”アイルラン号”に侵入した突入部隊は、キルヒアイス揮のもと艦を制圧、ヘルクスハイマーを捜索する。最上階のスイートルームにもその姿が見えないことを訝しむキルヒアイス赤外線で見つけ出した隠しの向こうで彼が見つけたのは、脱出ポッドの減圧失敗で事故死したヘルクスハイマーの姿だった。

Kap.3

わたくしどもは宇宙海賊ではありません」

同盟軍の追跡を察した<ヘーシュリッヒ・エンチェン>とアイルラン号は一時接舷を解いて警網を逃れる。彼らは向性ゼッフル粒子発生装置を使用しようとするが、そのためにはアクセスコードによって装置のプロテクトを解除しなくてはならなかった。しかし、そのアクセスコードを知っているのはただ一人、一の生き残りである伯爵嬢マルガレータのみ。そして彼女は、彼らをとしてアクセスコードを教えることを拒否していた。

そんな時、同盟軍の艦が彗星群に隠れた二隻の存在に気付く。ラインハルトプロテクトのために向性を持たないままのゼッフル粒子をアイルラン号のキルヒアイスに散布させ、追跡する敵を自爆させた。その後、キルヒアイス父親の遺体の前で泣くマルガレータに彼女ぬいぐるみを手渡し、打ち解けることに成功する。

同盟軍の追手を振り払うため、ラインハルトは再びキルヒアイスにゼッフル粒子を散布させた。追う同盟軍巡航艦とぶつかり合いながらデッドヒートを繰り広げる<ヘーシュリッヒ・エンチェン>。最終的に同盟艦は小惑星との間ですり潰され、その爆発がゼッフル粒子に引火。生じた火球は後背で追る同盟軍警備部隊をも飲み込んだのだった。

Kap.4

「そなたも、来でも従者でもなく、友となってくれようや?」

ラインハルトはマルガレータと取引するを選んだ。船ごと彼女の亡命を許す代わりにアクセスコードを得、向性ゼッフル粒子を使用して同盟軍を突破しようというのである。ベンリングはマルガレータが親のない10歳の少女であることを理由に反対したが、亡命の裏に隠された陰謀のために帝国に帰すと危険であることを知り、陰謀の存在を知っていたのではないかと糾弾されると、彼も俯くしかなかった。

取引条件を説明されたマルガレータは、彼女が「ジークフリード」と呼ぶキルヒアイスを信頼してアクセスコードを渡す。アクセスコードによってヘルクスハイマーが知ってしまった「秘密」を探り当てたベンリングは、この任務に嫌気を感じ退艦の許可めた。彼は自ら後見人となってマルガレータとともに同盟に亡命しようと思い立ったのである。

それを知ったマルガレータはむしろキルヒアイスの同行を望んだが、むろん彼にはついていくべき相手が他にいた。その相手、つまりラインハルトにとって彼が「かけがえのない友」であると聞いた彼女は、ベンリングに従者ではなく友となってくれるよう願う。ラインハルト彼女の英明さに感しつつ、去ってゆくアイルラン号を見送った。

しかし、<ヘーシュリッヒ・エンチェン>はイゼルローンに還らねばならない。長期の単独航行でエネルギーも不足する中、キルヒアイスが散布した向性ゼッフル粒子によって敵部隊を突破。途中駆けつけた補給艦からの巧妙な航行中補給も受け、追撃を振り切ることに成功する。帰還したラインハルトはアーベントロートを「秘密」で脅して昇進をもぎ取り、全銀河の偉才をいずれ手に収めたいという野望とともに要塞を去ったのだった。

その他作品詳細

オープニングテーマ : 【Story of Time
歌 : AKEMI
作詞作曲David Himeno
編曲戸慎介
エンディングテーマ : 【約束された未来
作詞作曲・歌 : 小椋佳
編曲戸慎介

見どころ

関連動画

関連商品

今回のDVDの表はぴったりである。外伝の表はどうも法則がわからない。

関連項目

心ならずも、憲兵隊への出向を命じられたラインハルトキルヒアイス
おりしも帝国軍幼年学校内で殺人事件が発生。
 捜を命じられた二人の前に立ちはだかるのは。

次回、「銀河英雄伝説外伝の夢、の歌」、第1話。
銀河には、いまだり尽くせぬ歴史がある。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/21(木) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/21(木) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP