奴隷 単語

357件

ドレイ

1.1万文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

奴隷とは、人間であるにもかかわらずその人格を否定もしくは制限され他者の所有の対とされる者をす。

概要

人間を奴隷とすることは有史以来行われてきた労働形態の一つである。歴史的には戦争敗北した者(戦争捕虜)、債務を払えなくなった者(債務奴隷)、共同体内部で形成された被差別階層に属する者などが奴隷とされてきた。奴隷制社会は多くの場合捕虜獲得のための戦争と奴隷売買貿易の発展を伴うとされる。大航海時代後にはアフリカからの労働奴隷輸出が一大産業として世界的な貿易の一を担った。

一般的に奴隷制といえば、その非人的な取り扱いが想起されるが、これは多くアメリカ黒人奴隷の悲惨な遇のイメージに拠っている。実際には地域や時代によって奴隷の待遇や地位は異なる。古代ギリシアローマ時代には高い教養を持ち教師秘書として人に仕えた奴隷もいるし、イスラム世界では奴隷身分から執政官や君になる事例もあった。オスマン帝国では奴隷としてハレム(後宮)に入れられたのち、スルタンの正妻、そして次期スルタンのとなった女性も存在する。ただし、そのような時代であろうとも農場や鉱山で酷使される奴隷は変わらず存在し続けており、すべての奴隷の待遇が良かったわけではない。

いずれにせよ他者の所有の対であって、自由を制限され差別の対となっていることに変わりはなく、多くの場合過酷な労働を強いられ、虐待(性的なものを含む)されることもあった。

現在世界の多くの地域で奴隷制は的に止されている。一方で、人身売買や略取などによって奴隷状態に置かれている人々も多く存在する。また、女性子供を被所有物とみなす慣習、労働制度の欠陥、権による強制労働などによって職業選択の自由を喪失した状況を事実上の奴隷状態とみなすことも可である。

奴隷の歴史

有史以来、歴史記録が存在する文字が生まれたころから『奴隷』記録は存在する。

有名なハンムラビ法典でも奴隷の扱いについて言及されている。ハンムラビ王の統治期間である紀元前1792年から紀元前1750年ごろに定められた法律『他人の奴隷のを潰したりを折った者は奴隷の値段の半分を支払うべし』と書かれている。世界最古の文明を作ったシュメール人の社会の中にも既に奴隷が存在していたのである。なおこういった暴力の制裁法律は身分によって違い、貴族貴族を潰したら潰した側もを潰されるべし』貴族民のを潰したりを折った場合は1マナを潰した者に払うこと』といった具合に身分によって制裁の基準が違う身分社会であったことも覚えておきたい。ハンムラビ法典には奴隷に関する法律も盛り込まれており、借が返せなくなった者は貸した者の奴隷になると定められるが、それも終身ではなく借が返し終わったら、もしくは3年経ったら解放されるとも定められている。

持ちが奴隷を多数集めてを握って一種の勢になるのを防ぐためで、ハンムラビ法典を作ったハンムラビ王自身が王に君臨するまでにメソポタミア文明の中で分裂した都市国家同士で戦乱と勢争いの末に下を取った経緯があるからである。

ハンムラビ法典ハンムラビ王が支配するバビニアの滅亡後のヒッタイト、アッシリアイスラエルの時代も国家法律の基準にされ、その後も小国運営の法制度の参考になり現代にいたっている。

奴隷制度の変化

国家観の戦争メソポタミア文明の都市国家同士での戦争から、ヒッタイトやアッシリアのような大規模な王同士での戦いになると、奴隷制度の形は現代人がイメージとするような一生具扱いの奴隷の制度に変わってくる。こういった奴隷が出てくるのはアッシリアが頭を現した紀元前1300年ごろであり、このころには既に奴隷商人が存在して、性の具として若い女性や労働として男性が奴隷商人によって捕らえられ、で売り買いされて逃亡でもしない限り人の具として扱われるのである。

アッシリアはこの奴隷市場を管理して抑え、奴隷売買の収益から税を取って王の繁栄に使った。国家による奴隷制と搾取の時代の始まりである。

奴隷狩りと奴隷売買

なお奴隷売買のスタイル確立したアッシリアもまた紀元前612年に首都ニネヴェが陥落し、市民は捕らえられて奴隷にされ、アッシリアを倒した新バビニア王とメディア王の所有物として外に売られ、新たに誕生した王の資にされた。皮なものである。

この時代以降、奴隷狩りから奴隷売買のスタイルはエーゲ文明のギリシャからペルシャ帝国まで共通で、このスタイルは後世も国家の下で奴隷狩りと奴隷売買をするシステム確立されていく。このシステムは既にアッシリアの時代から古代インドにまで通じ、紀元前2000年ごろからあった中国河文明の奴隷制と陸続きになり、当時のユーシア大陸全土に奴隷システムが定着した。

奴隷狩りと奴隷売買は近代の19世紀まで形を変えながら世界で行われ、現代でも紛争が絶えない中近東やアフリカなどでは小規模ながら現地住人や交戦相手の住人などを対にした奴隷狩りや奴隷売買が行われている。現在国際問題になっている難民のなかにもそういった勢から逃れるためにを捨てて流浪の生活をしている人たちがいる。

黒人奴隷

この奴隷狩り、奴隷売買の最盛期が近世黒人奴隷である。

大航海時代アメリカ大陸を発見したスペイン人とポルトガル人は、中南米々を軍事で滅ぼして植民地にし、奴隷狩りを行って現地人のインディオたちを奴隷にして植民地に住みついたスペイン人やポルトガル人のために働く具にしていた。が、あまりにもその酷使が苛を極めたのと疫病が流行ったなどの理由のためにほとんどの奴隷が死んでしまった。労働不足に困ったスペインポルトガル大航海時代植民地にしたアフリカ黒人アメリカ大陸に輸送して奴隷にした。これがアメリカ大陸での黒人奴隷の始まりである。

なぜ黒人が奴隷になったのか、それは当時の黒人ヨーロッパ白人量差があまりにも大きかったからである。実際に奴隷狩りを行って捕らえた黒人を奴隷売買したのは同じ黒人の地元勢であるが、ここでも国家間の戦争のあとに負けた民が奴隷狩りで奴隷にされて売買されるという構造がそのまま受け継がれているのである。

アメリカではイギリス教会の抑圧から逃れてきたプロテスタントイギリス人が入植してきて東海一帯がイギリス植民地になるが、原住民であったインディアンたちは中南米インディオたちが白人に奴隷にされて次々に死んで滅んで行っていることを知っているので、白人とは付き合っても侵略してきたら抵抗するようになっていた。

奴隷狩りがうまく行かないうえに、既に中南米ではスペイン人たちが黒人奴隷をアメリカ大陸に持ち込んで奴隷売買するシステムが構築されていたので、スペイン人から黒人奴隷を輸入するようになり、そのうちにイギリスが自らアフリカ植民地に赴いて奴隷狩りをしてアメリカに輸送する態勢に変わっていく。アメリカに輸送された黒人は奴隷として品物であることを示す焼印が押され、奴隷市場で富裕層を中心に労働として売り払われる。奴隷には一切の人権動物も同然であり、どんな苦役をせようが持ち自由であり、仕事が遅ければ叩き抵抗すればリンチするも自由、殺しても罪になることはなく、女の奴隷が子供を生んだら子供は奴隷の持ちのものとなり、持ちの判断で売ることも出来た。もはやなのである。そんな黒人奴隷は白人にとっては有益な労働としてアメリカの開拓とともに需要は高まり、イギリス領時代だったころの1680年には60万人程度だった黒人奴隷は独立後の1820年になると320万人にまで増加し、奴隷制が止される1860年代までに約950万人の黒人奴隷が輸入されたと考えられている。

奴隷貿易の終焉

16世紀から200年にわたって続いた奴隷貿易も19世紀に入ると急速に衰えて終焉の時代を迎える。

原因は1781年の奴隷保険殺人事件「ゾング号事件」であり、アフリカからアメリカ大陸に向けて400人余りの奴隷を積み込んだが航中に内で疫病が発生し、内で蔓延して60人余りの奴隷の死者が出た。奴隷が商品にならないと判断した船長が奴隷と奴隷に多額の保険がかけられていることから病気や体調不良とみられる奴隷を縛ってに放り込んで殺して保険を得る方針に切り替えて、130余りの奴隷を生きたままに放り込んだ。

到着時には奴隷の数は半分に減っており、船長保険会社に請したが異常死亡数だったことから不審に思った保険会社は支払いを拒否して裁判になり、この奴隷裁判が進むうちに乗組員の取り調べも進められ、やがて奴隷たちを生きたままに放り込んで阿鼻叫喚の中殺した事実が判明してくる。するとイギリスでは即座にマスコミ新聞報道され、凄惨な殺人行為がセンセーショナルに伝わって社会問題化した。結局、奴隷を持っていた貿易会社はイギリス民の猛バッシングを受けて裁判も敗訴、保険は支払われなかった。

やがて奴隷狩りから奴隷貿易までの奴隷の扱いや苛極まる労働に売買の現場などが当時の絵師によって細かく新聞に載せられて世間に知れ渡るとイギリス職者を筆頭に奴隷止の運動が巻き起こった。当時イギリス産業革命っ最中で、一般人は資本家の利益のために最低賃金で1日14時間労働を強いられて過労、労災職業病などで苦しめられていたため黒人奴隷に共感して奴隷制反対運動が巻き起こり、何度も議会で否定されながらもり強く奴隷運動が続き、1807年にイギリスで奴隷貿易が止された。それにアメリカが続き、ハイチ黒人奴隷の反乱がおきたフランスでも奴隷貿易は止された。

奴隷制の廃止

奴隷貿易は止されたが欧とその植民地には奴隷制度自体は残り、存在し続けた。

しかし奴隷貿易の止にいちく動いたイギリスの動きに感化されてヨーロッパで奴隷制止のが高まり、フランスが奴隷制を止、中南米スペイン植民地では独立戦争の際に奴隷だった黒人たちも参戦していたことから独立した際に黒人たちが奴隷に戻ることを拒否したため奴隷制が成り立たなくなり相次いで奴隷制を止していた。そしてアメリカキューバブラジルだけが1850年代に入っても奴隷制を維持していた。

リンカーンと南北戦争

アメリカではのちに大統領になるリンカーンが22歳のとき、ニューオーリンズで生まれて初めて奴隷市場を見た。人種は違えど同じ人間が鎖で縛られてセリにかけられ売り買いされて持ちに焼き印を押されるところを見て衝撃を受ける。その後リンカーンは25歳でイリノイ州議員、27歳で弁護士になり奴隷制が黒人への人権でありアメリカの恥だと世間に向かって解くようになり、アメリカ内に奴隷制止を訴える動きが起きる。

しかし奴隷制止に動いたのは工業化が進んで奴隷よりも黒人を労働として取り込みたかった北部であり、農業中心だった南部では賃金が要らない無料の労働としての奴隷を維持しようとして反発し、北部と南部で利を含めた対立が深まった。

北部自由州の
奴隷制は非人的な制度であり、アメリカ独立宣言書にも何人にも自由を得る権利があるとしている以上は奴隷にも自由があるはずである。
既にヨーロッパ止しておりアメリカが奴隷制を維持しているのは恥ずべきことだ。
南部奴隷州の
黒人無知であり、自分たちで生きていくいから奴隷として買ってやることで生きていけるのであり、黒人たちは奴隷でも働いて生きていけることに感謝しており、楽しく働いている。
奴隷制度は黒人のためにもアメリカのためにも正しいことで今後も維持していくべきである。

言うまでもないが南部の言い分は黒人の立場や意見など全く無視した南部白人の身勝手な言い訳である。現に南部では白人よりも黒人奴隷の方が人口が多くなった州もあり、各地で奴隷の反乱が起きていたほどで実態とはかけ離れたであった。

リンカーン大統領に就任すると、奴隷制止に動くことを恐れた南部の奴隷州がサウスカライナ、フロリダ、ジョージアを皮切りに次々にアメリカ合衆国を脱退し、南部の奴隷州が集まってアメリカ連合国を形成し、大統領選を行ってデービス大統領が就任し事実上の独立を果たした。

これ以上の分裂を許すわけにはいかないリンカーンは最初は奴隷解放を口にしなかったが、南部アメリカ連合国軍事行動に出て南部サウスカライナ州にあるアメリカ合衆国の軍港の要塞を攻撃して制圧してしまう。軍事行動に出られたことでリンカーンアメリカ連合国メリーランド州とバージニア州に取り囲まれた首都ワシントン連合に襲われることを恐れ、ワシントンに合衆の軍を集結させて首都防衛に動いた。その後まもなく戦闘が始まり、アメリカ合衆国VSアメリカ連合国戦争、いわゆる「南北戦争」が口火を切った。

当初は工業経済で大きく勝る合衆軍が勝って短期で終わると考えられたが、連合軍はリー将軍を中心とする有能な軍導者によって効果的な戦略と戦術を取って合衆軍に大損を与え、リンカーンにとっては想像以上の難敵となっていた。リンカーン1863年1月アメリカ全土に向けて奴隷解放宣言を出し、既に奴隷制を止していたイギリスフランスが支持して世論を全に味方を付けると合衆軍の士気が向上、ペンシルベニア州ティバーグで連合軍と合衆軍が総力戦しい戦闘になり両軍2万人以上の死者を出す死闘になったが、ここで連合軍の進撃を止めたことで合衆連合の戦況が逆転した。この戦で連合軍は大きく戦を消耗し、長引く戦闘で工業で劣る連合軍は戦の補充が衰えていき、リー将軍をもってしても敗色が濃厚となって行った。

1864年リンカーンが2期大統領選で当選すると既に選挙区は合衆軍が圧倒していたことから再び奴隷解放を強く訴える演説を行い、合衆軍は連合軍を追い詰め、アメリカ連合国首都リッチモンドを総攻撃するために周囲を制圧させて孤立させる戦略を取った。

1865年に入るとリッチモンド制圧も間近に迫り、リンカーン3月大統領就任式で大統領演説を行い、南北の禍根を消そうとアメリカ連合国に融和的な態度を取って、アメリカの再統一を強く訴えた。なおこれがリンカーンの最後の演説となった。

その後まもなく連合首都であったリッチモンドが陥落、リンカーンは占領したリッチモンドに赴くと黒人たちから大歓迎を受けた。

1865年4月9日にリー将軍が降してアメリカ南北戦争事実上終結、しかし南北戦争が終結した僅か6日後に、リンカーンワシントンフォード劇場南部白人俳優弾によって暗殺されて56歳の生涯を閉じる。その僅か2か後にアメリカは再統一が宣言され、黒人たちは市民権を得た。しかし黒人たちは市民権は得ても全く経済のないであったために南部では白人の言うことを聞かざるを得ず、実質的な自由はなく黒人差別され続け、現在に至るまで人種差別は残っている。

日本の奴隷

日本にも当然ながら奴隷は存在していた。アメリカ黒人奴隷を引き合いに出して日本には奴隷は存在しなかったなどという論調があるが、全くのデタラメであり古代から日本にも奴隷は存在し奴隷身分も存在した。名上は禁止されても波及することなく奴隷狩りと奴隷売買のシステムは存在していたのである。

奴婢と人身売買

古くは制が誕生する前の邪馬台国の時代で既に奴隷は存在し婢(ぬひ)と呼ばれた。卑弥呼が当時三時代の中国に奴隷を貢物に差し出しており、制が始まる奈良時代平安時代にも農民の有な地の下で働かされ、それらは所従もしくは下男と呼ばれ寝食を与えられるだけで給で働かされていた。このスタイル鎌倉時代から室町時代にかけても続いており、そういう所従や下男は奴隷狩り業とする人さらいが農民を拉致して人身売買を営む人買いに売り、人買いが裕福なに売ることで奴隷となる。

要は前述した奴隷狩りと奴隷売買のスタイル古代から中世にかけても日本で存在していたのである。当時の鎌倉時代の奴隷システムの悲劇を描いた民話があるくらいで、なかでも『山椒太夫(安寿と子王)』は有名である。

戦国時代においても敵国に攻め入った際には「乱捕り」と呼ばれる略奪が行われるが、略奪対品物資だけでなくそこの住民を捕えて人身売買の商品とする事も多かった。戦国最後の戦となった大坂夏の陣でも人をも摑まえる乱捕りが行われていたことが『大坂夏の陣図屏』に描かれている。

借金のカタによる人身売買

江戸時代になると身分制が整備されて奴隷制は事実止されたが、それでも借のカタという名で若いなどが人買いに売られる人身売買は後を絶たず、農にも貨幣経済が定着するとともに借のカタと言うことで土地を失った農民が土地を買い集めた有農民の地の下で働かされる小作人による関係が生まれた。つまり借を理由とした人身売買は続いていたのである。

また、江戸吉原京都原など遊郭ではやはり若い女性が借のカタなどで売られ、遊女として性接待を生業としていた。

こう言った人身売買は戦前昭和まで続き、昭和恐慌の時代には生糸の暴落で困窮を極めた東北地方農家では若いを人買いに売りに出す農家が続出し、の身売りは社会問題化した。売れたのは若い女だけであり、人買いに売られた少女は都会に連れていかれ、それまでの程で甘いお菓子や綺麗なを人買いから与えられて、貧しい農家生活から解放されると期待して人買いについて行き、都会で人買いから売られたときに、それまで買い与えた費用に暴利な利子を付けて請されて借を背負わされる。そのを肩代わりするという名少女大な借を返すために給で働かされる。何も知らない若い少女を甘いエサで釣って奴隷に落とすのである。

こうして売り物にされた少女歓楽街風俗店や料亭などで性接客をさせられ、大な借には法外な利を付けられて一生払い終わることのない借と過酷な仕事に苦しめられ、多くが絶望して自殺して行った。昭和初期には辺で若い少女自殺した死体が引き上がることが多かった。

こうしたに絡んだ人身売買も戦後GHQによって禁止され、現在は人身取引は人身売買罪が成立し、警察庁によって厳しく取り締まられ処罰対になっている。

人身売買反対世界デー

その後もアジア人やアフリカ人の貧困住民を低賃金労働者移民という名で実質的な奴隷として輸送する例は後を絶たなかったが、戦後国連によって人身売買は全面的に止が進められ、毎年7月30日を人身売買反対世界デーと称して国連事務総長が人身売買の撲滅と反対を宣言する明を出している。

現在でも犯罪という非合法の形で人身売買は存在し、それらの被害に遭うのは決まって何も知らない子ども、多くは女の子である。無知に付け込んだ人身売買と奴隷化を許さないために、社会は常にを上げ続けなくてはならない。

その他

ボンデージSMにおける性的なモチーフとして、対の人格を否定し、従させた状態を奴隷と呼ぶ場合がある。性的倒錯の形態としては較的広く認識されており、成人向けゲーム漫画などでよく取り上げられる題材である。紳士淑女諸君においては奴隷と聞くとこちらの意味にとる方が多いかもしれない。

相手の同意を得たロールプレイ(ごっこ遊び)ならともかく、同意のない相手を何らかの手段で現実に奴隷とし拘束することは法律に抵触し処罰の対となりうる。

蛇足

辞書によっては結婚「奴隷、女奴隷、人、女人からなるが、総計すると二人しかいない」定義している場合がある。この定義結婚を解消する自由が存在し行使可な限りにおいて不正確である。

創作において

物語の中でも、「奴隷」という存在は様々な形で扱われている。

史実の中での奴隷を描いた作品としては、黒人奴隷の悲劇を描いた『アンクル・トムの小屋』は南北戦争直前のアメリカで大きな反を起こした。

比喩としての奴隷

現代日本舞台とした作品では奴隷という制度は存在しないが、いじめの一環や非合法組織の手法として人を「奴隷」扱いする作品は多い。

奴隷を描くにあたって

現代に書かれた物語に登場する奴隷は、救われるべき哀れな存在か、あるいは人に反逆し自らの奴隷と言う立場からの脱却を図るものが多い。奴隷・奴隷制は批判されるものであり、それを打破する事が物語王道と言える。逆に、奴隷・奴隷制を肯定的に描く作品は極少数である。なぜなら、現代を生きる人間にとって、奴隷とはすでにした過去の過ちだからである。

したがって、奴隷に関して読者の共感を得て物語の登場人物に感情移入してもらうためには、奴隷・奴隷制を否定することがめられる。物語上、大きいを上げての奴隷の存在や奴隷制の否定ができない設定であろうとも、悪人側が奴隷に対して非な扱いをしているのを強調し、主人公側はせめて奴隷制に内心は反対している程度の描写は入れなくては登場人物に正当性を与えることは難しいだろう。

奴隷にやさしい主人の問題点

奴隷制を大を上げて否定できない物語などで、代替的に「奴隷にやさしい人」の描写が使われることがある。たとえ主人公が奴隷を所有していようが、彼らによい待遇を与えているから問題ない、という手法である。が、この描写は裏を返せば「人がやさしければ奴隷制も悪くない」とも取れてしまう事には注意が必要である。

日本人にとってはピンと来ないかもしれないが、上であげた『アンクル・トムの小屋』でさえ、本アメリカ黒人の間では「やさしい白人人のもとで幸せに暮らす黒人奴隷」という描写は奴隷制を肯定するようでよくない、と批判されている。アンクル・トムという呼び名は「白人に迎合する黒人」として蔑称にもなっている。

ファンタジー作品での奴隷

現実世界とは別の世界舞台とするハイファンタジーにおいても、奴隷が登場する作品も多い。複数の種族が存在する設定であるならば、特定の種族が奴隷とされていることもある。

なろう系小説では奴隷を仲間にする展開がちらほら(特に復讐系)
仲間になる奴隷は獣人などの亜種族かつ女性であることが多いがたまにガタイのいいオスケモ獣人仲間になったりもする。

主人公が奴隷・元奴隷

奴隷だった少年が立身出世して英雄になる物語王道であり、あるいは元奴隷が過酷な扱いをした人に復讐をする物語というのもありふれている。

奴隷を解放したら仲間になった

主人公が奴隷扱いだったキャラクター解放して、そのまま仲間にするというパターンもある。

R-18作品などにおいて

史実に倣って、性行為的で女性を奴隷とする作品がある。いわゆるピカレスク的で露悪的な作品であり、嗜虐的な性癖や支配欲を満足させるために女性を人扱いしない作品が多い。場合によっては王族などの高な立場の女性をあえて奴隷という最下層に落とすことを楽しむ作品もある。それを手っ取りく達成する手段として、魔法が存在するファンタジー作品では奴隷を制御するための便利な魔法開発されていることも多い。

その一方で、奴隷として買った少女をひたすらでる『奴隷との生活 -Teaching Feeling-』が大ヒットするなど、上記にある「奴隷を解放して仲間に」の変形で「奴隷を解放してヒロインに」というムーブをする作品もある。

主人公が奴隷を買う

上記の「奴隷を解放して仲間に」「奴隷を解放してヒロインに」のさらに変形として、「奴隷を買って仲間に」「奴隷を買ってヒロインに」という作品もある。古くは『ランスシリーズ』のシィル・プラインが当たるが、近年では異世界転移異世界転生物語でも採用されることがある。

関連動画

関連静画

関連記事

「奴隷」をタイトルに含む作品

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/18(木) 20:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/18(木) 20:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP